人気ブログランキング |

群馬出身の望郷男と、群馬県のこと知らない他国者が、勝手に書き込んでいるブログです

2019年 04月 18日 ( 1 )

2019年 04月 18日

志賀高原草津ルート全線開通

(1112)待ちに待った開通


ただし日中限定 バイクは不可

 草津白根山の白根山の火山活動に伴う志賀草津道路(国道292号)の一部区間(8.5キロ)の通行規制について、道路管理者の群馬県は18日、19日午前10時に規制を解除し、全線の通行を認めると発表した。噴火警戒レベル2(火口周辺規制)が継続されていることを踏まえ、通行は日中に限定するほか、バイクは認めないなどの条件を付けた。火山活動が急変した場合は、速やかに通行止めとする

a0290852_854753.png



これに先立ち
 一部が通行規制されている志賀草津道路(国道292号)の全線開通(19日午前10時)が発表された18日、冬季閉鎖中の同道路を歩く「第15回志賀草津高原ルート・雪の回廊ウオーキング」(草津町など主催)が同町と長野県山ノ内町を出発点に行われた。

 道の両側は高さ約6メートルの雪壁がつくる壮大な景色。県内外から参加した167人は、全線開通によって注目が集まる同道路を踏みしめた。


雪の回廊を今だけ歩いて楽しむ
a0290852_8592383.png


例年にない超大型連休を前に地元も、観光を予定している人たちも大喜びしているようだ。

a0290852_9263012.jpg


この決定は
 気象庁や地元自治体などでつくる草津白根山防災会議協議会での検討を経て、草津町の黒岩信忠町長がレベル2の規制範囲(湯釜から半径1キロ)を維持したまま道路だけ例外的に立ち入りを認め、その上で県が冬季閉鎖の解除に合わせて全線通行を認めた。

 県は「火山活動が比較的静穏なことに加え、火山避難計画に基づく避難訓練や安全対策の状況、路面の状況など、安全面を確認して判断した」と説明した。


自然が相手なので、万一に備えて
 規制が解除されるのは、殺生河原駐車場前―万座三差路の区間。通行できる時間帯は、午前8時~午後5時。10月15日から例年11月中旬の冬季閉鎖までは午後4時半まで。車のみ通行でき、万一噴火した場合に噴石や火山灰の影響を直接受ける恐れがある自転車やバイク、オープンカーの通行は認めない。夜間はいずれの車両も通行できない。

a0290852_9265423.jpg



群馬男

このコースのドライブは、俺の経験から草津から渋峠方面に行くコースよりも渋峠(長野県側)から草津に降りてくる方が素晴らしいと思う、(これは個人的な意見だけど)





by gunmaotoko | 2019-04-18 08:37 | Comments(0)


群馬で生まれ群馬で育った男のブログ 今は故郷を離れ遠くの町から  こよなく群馬を愛する男と、群馬を全く知らないひととのブログです。


by gunmaotoko

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

以前の記事

2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
more...

検索