人気ブログランキング |

群馬出身の望郷男と、群馬県のこと知らない他国者が、勝手に書き込んでいるブログです

<   2018年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2018年 12月 31日

年末の御挨拶

(1063)笑う埴輪について講演会があります



2018年10月に結果が発表された埴輪の人気投票「群馬HANI-1グランプリ」でトップに輝いた人型埴輪「笑う埴輪」をテーマにした特別講演会が来年1月14日、高崎市の県立歴史博物館で開かれる。「笑顔」に込めた古代人の“心”を、埴輪研究の専門家が読み解く。事前申込制(先着順)。参加無料。
優勝した「笑う埴輪」
a0290852_20284896.jpg


「笑う埴輪」は1998年に藤岡市の下毛田(しもた)遺跡で出土した。笑顔を浮かべる農民をかたどったもので6世紀に作られたとみられる。


講演会については以下をご覧ください


〇 日時

 平成31年1月14日(月・祝)11~12時

〇 会場

 県立歴史博物館 視聴覚室(高崎市綿貫町992-1)

〇 講師


講師の若狭徹先生
a0290852_20344168.jpg




 明治大学准教授 史学博士 若狭 徹先生の略歴

 明治大学文学部史学地理学科卒業。高崎市教育委員会文化財保護課長を経て、現在明治大学准教授。史跡保渡田古墳群の調査・整備、かみつけの里博物館の建設・運営にたずさわる。博士(史学)。濱田青陵賞、藤森栄一賞、古代歴史文化賞を受賞。
著書は『もっと知りたいはにわの世界』(東京美術)、『ビジュアル版古墳時代ガイドブック』(新泉社)、『東国から読み解く古墳時代』・『前方後円墳と東国社会』(吉川弘文館)など。

〇 定員

 144名(要事前申込み・先着順・無料)

〇 申込み方法

 FAX又はメールで県文化振興課へ
 FAX:027-221-0300
 E-mail:bunshinka@pref.gunma.lg.jp
 (代表者のお名前、電話番号、参加人数を記入)

以上


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   ご訪問くださいました皆様へ

この一年、拙いブログにご訪問くださいましてありがとうございました。
また来年も群馬男他国者二人で力を合わせてブログを作っていきたいと思います。2019年もどうぞよろしくお引き立てくださいますようお願い申し上げます。

皆様どうぞよいお年をお迎えください。

           2018年大晦日  群馬男他国者

a0290852_21105437.pnga0290852_2111774.pnga0290852_21112676.png




by gunmaotoko | 2018-12-31 21:23 | Comments(0)
2018年 12月 28日

あなたの住んでる都道府県の音は

(1062)群馬の風の音知ってますか


この群馬男の身に付いた感覚だと、群馬の音はあの風の音だけど。

日本の音風景100選をご存じでしょうか?
1996年に当時の環境庁(現・環境省)が広く公募し、その中から100件を選定したものが「日本の音風景100選」です。
それとは別の都道府県の「県音」があります。


群馬 【県音】からっ風の音

Yahoo!検索では 草津温泉の伝統文化・湯もみ実演音


他国者

からっかぜに音があるのですか?

a0290852_2259391.jpg


群馬男


とにかく、普通はつえぇ風はビュービューとか
ぴゅーぴゅーなんて表現するけど、
群馬の風はそんなもんじゃぁねえ。
グォ~とかドォォーって吹いてくる。
それも
からからに乾いた風だから、畑もからからに乾いていて、土も砂ぼこりになって飛んでいく。

他国者

・・・と言うことは 群馬の音は

グォ~とかドォォー


群馬男

俺の実家は明治の初めに建てた、古い農家だった。建坪50坪総二階、でその西側に二間ほど離れて二階建ての土蔵があった。
その二間の隙間を吹き抜ける風は例えば、川幅が狭くなるとその部分は流れが速くなるのと同じ理屈で「浅間おろし」が力いっぱい引き抜ける。吹き抜けるときの音がグォ~とかドォォーだった。

「君子危うきに近寄らず」で、そんな風が吹いてるときは、その隙間の通リには誰も行かなかった。
子どもがそこに行ったら吹き飛ばされちゃうだんべぇと思う。



by gunmaotoko | 2018-12-28 21:22 | Comments(0)
2018年 12月 26日

ろうばいの郷(安中市上増田)

(1061)ろうばいの郷間もなく見ごろ



甘い香り 園内包む 安中の「ろうばいの郷」


撮影日:平成30年12月23日
a0290852_22193720.jpg

a0290852_22195592.jpg


もう こんなに咲いています。

 安中市松井田町の「ろうばいの郷」が23日、開園した。ロウバイはまだ六分咲きだが、ろう細工のような透明感と光沢のある花からは、甘い香りが漂い園内を包み込んでいる。

地元の住民らでつくる農事組合法人「ろうばいの郷」が、休耕地約3.2ヘクタールの敷地で約1200株、1万2000本のロウバイを栽培する。42人の組合員が春から剪定(せんてい)や施肥、除草作業などを行い管理してきた。


萩原昭一代表理事は「花の咲き具合は今年は早いが、花期は長いので2月上旬までは楽しめそう」と話す。来月6日には「ろうばいまつり」があり、当日は入園料無料で先着100人に切り花のプレゼントありです。

安中市松井田上増田、到達目標は安中市立細野小学校のすぐ先

群馬男


この映像は2017年2月の物ですが、どうやら今年は一か月くらい早いようです。


群馬男の蝋梅の郷の思い出

はぁ5年ばっかし前んなるけど、おらぁあんとき二日続けてこの蝋梅の郷ぃ行ったっけ。

今調べて見るっつうとあれは2014年のことだった、富岡市の妙義湖(ダム湖)の近くで兄貴の法事をやって、昼でお斎も終わったんで出席した兄弟たちに「このまんまけぇっても時間が早いから、おらぁ蝋梅の郷ぃ行って見るべぇと思うけど、だれかいっしょにいくかぃ?」って言ったら、俺も、あたしもっつってみんな行くことになったんさぁ。
おらぁその晩は安中のホテルい止まって次ぐ日の朝、こんだぁ地元にいる同級生に電話して、昨日蝋梅の郷い行ったけど綺麗だったよ」って言ったんさぁ。そしたら「あたしもしばらく行ってないから行って見たいよ」っつうんで「それじゃあ何人か人を集めろやぁ、おらぁ昨日行ったばっかしだけどメンバーが変りゃぁ楽しいだんべぇ、行ってんべぇやぁ」「それじゃぁよし子ちゃんと、みっちゃんに電話してみる」
そんなわけで、二日レンチャンで行ったことがあった。

そん時の記念写真、プライバシー保護のために写真はそのまんまお見せ出来ないのが残念です。
a0290852_944939.jpg



このお正月辺りはいいんじゃねぇかと思うけど・・・。
吹きっさらしで寒いとこだから、うんと着込んで行って見てくんなぃ。
今はどうか知らねぇけどあそこに。「竹でもこんなでっけぇうちができるんだぁ」と思う休憩室があって、その中でオジサンがホドイモを焼いてた、「うんめぇから食ってみな」っつうんで一つ食ってみた。香ばしくってホクホクでうんめぇ。そん時買って来たほど芋がまだうちの庭で毎年花を咲かせている。

あれから、もう5年になるんだなぁ。



by gunmaotoko | 2018-12-26 22:12 | Comments(0)
2018年 12月 24日

群馬県高山村のイルミネーション

(1060)高山村星空イルミネーション


a0290852_22344413.jpg群馬県吾妻郡高山村は四方を1000m級の山々に囲まれ、村内の一番低い地点でも標高約420mという山村です。
人口4000人程の小さな村ですが、たくさんの見所がある隠れた観光スポットでもあります。


こんな小さな村ですが・・・頑張っています。


高山ふれあいパークで初のイルミネーションが開催されています。森や宇宙など高山村にちなんだゾーンがあり、雲がなければ、イルミネーションと星空のコラボレーションも見られます!ひかるくんやいぶきちゃんなど、村のキャラクター達もいるので、ぜひ探してみてください。

星の綺麗な村、天文台を作るほどの空気の綺麗な村の美しいイルミネーションを見に行きましょう。

過度な装飾はなく夢のようなイルミネーションですよ。

ちょっと画像をお借りして紹介しましょう。

a0290852_21304970.jpg


a0290852_21312678.jpg


a0290852_2132698.jpg


a0290852_213252100.jpg



ねっ、素朴でいいでしょう、

毎年恒例の中山交差点のイルミネーションも開催中です。道の駅「中山盆地」にお越しの際は、あわせてご覧ください。


また、イルミネーション開催期間中限定でオープンしている「ほしぞらカフェ」では、温かい飲み物や、地元産の食材を使ったメニューを提供しています。

俺はあんまりけばけばしくねぇこうゆうイルミネーションが好きだぃ。

お天気のいい夜にゃぁ、イルミネーションと、本物の星のコラボなんかも見られそうだ。

近くだったら行って見るんだけどなぁ。


****
★イルミネーション&ほしぞらカフェ情報★
●開催日:2019年1月31日(木)まで
イルミネーション 17時~21時(無料)
ほしぞらカフェ  16時~20時(土・日のみ)
         ※荒天時はおやすみ
●場 所:道の駅「中山盆地」
     イルミネーション 高山ふれあいパーク
     ほしぞらカフェ  直売所おもてなしコーナー
●お問い合わせ
 道の駅「中山盆地」 
 TEL:0279-63-2000

他国者

ほしぞらカフェ

a0290852_22295040.jpg

a0290852_2230393.jpg








by gunmaotoko | 2018-12-24 22:24 | Comments(0)
2018年 12月 21日

頼朝の衣かけ石か・・・八ッ場ダム工事現場


(1059)ヤンバダム工事現場近くで発見

 国が2019年度末の完成に向けて工事を進める八ツ場ダム建設現場の群馬県長野原町川原湯地区で、推定約35トンの巨石が掘り出された。見つかった場所は、かつて温泉街の共同浴場「王湯」があった場所のすぐそば。温泉の由来として地元で語り継がれてきた源頼朝ゆかりの「衣掛け石」では――。地元ではそんな声が上がっている。
写真では大きさが解りずらいが推定35トン、高さは2.6m、周囲は10mもある巨石だ。

国土交通省八ッ場ダム工事事務所によると、公園の工事中に地中から見つかったこの石は、頼朝のころもかけ石ではないかという話もあったので、10月中旬に地元住民を招いて見学会を催し、その後再び埋め戻してしまったようだ。

地元「長野原町誌」などによると、川湯温泉は1193年に源頼朝が開いたという伝承があり、その中に、「頼朝が湯につかった際に脱いだ衣をかけておいたと言われる巨石が、以前の共同浴場”王湯”の前にあったが、1930年に道路拡幅工事のために地中に埋められた」と記されている。
写真は今度見つかった巨石
a0290852_1335961.gif
その1930年に道路工事で埋められた頼朝の衣かけ石と思しき巨石が、今年10月に、公園工事の現場から90年ぶりに掘り出されたという話だ。
この巨石が頼朝の衣かけ石ではないかという話に、国土交通省八ッ場ダム工事事務所では去る10月中旬に地元住民を招いて見学会を開いて、その後葉再び埋め戻してしまったそうだ。



他国者

以前の”頼朝の衣かけ石は、共同浴場の”王湯”の近くにあったということから、新しくできた”共同浴場王湯会館”には衣掛石のレプリカが作られ 源頼朝のゆかりを表す笹竜胆(ささりんどう)の紋所が出迎える玄関脇に据えられています。

「衣掛け石」のレプリカ
a0290852_143127.jpg
そして90年ぶりに日の目を見た本物の衣かけ石と思しき巨石は再び地中に埋められて、この次は、いつの日に日の目を見ることになるのだろうか。
埋められたところが湖底になるところではなかったようなので、いつの日か掘り出してもらうことを夢に見ながら静かに地中に眠ることになりそうだ。




by gunmaotoko | 2018-12-21 21:21 | Comments(0)
2018年 12月 19日

群馬県東部の湖沼に白鳥飛来の季節

(1058)ガバ沼や、多々良沼に飛来

毎年聞かれる話題だが、今年もその季節になった。

東京新聞によりますと・・・



コハクチョウ飛来 多々良沼に優雅な姿

館林市と邑楽町にまたがる多々良沼に冬の訪れを告げるコハクチョウが飛来した。

飛来を確認したのは、館林市の会社員木下英海(ひでみ)さん(48)。木下さんは野鳥観察のため毎日、同沼に通っている。二十日未明、コハクチョウ二羽が沼に降りたっている姿をカメラに収めた。木下さんは「おそらくこの二羽はペアでしょう」と推測する。
a0290852_8401113.jpg


水面にも映り込むハクチョウの白い優雅な姿を一目見ようと沼を訪れる人がこれから増えるという。ピーク時には毎年約二百羽が越冬のため同沼で羽を休める。

そして上毛新聞でも報じています

群馬県の館林市と邑楽町にまたがる多々良沼や隣接する通称「ガバ沼」に、冬を告げる渡り鳥のハクチョウが飛来した。

邑楽町白鳥を愛する会(木原友昭会長)によると、11月下旬ごろに姿を見せ始め、現在は60羽前後が確認されている。気温の低下とともに数が増え、例年は1月下旬に約200羽が集まるという
ガバ沼の白鳥(上毛新聞)
a0290852_8391782.jpg



そして近くの館林市のホームページより

白鳥観察の注意
■白鳥の保護にご協力ください
白鳥は警戒心が強く、一度危険な目に遭った場所へは近寄りません。白鳥が安心して越冬できるよう、次のことを禁止しますので、ご協力ください。
•近づいたり触れたりすること
•餌を与えること
•ペットを連れての観察
•フラッシュを使用してのカメラ撮影
•その他白鳥を驚かせる行為

■飛来情報


飛来地

多々良沼

城沼


飛来数

12羽(平成30年11月30日現在)

4羽(平成30年11月30日現在)


観察ポイント

夕陽の小径(多々良沼北東岸)

旧つつじが岡パークイン北側


アクセス

東武伊勢崎線多々良駅から約2キロメートル(徒歩25分)
東武小泉線成島駅から約1.6キロメートル(徒歩21分) 
東北自動車道館林インターから約9キロメートル

東武伊勢崎線館林駅東口から約4キロメートル(館林・板倉線バス17分。楠町西下車)
東北自動車道館林インターから約3キロメートル


※時間帯により観察できない場合があります


白鳥の気持ちになって、ハクチョウたちが
「来年からぁあすこの沼い行くんよすべぇ、あすこはやだぁ」なんて思うことがないように、優しく見守ってあげましょう。

白鳥も群馬に来ると上州弁つかうんかなぁ??。
(追記)12月15日現在:60羽の白鳥飛来が確認されたそうです。

他国者

多々良沼には「白鳥を守る会」などのボランティア団体があり、平日は8時と15時前後、土・日・祝日は9時と15時前後に指定場所での給餌が行われています。
給餌の場所は、浮島弁財天付近の通称「天沼」と、多々良沼の西にある通称「ガバ沼」です。
この時間と場所を知っているだけで、ハクチョウに出会える確率がぐんとアップするのです!

a0290852_1348848.jpg



by gunmaotoko | 2018-12-19 20:23 | Comments(0)
2018年 12月 16日

D51 498復活30年!オリエント急行牽引30年!

(1057)SL 51 498復活・オリエント急行牽引30年記念行事


JR上越線・信越線を現役で走って人気のSL、D51 498は復活してから30年を迎えると同時に、あの有名なオリエント急行をけん引してからも30年になります。

「えぇ?、あの有名なオリエント急行の客車をD51が牽引したことあるのぉ?」

今から30年前の12月のことです。
オリエント急行の客車がリオンから、ヨーロッパ大陸、ロシアを通って、アジア大陸、香港から船に乗って日本に来た客車をあのSLが引っ張ったんサ。

その時のSL D51 498の勇姿だ。
a0290852_11195625.jpg



どうだい、かっこいいだんべぇ。

そこで、30年を記念してこうゆうことになったんさぁ。

D51 498復活30年!オリエント急行特別仕様のD51運行

あの時のD51よりももっとかっこいいデザインだぜぇ。


そうそうその前にこのオリエント急行の列車を日本にもってくるんにゃぁえれぇ苦労があったんだっつう、その苦労話の一部始終がここに書いてあるから、興味のある人は読んでみてくんなぃ。

オリエント急行を日本に持ってくるまでの苦慮話

30年前の客車ではないがD51は同じ498号だ。
a0290852_2135710.png


D51 498復活30周年記念装飾初日
復活直後にオリエント急行を牽引した当時の姿をイメージした、特別仕様のデゴイチが快走して行った
8731レ SLぐんまみなかみ
D51 498+旧型客車5両


 ヘッドマーク・炭水車(テンダー車)の装飾
a0290852_2153477.jpg


30年前には炭水車の装飾はなかった
a0290852_21542317.jpg

 
D51 498は、30年前の12月23日、ヨーロッパの豪華列車「オリエント急行」をけん引した時にヘッドマーク、 炭水車(テンダー車)に装飾を施しました。そこで復活30周年記念として、30周年 オリジナルデザインヘッドマークの掲出と、炭水車(テンダー車)に装飾が実施されます。



当時(30年前)、足掛け3ヶ月にわたったオリエント急行の日本国内運行の最後のツアーとなったのは、上野駅から京都駅へ往復するツアーであった が、このツアーの出発日である12月23日、上野駅を発車するオリエント急行の先頭には、この日が復活後初の営業運行となるD51形蒸気機関車498号機が連結されていた。この蒸気機関車は、パリで山之内が「日本でも蒸気機関車がこの列車を引く」と発言して以来、突貫作業で復元工事が行われ、11月22日には復元作業の完成式が行われていた。D51形はオリエント急行を大宮駅まで牽引した。

<また、上野駅から水上駅までと、翌々日の水上駅から上野駅までは、「お召し列車」専用の電気機関車であるEF58形電気機関車61号機がオリエント急行を牽引したこの列車は同年12月25日午前10時45分に上野駅に到着し、オリエント急行の日本国内の営業運行は全て終了したのだった。

2018年 12月 14日

岡本太郎昨・太陽の鐘で年越しを

(1056)「太陽の鐘」で年越し鐘つきを


 芸術家・岡本太郎デザインのオブジェ「太陽の鐘」に親しんでもらおうと、前橋市は大みそかの夜に「年越し鐘つき」を開催する。作品が設置された同市千代田町5丁目の広瀬川河畔で開き、当日参加も受け付ける。


広瀬川河畔の太陽の鐘
a0290852_1545868.jpg


 「年越し鐘つき」は12月31日の午後11時半にスタートし、6~8人が一緒に綱を引き、鐘を鳴らす。180~240人程度の参加を見込んでいる。企画した未来の芽創造課では「前橋の大みそかの新たな風物詩にしたい」と話している。


こんな風に何人かで綱を引き鐘を鳴らす(大みそかの場合は夜中ですよ)

a0290852_1591847.jpg



 「太陽の鐘」は3月31日に広瀬川河畔に移築され、これまでも8月5日の前橋空襲の慰霊などで鐘が鳴らされたことがある。


太陽の鐘前橋市に設置完成の時2018.03.31
a0290852_15152767.png



大晦日の鐘突きに参加は無料で、申込者を優先する。申し込みは同課(027・898・6513)

他国者



太陽の塔と言えば 1970年に開催された 大阪万博のシンボルタワーです。
岡本太郎氏によるものです。
a0290852_2037299.jpg



太陽の鐘も太陽の塔もユニークな形です。



by gunmaotoko | 2018-12-14 23:04 | Comments(0)
2018年 12月 13日

全国初「自動運転バス」営業運転開始 

(1055)全方位カメラで信号も認識の自動運転バス /群馬



前橋市、群馬大学、日本中央バスは12月14日、前橋市内で自動運転バスの営業運行を開始する。自動運転バスの営業運転は全国初。(高崎前橋経済新聞)


運転席の様子
a0290852_9591851.png


「なぁんだぁ、運転手が運転してるじゃん」

実はまだ、今は・・・
運転席には自動運転に関する講習を受けたドライバーが乗る。ハンドルやブレーキ操作を行うと同時に手動運転に切り替る。ドライバーは10人体制.

  全国初の「自動運転バス」営業運転開始 全方位カメラで信号も認識


 自動運転バスはGPS・レーザーセンサー・全方位カメラの情報からハンドル・アクセル・ブレーキなどを制御する。自動運転の試験にパスしたドライバーが搭乗し、緊急時には手動に切り替える。ハンドルやブレーキ操作を行うと即座に手動に切り替る仕組みだ。

a0290852_1095748.png


バスは時速25キロ以下で走行し、信号を検知すると、「青信号を検知しました」などの音声が流れた。車内では、運転席後部に設置されたモニターと小型のコミュニケーションロボット「ソータ」が「出発します」「座ってください」などとガイダンスを行った。

 路上には工事車両などの障害物もあったが、乗務員が状況に応じて手動運転に切り替え、安全に運行を終えた。急ブレーキもほとんどなく、車線変更も問題なく行われた。

この写真の運転手の手を見てください。まだこんな状態です

a0290852_21263834.png
 

何かあればすぐにハンドルを握れるように気を使っています。
将来はこの運転席にだれもいなくなるのでしょうか。


試験運転と言ってもまだテスト段階。でも、営業運転だから料金はかかります。

 営業区間はJR前橋駅=上毛電鉄中央前橋駅間の約1キロ。

 運行は30分間隔で1日26.5往復。3日続けて運行し、3日間運休する。運賃は大人100円、小学生以下50円。

 3月28日まで。

今は、用事があって乗る人よりも、体験欲(体験してみたいという欲望)や興味本位で乗る人が多いと思います。

俺だって近くにいりゃぁ乗って見てぇやぃ。


他国者

運行状況の管制や車内監視はNTTデータがシステムで協力。ドアの開閉も19年1月からは遠隔で操作するというが 本当に安全?心配です。

自動運転車で事故を起こした場合、その責任は運転者にあるのでしょうか?



群馬男

この写真のようにたとえ自動運転中であっても事故があれば運転席に座っていた人に責任があるだんべぇと思うけど、其の事故が起きねぇように設定してあるんだんべぇと思うな。
もしも運転席が空っぽで事故った時はそれを運営者の責任になるんだと思うけど、バスジャックなんかどうするか、サイバー攻撃なんかも心配になるんだんべぇと思うけど。




by gunmaotoko | 2018-12-13 09:53 | Comments(0)
2018年 12月 12日

箱根路で力走誓う 上武大駅伝部

(1054)10年連続出場・上武大学


a0290852_213245.jpg


 来年1月2、3日に行われる第95回東京箱根間往復大学駅伝(箱根駅伝)に出場する群馬県の上武大駅伝部の近藤重勝監督と選手らが11日、前橋市古市町の上毛新聞社を訪れ、本戦への意気込みを語った。

 訪れたのは近藤監督のほか、太田黒卓主将、大森樹副主将、久保田直生、橋立旋の4選手と、渋谷朋子理事長ら計8人。10月の予選会は11位で本戦への最後の椅子に滑り込み、11年連続11度目の出場を決めた。内山充社長は「予選会の驚異的な粘りは見ていて勇気づけられた。本戦でも好成績を期待する」と激励した。

お正月最大のスポーツイベントともいわれる箱根駅伝に群馬県の大学「上武大学は2009年の大会がチームとしては初出場だった。
そのごは連続出場を決めている。
だが今年10月の予選会の成績は11位と普段の大会であれば、10年連続出場がここで途切れるところであったが、今度は95回大会は記念大会のため出場枠が二つ増やされて、ぎりぎり滑り込みセーフと言ったところで11回目の出場が約束された。

振り返って調べてみるとどうだいがくは90回記念大会にも同じようなことがあったと記されていた。

第94回のスタート
a0290852_218822.png

向かって右から二人目が上武大学。

95回も続く大会にはこんなエピソードも
黎明期は現在のように開催期日が固定されていたわけではなかった。また「学生の本分は勉強」という理由で、午前中に授業をした後で午後からスタートすることもあった。このためにレース途中で日没となり、中でも5区の選手が暗闇の中を走らなければならなかったが、実際には地元の青年団の団員が松明を持って伴走したために事なきを得たことがあったそうだ。

大94回、第5区を8位でゴールする森田
a0290852_21242767.png



他国者

1920年に始まった箱根駅伝ですが、第一回の参加校は明治、早大、慶大、東京高師(いまの筑波大)というわずか四校のみの状態でした。初期の大会の開始時刻は、午前中の授業の影響もあって午後から始まるようになっており、選手がゴールした時は真っ暗になっていたケースも少なくありませんでした。




フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると・・・

上武大学 創立 1950年  私立

設置者 学校法人学文館

本部所在地
群馬県伊勢崎市戸谷塚町634-1


伊勢崎キャンパス 高崎キャンパス

学部
ビジネス情報学部 
経営情報学部
看護学部

研究科
経営管理研究科



上武大学(じょうぶだいがく、英語: Jobu University)は、群馬県伊勢崎市戸谷塚町634-1に本部を置く日本の私立大学である。1968年に設置された。大学の略称は上武大、上武。






by gunmaotoko | 2018-12-12 23:41 | Comments(0)


群馬で生まれ群馬で育った男のブログ 今は故郷を離れ遠くの町から  こよなく群馬を愛する男と、群馬を全く知らないひととのブログです。


by gunmaotoko

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
more...

検索