群馬出身の望郷男と、群馬県のこと知らない他国者が、勝手に書き込んでいるブログです
2018年 05月 04日

碓氷峠の「御巡幸道」復活

(944)碓氷峠に御巡幸道復活


碓氷峠の新たな観光資源として群馬県安中市は、かつて明治天皇が通られた「御巡幸道」を復活させた新登山ルートを開設した。新ルートによって、旧中山道と旧国道18号に併走する遊歩道「アプトの道」を合わせると8キロの周遊が可能となり市では「トレイルランのランニングコースとしても活用していきたい」としている。

 新ルートは、「アプトの道」にある「めがね橋」(碓氷第三橋梁)と北西方向の旧中山道・「栗が原」までの約2・5キロで標高差は約300メートル。ほぼ同一ルートは明治11(1878)年、明治天皇の「北陸東海御巡幸」が碓氷峠を通過する際、急峻(きゅうしゅん)部分を避けるために整備された。御巡幸には右大臣の岩倉具視や、大蔵省参議の大隈重信らが随行。ぬかるんで滑ったため、明治天皇は輿から降りて歩かれたというエピソードが伝わっている。
a0290852_1475356.gif


めがね橋
a0290852_1492713.jpg


 平成に入って「御巡幸道」は一部が崩落したため、立ち入り禁止措置が取られていた。市では周辺の国有林を借り受けて崩落場所を回避したルートを設定したり、道標などの整備にも取り組んでいた。

めがね橋をくぐって川沿いに少し上るとづ上に旧国鉄のころに少しでも勾配の緩い線路を作るために苦労した形跡の鉄橋が見られる。
a0290852_14133535.png


 新コースの周辺は落葉樹林で、碓氷湖や「めがね橋」が見られる絶景ポイントも。市ではコースの名称を公募、夏までには決定したい考えだ。

忘れられていた観光資源と言ったところか。

他国者

群馬県 安中市 登山ルートの名称を募集

末永く親しみを持っていただくため、 下記の内容により、登山ルートの名称を広く募集します。

■応募条件:実際に登山ルートを歩かれた方

■応募期間:平成30年5月10日(木)から平成30年7月20日(金)まで

応募の詳細は安中市HP→ ここ



a0290852_16453548.jpg日帰り温泉「峠の湯」と安中市観光機構でも、新設登山ルートの名称募集の応募が出来ます!



群馬男

俺のことだけど、中学のころに碓氷峠に遠足に行ったことがあったんさぁ。そん時の熊の平の駅の近くで撮った写真があるんだけど、そん時の写真の様子が、ちゃんと杖を持ってるんだ。・・・つうこたぁ、上の方の神社まで歩いて登ったんだんべぇと思うんだけど、その歩いた道中の記憶がまったくねぇんさぁ。ただあすこで二つの神様ぁ祀ってあるっつう神社だったことは覚えているんだから、たぶんあの山道ぃ歩いたんだんべぇと思うんさぁ。
熊ノ平の駅でアプト式の電車ぁ降りたらホームで「めいぶつちかたもちぃー」っつってでっかい声で売ってる人がいたんをおぼえている。
初公開の写真だい、群馬男が中学三年の時
a0290852_12283688.jpg


今一枚の写真は、軽井沢の見晴らし台って書いてあるけど、どこかのゴルフ場まで行った覚えがあるんだ、ここでもみんな杖を持っているから山道ぃ登って来たんだんべぇと思う。
a0290852_1230359.jpg

懐かしいニイデラの仲間さ。前列の体のでかい方のやつは、このあいだ横浜ぃ行ったときに会って来た。

おそらく、あの頃はあのくれぇの山道は「くたびれた」っつう気がしなかったもんで、記憶に残っていねぇんだんべぇと思うんだけど。




[PR]
# by gunmaotoko | 2018-05-04 20:47 | Trackback | Comments(2)
2018年 05月 02日

第44回 安政遠足・侍マラソン

(943)安政遠足(侍マラソン)


a0290852_030464.jpg


群馬県安中市
マラソンです。

昔安政のころに藩主は藩士の体力増強を目的に碓氷峠を上って熊野神社までの遠距離ランを行ったが、一回だけで終わってしまったという話が残っています。
それに倣って碓氷峠の上までの市民マラソンが今年も行われます。早くも44回を数えます。

脚に自信のない人はそれなりの距離も用意され、それぞれに思い思いのスタイルで、命なんか懸けないで楽しみながら走ります。
こんなランナーもいます。
a0290852_161355.jpg



おっと、この人は命かけてるのかな
a0290852_1614516.jpg

参加しなくっても見るだけでも楽しそうです。

今年も行われます。

来たる5月13日午前8時号砲一発!!。


昔っから賑やかだった安中の町が一段とにぎやかになる。
a0290852_16102356.jpg



群馬男

俺が群馬ぃ行ったときのよく泊るホテルの真ん前に安中市の水道タンクがあって、そのタンクにkン苗がかかれているん。
a0290852_16161636.jpg


この絵は安政遠足のシンボル画像みてぇなもんだ。
俺ん甥っ子からの情報じゃぁこの絵は地元安中出身の切り絵作家関口コオさんの作品だそうだ。

この人はほかにもいい絵を発表している。



他国者

第43回安政遠足侍マラソン フォトコンテスト

a0290852_8511044.jpg
優勝  「これでも白鳥」


a0290852_8513411.jpga0290852_8515061.jpg
準優勝作品 地域の代表上毛カルタ」 と 「チームでゴール」

今年はどのような仮装の参加者が走るのか 楽しみです。





                 ・
[PR]
# by gunmaotoko | 2018-05-02 20:20 | Trackback | Comments(0)
2018年 04月 30日

五料茶屋本陣五月人形祭り

(942)五料茶屋本陣端午の節句


安中市松井田町五料の県指定史跡「五料の茶屋本陣」の五月人形展が25日、始まりました。訪れた人がよろいかぶとや金太郎の人形など約600点に見入っている

a0290852_17155044.jpg 約20種類の人形が階段状に並び、後方には戦国武将、加藤清正らを描いた掛け軸が掛かる。
「お東収蔵の人形たち」と銘打ち、今月上旬に蔵の中から新たに見つかった人形や掛け軸など約35点も初公開している。


五料の茶屋本陣は、中山道を参勤交代で往来する大名や公家の休憩所として利用された場所で、「お西」と「お東」の2つの建物が並び本陣を営んでいました。
どちらの建物も先祖を同じくし名主を勤めた中島家の屋敷で、天保7年(1836)から明治にかけて1年交代で茶屋本陣を営んでいました。

a0290852_0264155.jpg

五料の茶屋本陣   史跡五料茶屋本陣 お西・お東

a0290852_0202927.jpga0290852_0204647.jpg


他国者

中山道は江戸を起点とする五街道の一つで、東海道とともに江戸から京都を結ぶ重要な街道でありました。
松井田とは、中山道六十九次の江戸(日本橋)から16番目の宿場町。

安中市には板鼻・安中・松井田・坂本の4宿があり、旅人で賑わった街道の名残が見られます。


群馬男

万葉の歌碑
 構内の受付脇に万葉歌3402番の歌碑が立っています。万葉仮名で刻まれたもので、碓氷峠の方向に向けて立てられています。
a0290852_15251065.jpg
 

歌の内容は
a0290852_15262170.jpg
 

この画像は私がしばらく前に今の碓氷峠旧道の画像にこの歌を挿入して作ったものだが、実際は、万葉仮名と言って歌に一文字ずつ漢字の読みをあてはめたもので、読んで意味を解釈するのは難しい。

日暮れ時に、碓氷の山を越えて行かれたあの日には、あの方のお振りになる袖までが、はっきり見えた。(詠み人知れず)

上野から西に抜ける碓氷の峠は、武蔵の箱根峠と並んで大きな難所だった。
碓氷峠の下から、防人(さきもり)か、税を納めに行く役人の妻が夫を思い出して詠んだ歌と思われる。







 
[PR]
# by gunmaotoko | 2018-04-30 20:20 | Trackback | Comments(0)
2018年 04月 28日

尾瀬は日本の宝・自然の宝庫

(941)尾瀬は公共交通機関で行こう



尾瀬ケ原の様子   2018.04.24

a0290852_0134584.jpg

a0290852_0161710.jpga0290852_0164312.jpg


尾瀬ヶ原の木道の一部は出始め、  ミズバショウも、雪融けの早い場所では顔を覗かせており、 全体的に開花時期が早まりそうな予感がします。
すでに鳩待山荘と至仏山荘の営業は始まっていますが、東電小屋、 元湯山荘、尾瀬沼山荘は5月12日から営業開始の予定です。
東電下の大堀橋、ヨッピ吊橋、東電尾瀬橋は5月11日 より通行可能の予定になっています。

==== 、東電小屋の支配人のブログから ====

【平成30年 尾瀬の交通対策のお知らせ】
尾瀬の利用が特定の時期や曜日に集中しすぎると、登山口での自動車の渋滞や違法駐車、尾瀬内でのトイレ待ちや木道の混雑等がおこります??
こうした問題の防止と自然保護、利用分散の観点から各登山口での交通対策を行っています。

a0290852_2342498.jpg
2018年(平成30年)尾瀬の交通対策は群馬県の お知らせを参考にしてください。
→ ここ

他国者

尾瀬には行ったことはありませんが もし行くなら こんなアクセスもありです。

夜行列車と専用バスで、早朝から尾瀬を満喫

a0290852_0451827.jpg東武鉄道と東武トップツアーズは、尾瀬のハイキングに便利な臨時夜行列車「尾瀬夜行23:55」を、500系特急形電車「リバティ」(3両)で運行すると発表しました。

尾瀬夜行23:55」は浅草を23時55分に出発。会津高原尾瀬口には3時18分に到着。
ここから専用の連絡バスに乗り換えて、尾瀬の東の入口である沼山峠には6時10分に到着。
早朝から尾瀬をゆったりと散策できます。

a0290852_0555419.jpg


群馬男

こう暮らしていてさぁ、ここ何年か、季節の進みが早くなったような気がしねぇかぃ?。
今年なんかぁ桜は早く咲くしさぁ、おらぁおっとし(一昨年)あたりっからやたらそんな気がしてしょうがねぇんさぁ。

何でこんなことを書き始めたかっつうとさぁ、一昨年2016年の6月の11日におらぁ静岡からのツアーで尾瀬ぃ行ったんさぁ。それまでは、ツアーの会社でも、「尾瀬の水芭蕉は6月11日ごろが一番いいですよ」っつってたんさぁ、だから、どうせいくんだったら水芭蕉の満開の時を狙っていくべぇと思って、その日に申し込んだんだけどさぁ、行く途中からバスの添乗員もハァ水芭蕉はおせぇ(遅い)っつうこたぁ知ってたんだんべぇけど、そんなこたぁひとっこと(一言)も言わなかったんさぁ、実はその年は雪解けが早くって5月の始めにゃぁ咲き始めて、なかばすぎにゃぁはぁ花は終わりだったんだそうだ。
だけど俺の尾瀬の目的は水芭蕉もそうだけど、あの木道を歩くことだったんで、気分は爽快だった。
a0290852_1229389.jpg


今年もはえぇ(はやい)と思うよ。桜も早かったから。
この連休が終わったら、あんまり間ぁ置かねぇで行った方がいいかも知んねぇよ。

こんだ尾瀬ぃ行くんだったら、この「兄さんゴーゴー」23:55の電車で行きてぇな。
それで、知らねぇおばさんと仲良しにならねぇで・・・・知らねぇおばさんに頼られちゃって参ったぃ、あんときゃぁ。




[PR]
# by gunmaotoko | 2018-04-28 20:05 | Trackback | Comments(0)
2018年 04月 26日

【昆虫の楽園】ぐんま昆虫の森はここがすごい!

(940)ゴールデンウィークはぐんま昆虫の森で楽しもう!


楽しい企画がいっぱい

a0290852_1655363.jpg


ぐんま昆虫の森 GWイベントのご案内
4月28日~5月6日のGW期間には自然観察プログラムやハチミツしぼり体験、太鼓をたたこうなど様々なイベントを開催します。また、クワガタぐんまちゃんとの記念撮影もできます。

a0290852_15443978.jpg


【昆虫の楽園】ぐんま昆虫の森はここがすごい!





他国者



群馬男

俺なんか子供のころはクワガタなんツわねぇで「おにむし」っつった。
夏ンなるとおにむしだのカブトムシが電灯の明かりにつられて家の中まで飛んできたもんだ。

子どもらは夏ンなると向こう山ぃ「おにむしぃとりいいぐべぇやぁ」っつって、そのまんま何にも持たねぇで山ぃへぇっていったもんさぁ。
山ん中でくぬぎの木を蹴っ飛ばすっつうかふんごくるっつうと鬼虫がおっこちてくるんさぁ、
こらぁ、鬼虫は夜行性なんで昼間は木にちょっと、とっつかまっているだけで眠ってるんさぁ、それを急に振動するもんだから、木にしっかり捕まりなおす間も無く落っこちちゃうんだって先輩がおせぇてくれた。
a0290852_21291870.jpg

虫篭なんか持って行かねぇから、一人せいぜい2匹しか持てねぇ。うっかりズボンのポケットなんか入れてきたら、大事なところをあの角で挟まれちゃううからさぁ。

獲って来たおに虫で、ケンカぁさせて遊んだけど、、それに飽きると虫はそのまんま飛ばしてやっちゃった。
明日また獲ってくりゃぁいいんだから、死ぬまで篭に入れとくなんつうこたぁしなかった。

むかし昔のおもいでさ。






a0290852_1694160.gif

[PR]
# by gunmaotoko | 2018-04-26 20:05 | Trackback | Comments(0)


群馬で生まれ群馬で育った男のブログ 今は故郷を離れ遠くの町から  こよなく群馬を愛する男と、群馬を全く知らないひととのブログです。


by gunmaotoko

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

検索