群馬出身の望郷男と、群馬県のこと知らない他国者が、勝手に書き込んでいるブログです

<   2018年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2018年 11月 12日

ヘルメット通学

(1040)今のヘルメットはださかぁねぇ



 群馬県は今月から、自転車通学の高校生にヘルメットを着用してもらうモニター事業を始めた。自転車通学中の中高生が事故に遭う割合が、群馬県は一昨年まで3年連続で全国ワーストとされているだけに、県はヘルメット着用は有効とみる。ただ、「髪形が崩れる」「ダサい」など、高校生には抵抗感もあるようだ。

a0290852_20244516.jpg

ヘルメット姿の生徒たち。このうち4人は「たまにしか、かぶらない」=2018年11月8日、群馬県高崎市浜川町の高崎経済大付高


群馬男の意見

髪の乱れと命の重さを考えるべきだ



 モニター事業は、まず高崎経済大付属高校で始まり、今年度中に他の数校でも実施する予定。県がヘルメットを購入し、生徒に貸し出す。外観や機能性を考え、スポーツタイプの黒・白・青の3色を用意するが、使うかはどうかは生徒たちの自由だ。2カ月ほど続け、生徒と保護者にアンケートをする。

 前橋市で1月、自転車で通学中の女子高校生2人が高齢者の車にはねられ、うち1人が頭を強く打って死亡した。今回の事業には、こうした背景がある。県の担当者は「ヘルメットでけがを減らしたり、命を守ったりできる確率が上がる」と期待する。


群馬男の意見

高齢者に運転やめろと言っても100%やめさせることは現在の法律ではできない、とすれば、高校生だって自分の身は自分で守るしかない、
a0290852_2015413.jpg


 道路交通法は自転車に乗る13歳未満の子どもの保護者に対し、子どもにヘルメットを着用させる「努力義務」を定めている。しかし、それ以上の年齢の子どもや大人についての規定はない。

 県教委によると、中学生の着用は少なくとも数十年前から校則などで決められているが、高校生は一部の山間部の学校で指導している例があるのみ。担当者は「今回のモニター事業は、将来的なヘルメットの義務付けが前提ではなく、その方針を考える材料にしたい」と説明している。

群馬男

新聞記事の経済短大の写真があったが、高校生の通学にはドロップハンドルは禁止すべきと思う、あれはスピードを出すための自転車だ、通学には不向きで危険と思う。


他国者

a0290852_20343581.jpg一般的なヘルメット

a0290852_2034517.jpg最近のヘルメット
これなら受け入れられるかな?


昔の子供は誰もかぶらなかったヘルメット







[PR]
by gunmaotoko | 2018-11-12 22:10 | Comments(0)
2018年 11月 12日

恐竜やロボットも登場・高崎えびす講祭り

(1039)高崎えびす講市にロボット登場



産経新聞によりますと
 商都・高崎の晩秋を彩る風物詩、高崎えびす講市が17、18の両日、高崎市の中心市街地商店街などを舞台に行われる。

 高崎えびす講市は、昭和初期の不況を乗り越えるため高崎産業界が結束して昭和4年に開催したのが始まり。その後、商圏拡大と小売業界の振興発展を目的に毎年開催され、今年で節目の90回を迎える。
a0290852_6513995.png


 今回は榛東村の榊原機械から借り出した子供が乗れる恐竜や人型ロボットなど5台が登場するのをはじめ、足で地面を蹴って進むペダルのない幼児用自転車「ストライダー」などファミリー向けイベントを充実した。

えびす講もいいけどロボットに興味があるという人はこれを読んでからえびす講に行くのもいいですよ・・・・・

a0290852_191897.jpg

 
 ヤングパワーの結集も特徴で、県内外26校が参加する「第11回熱血!高校生販売甲子園」やロングロールケーキづくり、ファッションショーなどが繰り広げられる。このほか、豪華賞品が当たる恒例の「えびす札くじ抽選会」、「千社札めぐり」など盛りだくさんのイベントで回遊性を創出。JR高崎駅コンコースには高さ3メートルの「大えびす像」もお目見えする。

 実行委員会の羽鳥修司委員長は「若い力が加わり一時は衰退していた市に活気が戻ってきた。節目の大会ということもあり、今後につながるよう成功させたい」と話している。


これなら子供でも操縦できる
a0290852_1910376.png



他国者

高崎えびす講はイベント盛り沢山

毎年恒例の人気企画「超ロングロールケーキ作り」が行われます。

さやも~る商店街から中央銀座商店街までの100mを使って総勢150名で作り上げるんだとか。
なんとギネス世界記録にも登録されたそうですよ。
一気に3000人分ものロールケーキができ、しかも見学している方に無料配布されるという美味しいイベントなのでぜひ行ってみてください!
a0290852_21172196.jpg


2017年の写真

a0290852_21183876.jpg


ヤングパワーの結集も特徴で、県内外26校が参加する「第11回熱血!高校生販売甲子園」やロングロールケーキづくり、ファッションショーなどが繰り広げられる。このほか、豪華賞品が当たる恒例の「えびす札くじ抽選会」、「千社札めぐり」など盛りだくさんのイベントで回遊性を創出。JR高崎駅コンコースには高さ3メートルの「大えびす像」もお目見えする。






[PR]
by gunmaotoko | 2018-11-12 21:00 | Comments(0)
2018年 11月 10日

赤城山の紅葉は今が盛り

(1038)赤城山は今


a0290852_09404545.jpg

a0290852_09411685.jpg

a0290852_09415319.jpg
これぇみりゃぁ俺がなんだかんだ書くこたぇねぇだんべえやぃ。
そのうち榛名も赤くなるだんべぇ。



他国者

今日の赤城山 → 赤城山のブログ



a0290852_037443.jpg




群馬男
他国者がリンクを張ってくれたブログの写真このブログの写真すげぇ、おらぁ、飯ぃ食うんも忘れて見入っちゃったぃね。紅葉もすげぇけど写真の撮り方がプロ級だと思う。
俺は写真を撮るときなんだかんだぁって、屁理屈を考えるからいけねぇんだんべぇなぁ。

このブログの写真も俺が撮ったものじゃねぇ、ほうどうしゃしんなんさぁ、今赤城山までいっちゃぁいらんねぇからなぁ、おらぁ今こないだ「半日風邪」ぇひいて、病み上がりなんさぁ。

他国者

赤城山の紅葉見て 元気になってください!




[PR]
by gunmaotoko | 2018-11-10 19:00 | Comments(0)
2018年 11月 07日

みなかみ町で稲わらアート

(1037)みなかみ町で藁アート



来年は十二支のうちで最後のイノシシの年になります。
でもこの十二種類の動物が、何を基準にして並べたものかは私は知りません。

中学生くらいのころから ねぇうしとらうぅたつみうまひつじさるとりいぬいと覚えた。

だから子供のころから俺の頭の中じゃぁイノシシが最後に出て来た。
来年はそのいのしし年というわけだ。


 群馬県みなかみ町須川の道の駅「たくみの里豊楽館」や周辺で、わらでつくられた大きな像が展示され、訪れる人の目を楽しませている。

 イノシシやワシ、蒸気機関車、牛などの像をNPO法人「わらアートJAPAN」がデザイン。地元住民らが制作した。


まずはこのお方から
a0290852_2024767.png


 わらアートは7カ所に点在している。道の駅にはレンタサイクルもあり、担当者は「好天の日は散歩やサイクリングを楽しみながら回ってほしい」と話している。30日まで。
a0290852_20225019.png


群馬男

去年は静岡県の犬の藁人形を見て来たけど、うまくできてたっけやxa.


他国者

a0290852_2192746.jpg群馬男がみた犬は・・・










[PR]
by gunmaotoko | 2018-11-07 20:25 | Comments(0)
2018年 11月 04日

デ・レーケ堰堤 後世に

(1036)静岡にも立派な足跡が残る・オランダ人技師・


 明治初期、榛名山麓に多数築造された巨石砂防堰堤えんてい「デ・レーケ堰堤」を後世に伝えようと、群馬県榛東村の村民らが保全・顕彰活動に乗り出した。村内や隣接する吉岡町でクリーン作戦を実施し、堰堤を巡るトレッキングも計画する。130年以上前の建造物が現在も防災に貢献しているとともに、貴重な土木遺産としての価値を持つことを発信していく。


 活動を始めたのは、村民らでつくる「榛名山麓のデ・レーケ堰堤を見守る会」(大林和彦代表)。堰堤の荒廃を食い止め、保存・顕彰を目指して2016年に発足したものの、協力者集めに苦戦。その間にも荒廃が進んでいることから、あらためて村役場や村民に協力を呼び掛け、活動を再開した。
クリーン作戦を始めた地元の皆さん。
a0290852_16352788.jpg



「J. de Rijke」と書かれています。J. デレィ、とスペル?「デ・レーケ」とは、ヨハネス・デレーケという人の名前だったのです!
「デ・レーケ」さんはオランダの土木技師で、日本政府に招かれて来日して日本中あちこちをまわって治山治水の土木工事を指導された方で、その時に作られた山中の河川や砂防ダムは100年余りも日本の自然を守り続けてきたのです。

a0290852_17103499.jpg



群馬男

この記事を見つけて読んでいるうちに・・・・
「あれぇ?、これ静岡にもあるぞぉ、と思い出した」

俺が昔行った山の工事もこのような巨石を使った工事だったと思って、10年前の資料を出してみたら、やっぱり、同じ技術者の「デ・レーケ」さんという人が指導して建設されたと書いてあった。


ここへ行って見るには
静岡市街地から国道一号を西に進み、宇津ノ谷トンネルを過ぎたらすぐバス停があるそのすぐ向こうに左に降りる道がある。(わかりづらいが、次の信号まで行っては行き過ぎ)

交通量が多く、下り坂でスピードが出ているので、要注意。
これは蔦の細道に入る道、そこを道なりに進む、蔦の細道の入り口の小さな橋を左に見て、今はどこまで車が入れるか知らないが、とにかく車が通れる道をそのまま進むと途中に説明の看板のある四阿などもある、この道が行き止まりになると右に大きな石の砂防堰堤が見えてくる。
ここには6基の大きな石を積んだ砂防堰堤と一番奥には二基の流路工がある。
途中の河川は川床が石組でできていた。川の右岸に獣道のような登り坂が続いている。

木和田川三号堰堤
a0290852_17253186.jpg



上流部の一号堰堤、流路工(70m)
a0290852_17272881.jpg



川床と両岸が台形の石組になっていて出水時の土砂の流出を防いでいる。

静岡のこれらの工事も有形文化財に指定されている。

あの当時(2007年)ここにこれほど貴重なものがあるとは知らず、山に自生する蕗と採りに行って、この巨石の砂防ダムにまず驚いた、
そして最上流まで行くと流路工に再び驚いた。

そしてこの記事を書くのに、もう一度ここを訪れて、写真をと思ったが、あいにく今日は雨模様で、やむなくありあわせの写真と、こちらのブログを参考にさせていただいて仕上げました。
a0290852_17565687.jpg






ヨハニス・デ・レーケ
土木技師

ハニス・デ・レーケは、オランダ人の土木技師。ヨハネス・デ・レーケ、ヨハネス・イ・デレーケとも。いわゆるお雇い外国人として日本に招聘され、砂防や治山の工事を体系づけたことから「砂防の父」と称される。





[PR]
by gunmaotoko | 2018-11-04 17:26 | Comments(0)
2018年 11月 03日

恒例 高崎光のページェント2018

(1035)高崎で幻想の世界に



高崎光のページェント2018


夜の高崎の街を歩きながら楽しめる。
寒いからうんと着込んでいってください。
a0290852_21315153.jpg



a0290852_21325880.jpg




見たら早く帰って暖かくして寝ましょう

a0290852_21542349.jpg


a0290852_21553772.png


他国者








[PR]
by gunmaotoko | 2018-11-03 21:11 | Comments(0)
2018年 11月 01日

榛名山・晩秋の装い

(1034)榛名山・黄金の世界


 榛名富士の麓、群馬県の沼ノ原(高崎市榛名湖町)で、晩秋の装いとなったススキに夕日が差し、黄金に輝く=写真。

a0290852_1134171.jpg


 遊歩道「ゆうすげの道」も整備されているが、午後4時すぎにはハイカーの姿も見えない。風の音だけが響く中、榛名山の外輪山に夕日が落ちていく。
・・・・と上毛新聞は報じています。


この世の黄金を独り占めなんてのはいかがですか。

この画像はゆうすげの道ですが、この季節昼間もススキが銀色に輝いて綺麗だと思います。
a0290852_1849234.jpg



ゆうすげは今は咲いていませんが、こんな花です。

a0290852_23454933.jpg

ゆうすげの花は、梅雨から初夏にかけて見られます。
長さ10センチくらいの6枚の花びらは先が軽く反り返る。
花の中央には6本の雄しべと1本の雌しべがある。
茎先で枝分かれをして、10輪くらいの花を次々と咲かせる。葉の特徴長さ40センチむから60センチくらいの線形の葉が2列に交互に出て、扇形になる。
夕方に開花し翌日の昼には閉じるところからこの名がついた。
漢字では「夕菅」とも書く。
別名を黄萓(キスゲ)という。
よく知られる、日光きすげの仲間と思われる。
これはレモンイエローの花の色からつけられた名である。
萓(スゲ)は葉の形が萓(スゲ)に似ているところからきている。
ワスレグサ属の他の仲間と同様に一日花だが、他のものは朝開くのに対して夕萓(ユウスゲ)は夕方に開くところに違いがある。
くどいようですが、今はこの花は見られません。

他国者
ゆうすげの道 ドローン空撮 群馬県高崎市 2018年7月3日撮影




群馬男

榛名山もいってみてぇんだいなぁ。
こないだ群馬ぃ行ったときは、一日長居をしたけど、榛名まで行く時間はなかった。
今ごらぁ榛名湖のまわりの紅葉も綺麗になってるだんべぇと思うと・・・・。
だけど今ぁ無理だ、考んげぇねぇことにするべぇ。

ストレスがたまると免疫力が弱くなるっつうことだから。





[PR]
by gunmaotoko | 2018-11-01 20:20 | Comments(0)


群馬で生まれ群馬で育った男のブログ 今は故郷を離れ遠くの町から  こよなく群馬を愛する男と、群馬を全く知らないひととのブログです。


by gunmaotoko

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

検索