群馬出身の望郷男と、群馬県のこと知らない他国者が、勝手に書き込んでいるブログです

<   2018年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

2018年 08月 31日

笠懸小の分離新設校を建設へ(みどり市)

(1005)今の話です


児童数の減少に伴う小学校の廃校が相次ぐこの時代非常に珍しい話ですが・・・
 みどり市は、市内にある笠懸小学校の児童数が県内最多となっていることから、笠懸小を分離し新たな小学校を新設すると発表しました。

a0290852_1835451.jpg

.

 笠懸小学校は、今年4月の時点で全校児童数が959人と県内で最も児童数の多い学校となっていて、プレハブ校舎を建設するなどして対応しています。
.

 市の教育委員会では「学校適正化に向けた基本方針」の中で、クラス替えや活気のある学校行事を展開するためには、1学年2、3学級程度が望ましいとしていて、2016年に現在の学区の北西側半分を新たな学区として分離し、新設校を建設する方針を固めました。これを受け市では、建設地の選定を進めてきましたが、今の笠懸小から北西におよそ600メートルの場所に決定したと発表しました。

a0290852_18374418.jpg


 市の試算では、新設校の建設により2020年に993人と見込まれる現在の笠懸小の児童数を笠懸小で20学級・506人、新設校で18学級・487人に分散することが出来ると見込んでいます。


a0290852_18365731.jpg


 みどり市の須藤市長は、「少子化の中での学校建設は違和感があるかもしれないが、笠懸地区は人口が多い状態が見込まれ子どもたちの環境のためにも必要」と新設校建設の意義を強調しました。

群馬男

俺なんか小学校の頃は、このくれぇの生徒数は珍しかぁなかったけど、今の時代は珍しい話だ。
そうかって、生徒を過疎地の学校に転校させるなんつう分けにゃあいかねぇし、市としても嬉しい苦悩っつうとこだんべぇなぁ

桐生市あたりのベッドタウン化してるっつうことなのかなぁ。

他国者

広い日本にはこういう学校もあるのですね。本当に、過疎で悩む学校に転校できればいいかもしれませんが、親の仕事の関係などで、それもできないのでしょうね。
a0290852_2236080.png









[PR]
by gunmaotoko | 2018-08-31 21:21 | Comments(0)
2018年 08月 29日

「一人の息子」 1日から前橋で上映開始

(1004)群馬県で撮影の映画



群馬県を舞台に、上毛新聞社などで撮影された映画「一人の息子」が9月1~14日、前橋市の前橋シネマハウスで上映される。谷健二監督は28日、「多くの人の協力で完成した」と感謝し、地元での公開に合わせてロケ地が分かるチラシを制作したことを紹介しながらPRした。

a0290852_74247.jpg


 映画は上毛新聞記者だった父の死をきっかけに、東京で暮らす息子と境遇の異なる若者が一通の書類を通してつながり、父の思いをたどる物語。高崎映画祭で4月に特別先行上映が行われ、東京や名古屋でも上映された。上映初日(1日)は、谷監督と主演した俳優の馬場良馬さんが舞台あいさつする。


a0290852_745429.jpg



作品情報

ひとつの思いが、二人をつなげる

映像製作会社で働く山内樹のもとに、ある日電話がかかってくる。それは、父が倒れたというもの。それほど仲がよかったわけではなかったが、樹にとって、父はかけがえのない存在だった。一方、引越し業者で働く倉田歩には父がいなかった。東京と群馬、働く職種も環境もまるで違う二人。出会うはずのない彼らが、一通の書類によって繋がっていく。

「一人の息子」の解説

東京と群馬を舞台に、父の思いを探る2人の若者の姿を描く。W主演を務めるのは、数多くの映画・舞台・ミュージカルで活躍中の馬場良馬と玉城裕規。ヒロイン役を『光』の水崎綾女が務める。監督は『U-31』の谷健二。

他国者

前橋シネマハウス

→ 一人の息子

予告編






群馬男

群馬県で撮影した映画っつやぁ、昭和30年ころの「ここに泉あり」を思い出す。
ぐんまロケの映画の草分け見てえな映画だった。
学校の帰りに、丁度高崎駅のホームでのロケに出くわして、おらぁずうっと見てたんで、余計に印象が強い。







[PR]
by gunmaotoko | 2018-08-29 20:36 | Comments(0)
2018年 08月 27日

道路に水玉模様で速度落ちる?

(1003)オプティカルドットシステム


群馬県の国道18号「碓氷バイパス」で、一部区間の路面に水玉模様のような丸いドットが連続的にペイントされました。峠道での速度抑制を期待するものだといいますが、施工されたのは下り側ではなく、上り側のみです。どのような視覚効果があるのでしょうか。
上り坂で速度抑制が必要なワケ
 群馬県で、路面に水玉模様を描いたような道路が登場しました。


オプティカルドットシステムのイメージ(画像:高崎河川国道事務所)。
a0290852_7213615.jpg


 場所は、長野の軽井沢へ通じる国道18号「碓氷バイパス」の一部区間で、2018年7月下旬から8月にかけて車線規制を敷いたうえでペイントが施工されました。道路を管理する国土交通省 高崎河川国道事務所によると、このペイントは「オプティカルドットシステム」といい、一般道では初めての導入だそうです。どのような効果があるのか聞きました。

――どのような効果があるのでしょうか?

 人間の目の錯覚を利用したもので、ドライバーは、スピードが出ているような感覚をおぼえます。それによりカーブでブレーキを踏むことを期待し、速度抑制につなげる狙いがあります。

――なぜ導入したのでしょうか?

 この区間は長野方面に向かって上り坂で、しかもきついカーブが続きます。下り坂となる側では意識的にスピードを落とすのでよいですが、上り坂では、勢いをつけて坂を上ろうとする大型車が転倒して死亡事故が起きたり、荷物が落下して車線をふさいだりする事例があったためです。

a0290852_722138.jpg


その効果は

首都高でオプティカルドットシステムが導入されているのは、S5さいたま大宮線、美女木JCTから浦和南料金所にかけての下り線です。ここは碓氷バイパスのようなカーブの続く区間ではなく、見通しのよい直線の下り坂となっています。

「下り坂の先に浦和南料金所があるため、スピードを十分に落とさないままETCレーンに進入するなどして、施設に接触してしまうケースがありました。その対策も含め、下り坂における速度抑制を目的として導入しています」(首都高速道路)

首都高速道路によると、この区間ではオプティカルドットシステム導入から1年後、走行車両の最大30%に速度抑制効果が確認できたそうです。多くの車両で一様に速度が下がったわけでなく、スピードが出すぎていたクルマが減った印象だといいます。


群馬男

なんだかおれにゃぁ俄かに理解できそうもねぇ理由だけど、専門家がいいっつうんだから、いいんだんべぇと思う。
効果が出て事故が無くなることをきたいするべぇ。



他国者

この映像を見てください。



この映像ですが、クルマは一定速度で走っています。
しかしオプティカルドットによって、加速感および減速感を感じることができます。
高速道路の路面はアスファルトが均質で、登っているのか下っているのか分からなくなってしまうんですよね。
このデザインによって勾配を分かりやすく体感できるのです。


軽井沢スキーバス転落事故は、2016年1月15日1時55分頃、長野県北佐久郡軽井沢町の国道18号碓氷バイパスの入山峠付近(軽井沢駅約2kmの群馬県・長野県境付近)で、定員45人の大型観光バスがガードレールをなぎ倒して道路脇に転落した交通事故。
乗員・乗客41人(運転手2人、乗客39人)中15人が死亡(うち乗員は2人とも死亡)、
生存者も全員が負傷しバス事故としては、1985年の犀川スキーバス転落事故以来の30年で最多の死者が出る事故となりました。

a0290852_2333986.png





[PR]
by gunmaotoko | 2018-08-27 23:00 | Comments(0)
2018年 08月 25日

タイの王室が始まりの工芸品

(1002)フルーツ・カービング


フルーツ・カービングをご存知ですか。
実はこの言葉を私は知りませんでした。
何のことだ?というとこんなものです。


これは上毛新聞の記事です

a0290852_1845757.jpg


 スイカやメロンなどの果物に刃物で細工を施す「フルーツカービング」の作品づくりに、前橋市南町の会席料理店「料理倶楽部 紫」の野村たき子さんが取り組んでいる。

 26日に同店で開く作品展に合わせ、細部の加工の真っ最中。スイカをくり抜き、中に置いたキャンドルで花の模様を浮かび上がらせる「光の道」などを仕上げていた。


明日26日に上記の懐石料理のお店で作品展を開くという事なので、臨時にこのニュースを投稿します。

スイカからバラの花が飛び出したような作品
a0290852_1915924.jpg




今から700年ほど前にタイの王室で考案されて、今では世界中に広がって楽しまれているそうです。

一番初歩的な作品

a0290852_195380.jpg




群馬男

俺がこんなのを掘っているとこを、俺のおっかさんが見たらきっとこう言うだんべぇとおもうなぁ。
「食い物で遊ぶんじゃねぇ、もったいねぇから傷まねぇうちに食っちゃえ」なんてな。

これをやる人はほとんど女性だそうだ。

他国者

a0290852_19505333.jpgびっくりかもしてませんが 通販でも売っているのですよ。

高いけれど きばつなプレゼントです。

21600円 → 買いますか







[PR]
by gunmaotoko | 2018-08-25 20:59 | Comments(0)
2018年 08月 24日

1001 秋を先取り・果物街道

(1001)旬を迎える里見梨


高崎市榛名地域は北関東屈指の果樹産地。

「くだもの街道」と呼ばれる高崎市の国道406号沿いの直売所に特産のナシが並び、旬の味覚を買い求める人が訪れている
a0290852_2231355.jpg


高崎市榛名地域は、北関東屈指の果樹産地です。果樹園の面積は群馬県で随一。梨、桃、プラムは群馬県一、梅は東日本一の生産量を誇っています。ブルーベリーの生産も盛んで、イチゴ、ネクタリン、ラフランスなど多彩な果樹を生産しています。
シーズンには、国道406号沿いに直売所が並び「フルーツ街道」と呼ばれて親しまれ、フルーツ狩りが楽しめるほか、ジェラートなど手作りスイーツを味わえるショップもあります。果物のジャムや梅加工品などもお土産に人気です。


a0290852_6294017.jpg


中でも梨はその歴史生産量ともに県内一です
・生産量、栽培面積は県内第1位
・明治元年に里東地区の富澤小平次翁が栽培したのが始まりです。
・烏川の南側の里見地域は直売店での販売が中心で北側の久留馬地域は市場出荷が中心となっています。
・里見地域の国道406号線沿いには多くのくだもの直売店があり、くだもの街道と呼ばれています。
・久留馬地域ではJAはぐくみ久留馬総合選果場において光センサー(糖度、熟度など計測)選果機により共同選果をしています。
・品種は、幸水、豊水、二十世紀、新高、あたごなどが栽培されています。
・新高、あたご、新雪などの晩生種は、大玉品種として「冬将軍伝説」の商標登録で、ジャンボ梨のブランド化を図り、贈答用として人気があります。


群馬男

俺が故郷にいたころはこの辺りは、碓氷郡里見村っつっていた。
その頃から里見のナシは有名で、なしの話が出ると、「やっぱり梨は里見のナシが一番うんめぇだんべぇ」という話になった。今世紀になって高崎市に編入されて、里見の名前は影が薄れた感じもあるが、やっぱり里見のナシはうんめぇって言われる。
a0290852_2245398.jpg

ここ数年俺も何回か国道406を通ったけど、道路沿いに果物の直売所がうんとあるんが目についた。


これから秋口にかけて梨が本当にうまくなる季節だ。
あの道もにぎわうだんべぇなぁ。



他国者

a0290852_21341215.jpg


フルーツ狩りを楽しもう

このようなサイトも利用しましょう。



 → 群馬のフルーツ狩り



a0290852_23325049.gif








[PR]
by gunmaotoko | 2018-08-24 23:40 | Comments(0)
2018年 08月 22日

間もなく6年・1000回

(1000)投稿1000回 ご挨拶


皆様、本日も当ブログをご訪問くださいまして誠にありがとうございます。

当ブログは、早いもので投稿を始めてから間もなく6年、そして今回が1000回目の投稿になりました。
当初はこれほど長く続けられようとは夢にも思っておりませんでしたが、ご訪問くださる方々の人数を見る度、こんなに大勢の方々がこのブログを見るためにわざわざクリックしてくださっている。
これは頑張らなくてはと、無い知恵を絞り、老体に鞭打って一生懸命書いてまいりました。

普通はブログは一人で書くものですが、私が故郷群馬のことを思い出しながら書こうと思っておりましたところ、他国の人が「群馬のことを知りたいから、一緒に書かせてほしい」と言ってきました。

あれから いつの間にか6年になります。

そんなブログの書き方があるのかなぁなんて思いながら書き始めたブログも6年になるということは、こんな書き方もあるということですね。

このブログを読んでくださった方に、「群馬のことを少しでも知っていただきたい」と言う気持ちで お互い気楽に、そして真剣に取り組んでおります。


当ブログは、一日おきに投稿することを基本として参りましたが、これからは 連日で投稿することもあれば、数日開けることもあり というようにしたいと考えております。

私も若くはありません、四捨五入すると100歳です。どの位で四捨五入するかが問題ですけど。

でも、歳など忘れて、楽しく書き続けたいと思っております。
どうか今後ともよろしくお願い申し上げます。

  2018年8月22日       群馬男こと yo-shi2005


a0290852_1163534.jpg
他国者でございます。

群馬ブログを書き始めたときは 群馬県がどこにあるかも知らない他国者でした。今では 群馬のさまざまな出来事にも目を向けることもできるようになりました。

群馬から遠くに住み いまだ一度も群馬を訪問したこもない他国者ですが、これからも群馬の出来事を発信していきたいと思います。
ご縁あって知り合いになった群馬男とのブログコラボは私の楽しみでもあります。

四捨五入 100歳? の群馬男はこのようなイメージ??。
a0290852_1102550.png

「群馬で生まれ 育った男のブログ」にちょっと他国者が一言加える。

こんな形で書いて参ります群馬ブログをこれからもよろしくお願いいたします。他国者




峨峨たる巌連なりて 虚空に峙つ(そばたつ) 妙義山
a0290852_21367100.jpg



赤城山から風が吹き出して 風にちょうちょが飛ばされた
a0290852_21461166.jpg



山の寂しい湖に ひとり来たのも悲しい心
a0290852_21471681.jpg





[PR]
by gunmaotoko | 2018-08-22 20:20 | Comments(2)
2018年 08月 20日

群馬県、地名の由来

(999)群馬の基本的なお勉強だね


「群馬県(ぐんまけん)」が隣接する都道府県
群馬県は、5つの県と隣接しています。
隣り合わせているのは、福島県、栃木県、埼玉県、長野県、新潟県、です。
群馬県は海に面していません。「内陸県」「海なし県」などとも呼ばれます。
a0290852_6574153.png

関東の北西部に位置し、北は福島県と新潟県、西は長野県、南は埼玉県、東は栃木県に囲まれた内陸県です。県土の約3分の2が丘陵山岳地帯で、面積は6363平方キロメートル、その大きさは全国で21番目、関東地方では栃木県につぐ2番目です。

「群馬」の由来は「車」から



 およそ1,300年前、藤原京(694~710年)の時代の資料によると、現在の群馬県の中に「車評(くるまのこおり)」(「評」は大宝律令によって「郡」となる)と呼ばれていた地域があったとされています。
 奈良時代に入るとすぐ、和銅6年(713年)の諸国の風土記編集の勅令により、国・郡・郷名はその土地にあった漢字二文字で表すこととされ、国名「上毛野国(かみつけのくに)」は「上野国(こうずけのくに)」に、郡名「車(くるま)郡」は「群馬(くるま)郡」に改められました。

 群馬県の県名が初めて使われるようになったのは、第1次群馬県が成立した明治4年10月28日のことです。これは、明治4年の廃藩置県を受けて、高崎・前橋の大部分を含み大郡であった群馬郡を県名とすることがふさわしいと判断されたことによります。

他国者

群馬県の群馬って、馬が沢山いたのでしょうか?

栃木県域とともに「毛野国」(毛の国)を形成し、これを上下に分かち「上毛野国(かみつけぬのくに)」とされ、のちに上野国となる。

現在の県域はほぼ上野国と一致し、今でも異称として「上州(じょうしゅう)」「上毛(じょうもう、かみつけ)」を用いることがある。県名は、藤原京木簡では「車」の一字で表記されていたが、奈良時代の初めに全国の群や郷の名を二文字の好字で表記する事となり「車(くるま)」を「群馬」と書くようになったことに由来する。この地方が古くから馬に関係あったことはよく知られている

群馬男

昔、広い大きな国の場合はお上の目が届かなかったので、二つか三つに分割しました。
関東地方以外では例えば越前、越中、越後のように元の国名の一字と前・中・後を付けて新しい国名にしました。しかし関東地方だけはなぜか、元の国名の一文字に上・中・下を付けて国名を作りました。そのころまでは群馬県都栃木県を合わせた全域を毛野国と呼んでいました、それを二分して、上毛野国、下毛野国と呼ぶようになりました。

その後国名は二文字にすべしというお触れが出て、毛を抜いて(変な言葉だね)上野(かみつけ)下野(しもつけ)としたのです。

また、州というのは、昔中国の行政区画で、「郡」の上が「州」だったので日本でいう国の意味の漢語的表現として使われるようになったようです
普通は国を分割した場合の州の呼び方は変わることなく同じ名前になりますが、
そのころ上野と下野はものすごく仲が悪く、「同じ名前なんか嫌だ」ということになり下野の方が先に「野州」の名前をとってしまったのです。
そこで、仕方なく上野は上州を貰ったのでした。それで今でも栃木県は野州と言います。


余談ですが神代のころから上野と下野はものすごく仲が悪かったようです、その時の逸話は別の機会にします。栃木県の男体山と、群馬県の赤城山が、日光戦場ヶ原で戦争をして男体山が勝ったっていう、伝説というか神話のころから始まる話なんさ。


他国者

ある県別知名度ランキングでワーストに〇位に入るほど全国的にもなんとな〜く影の薄い群馬。
しかし 決してあなどってはならない。
群馬には知る人ぞ知る「○○大国」がこんなにあるのだ!  
温泉天国 ギャンブル大国、古墳大国、だるま大国

a0290852_6543523.jpg鶴まう県で県民に

愛される群馬県なのです。









[PR]
by gunmaotoko | 2018-08-20 20:30 | Comments(1)
2018年 08月 18日

両陛下最後の国際音楽アカデミー

(998)両陛下には楽しんでいただきたい


草津に27日 両陛下訪問 退位前最後の音楽アカデミー

宮内庁と群馬県は16日、天皇、皇后両陛下が22~29日の日程で、草津町と長野県軽井沢町に滞在されると発表した。27日は草津町で開催中の「第39回草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティバル」を楽しまれる。両陛下が退位前にアカデミーに参加するのは最後となる。

両陛下は27日午前に軽井沢町から草津町へ移動する。皇后さまは同日午後、草津
音楽の森セミナーハウスⅡでワークショップに参加し、ピアノで海外の演奏家と協演する。

a0290852_22535780.jpg昨年の美智子さまです。

音楽祭のワークショップでピアノを演奏される皇后さま
群馬県草津町の草津音楽の森セミナーハウスで

2017年8月27日


他国者

音楽アカデミーは2018年8月17日(金)~30日(木)開催されます。


両陛下がご覧になるのは・・・


2018年8月27日(月)

美しきドナウの流れ~ウィーンの自然と音楽/イヴァノヴィチ:ドナウ川の漣
開場15:30/開演16:00
入場料:全席指定席 大人¥4,200/小学生¥2,100
会場:草津音楽の森国際コンサートホール




草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティバルHP


群馬男

音楽のことは解らねぇけど、両陛下にはどこへお出かけになられても、かたっ苦しい雰囲気の中でスケジュールをこなしておられるのがニュース映像からもよく感じられた。

こんなときくらいはお気持ちを楽にされて楽しんでいただきたい。








[PR]
by gunmaotoko | 2018-08-18 20:40 | Comments(0)
2018年 08月 16日

「ぐんまちゃん」が行く!「古代浪漫深掘りの旅」

(997)日本の歴史にのめり込みそう


群馬県は「東国文化」の中心地として栄え、埴輪も全国屈指の質と量を誇り、また、「世界の記憶」上野三碑や世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」など、世界に誇る歴史遺産があります。
これらの本県の歴史遺産を、日本有数の歴史遺産があり歴史遺産に関心の高い地域で、現地の公式キャラクターと一緒にPRし、史跡ファンの創出と観光誘客を図ります。
今年度のイメージアップキャラバンのスタートとして以下のとおり出発式を開催します。

群馬県立歴史博物館
a0290852_6584358.jpg


ぐんまの宣伝部長「ぐんまちゃん」が行く!「古代浪漫深掘りの旅」イメージアップキャラバン出発式について

平成30年8月17日(金) 14時00分~

場所 群馬県立歴史博物館 (高崎市綿貫町・群馬の森の一角にあります)


主な訪問地


〇群馬県 8月22日 岩宿博物館

岩宿遺跡は、群馬県みどり市にある旧石器時代の遺跡である。1946年頃、当時在野の考古学者であった相沢忠洋によって発見された。
この発見によって、それまで土器時代以前の日本列島に人類は居住していなかったとされた定説を覆し、日本にも旧石器時代が存在したことが証明された。

昭和24年ころの岩宿遺跡発掘調査の模様
a0290852_2124381.jpg

ここは、歴史的に貴重な遺跡だから日を改めてこのブログで取り上げます。

〇宮城県  8月下旬  多賀城碑(日本三古碑の一つ)

〇栃木県  8月下旬 那須国造碑(日本三古碑の一つ)

   日本三古碑とは、日本各地に残る古代の碑のうち書道史の観点から極めて重要とされる碑で、栃木県の「那須国造碑」、宮城県の「多賀城碑」、それに群馬県の「多胡碑」は8世紀前後の貴重な文化財で「日本三古碑」と呼ばれています。

〇青森県  9月中旬  三内丸山遺跡

   縄文時代の常識を覆したと言われる三内丸山遺跡
a0290852_2130687.jpg


〇長野県  9月下旬 木曽馬関連施設  茅野地区縄文時代関連施設

〇佐賀県 10月下旬 吉野ヶ里遺跡

〇新潟県 調整中 信濃川流域  火焔型土器関連施設

〇奈良県  調整中 キトラ古墳(調整中)

〇大阪府 調整中  百舌鳥・古市古墳群

a0290852_0505515.jpg



他国者


ぐんまちゃん頑張って!

昨年「世界の記憶」に登録された上野三碑や古墳時代に東国文化の中心地だったことなど、古代群馬の歴史について、全国各地でイメージアップキャラバンを実施するそうですよ!

訪問先では、群馬県の魅力をPRするとともに、各地の遺跡や史跡なども訪問し、訪問先自治体さんと連携しながら「古代浪漫」ファンに魅力を発信していくよ。
今まで「古代浪漫」に興味がなかった人にも、これをきっかけに関心を持ってもらえると嬉しいな。・・・と ぐんまちゃんは言っています。

a0290852_102484.png



群馬男

こうゆうもなぁ初めは興味なんかちっともなかった人でも、なんかのきっかけで
気をひかれることがあると、どんどん引っ張り込まれるもんなんさぁ。
俺自身がそのいい例さぁ。
このブログを書くようになって、ちょいと記事に取り上げてみると結構面白くって、俺もだいぶのめり込んできてるなぁと思ってるんさぁ、そもそもおらぁ日本史なんか全然興味なくって、日本史の授業が退屈でしょうがなかった。

それが今じゃぁ、「こんだ群馬ぃ行ったら、あすこの古墳に行って見てぇとか、あすこの遺跡をまっと詳しく見てぇ」なんて考えるようになっちゃったんさぁ。


そうしたら、群馬県つうなぁその昔は東日本の文化の中心地的な存在だったっつうことが解って、正直びっくりしてるんさぁ。
もっと調べていくっつうと、俺の実家の親戚のうちで昔蚕の桑置き場にしてた洞穴が、実は古墳だったっつうから、これもびっくりだった。そこも今度群馬に行ったら行って見てぇ。







[PR]
by gunmaotoko | 2018-08-16 20:40 | Comments(0)
2018年 08月 14日

「日本一暑いまち」返上か ・館林市

(996)想像通りだった?>

館林市はアメダス移設後、全国最高の観測なし これでは「知名度が低くなってしまう…」

 記録的な猛暑が続く今夏、例年なら全国最高気温観測地の「常連」として名前が出る館林市の影が薄れつつある。6月に地域気象観測システム(アメダス)が移設後、日中の最高気温が全国トップになった日はゼロ。気象庁が公表を始めた7月2日から約1カ月間の新旧観測所の最高気温を比較すると、新観測所のほうが平均0・5度低い結果となった。地域振興などのため、市が掲げてきた「日本一暑いまち」の看板が取り下げられる可能性も出てきた。
かといって、相手は自然現象、打つ手もなし。

館林市のメダスはもともと、市中心部の館林消防署(同市美園町)敷地内に設置。駐車場やアスファルト舗装の道路と隣接する環境で、インターネットなどで「高温になりやすい場所にあるのでは」「ズル林」などと実際の暑さを疑問視する声があった。

 夏本番を前にした6月13日、アメダスは消防署から約2キロ先の県立館林高校(同市富士原町)の風通しのよいグラウンドの一角に移設。その後は日中の最高気温が1度も全国トップになっていない。
a0290852_93351.png




 7月2日から今月2日にかけて、旧観測所では事実上の全国最高気温を記録した日が7日あったが、新観測所はゼロ。最高気温の平均は、旧観測所が35・1度で、新観測所は34・6度と0・5度の差がみられた。
新、旧のアメダスが観測したデータは今でも公表されている、
a0290852_952375.png


結果は以前に想像した通りだった。

 地元商店街などは「日本一暑いまち」を売りに、例年イベントを開催するなどして地域活性化を図ってきた。館林商工会議所は「日本一HOTなまち 激辛・激甘・激冷グルメ総選挙」を毎年開催し、今年で6回目となる。

この夏な全国的に暑さで苦慮しているのに、館林市の暑くならない悩みは贅沢というかわがままというか

他国者

a0290852_043251.jpg6月にアメダスが移設した後、日中の最高気温が全国トップになった日はゼロ
市が掲げてきた「日本一暑いまち」の看板が取り下げられる可能性も


群馬男

俺は前のアメダスを見たわけじゃなくいろいろな画像を見て考えたんだ。昔は学校の広い校庭の一角に白い柵で囲まれた芝生の部分があってその真ん中に真っ白な百葉箱があった。あの頃と比べるとずいぶん環境が違うなぁと思っていた。
だから、「あれじゃぁ正確なデータは無理だんべぇ」
と、ブログで騒いでいたひとりなんさぁ。

その観測所が引っ越すっつうニュースを知った時、引っ越し先を見て、「おんなじデータが出るか比べて見てぇ」と思っていたら、親切にもやってくれることになって楽しみにしてたんさぁ。

そのデータを見て、「やっぱりなぁ」って思ったんは俺一人じゃねぇようだ。




[PR]
by gunmaotoko | 2018-08-14 20:20 | Comments(0)


群馬で生まれ群馬で育った男のブログ 今は故郷を離れ遠くの町から  こよなく群馬を愛する男と、群馬を全く知らないひととのブログです。


by gunmaotoko

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
more...

検索