人気ブログランキング |

群馬出身の望郷男と、群馬県のこと知らない他国者が、勝手に書き込んでいるブログです

2017年 06月 06日 ( 1 )

2017年 06月 06日

望郷男と浅間山 

(783)望郷の心に浮かぶ浅間山


まずはこの写真をご覧ください。
地元の方はすぐおわかりと思いますが、どこの何という山かわかりますか?。
a0290852_9174857.jpg


これは安中市磯部歌碑公園から眺めた浅間山(2568m)です。
富士山みたいな山ですね、でも、富士山とは姿が全く違います。
幼いころは浅間山を眺めながら育ち、今は富士山を眺めながら暮らしている私にとっては似ても似つかぬ姿の二つの山です。

私の目に映るふたつの山の印象は、富士山はきりっとスマートな男性、そして浅間山はふくよかな優しい女性の姿に見えるのです。
静岡から見る富士山はこんな姿です。
a0290852_9371752.jpg


実はふとこんなことを思い出したのです。

それは、私がまだ純真無垢な美少年?だったころのことです。
私は信越線磯部駅から、高崎まで汽車で高校に通っていました。

そのころ信越線は長野や長岡あたりまでつながっていました。
今は長野新幹線の誕生で在来線はずたずたにされて、碓氷峠のアプト式線路なんか外されてしまいましたが。

今から〇〇年も前の・・・

ある冬の日、学校の授業が終わって、北高崎の駅から、各駅停車の下り長距離列車で帰宅するときのことでした。
客室はほぼ満席でしたがデッキにいると寒いので客室に入り立っていました。
私の前には東京あたりから来たらしい学齢前かあるいは小学校低学年くらいの少年と若い両親らしい男女が載って楽しそうに話していました。

私はカバンから教科書を取り出して、読んでいるようなふりをして、その家族づれの話を聞いていました。
少年が窓の外の風景を指差して
「ほら、お母さん、あそこに富士山が見えるよ」
「あらほんとね、こんなところからも富士山が見えるのね」
すると横から男性が
「富士山は日本一高い山だから、遠くの方からでも見えるんだよ」と少年に教えていた。

その時私は、三人の話に口を挟んで
「あれは富士山じゃないんですよ、浅間山です。富士山よりも低い山です」・・・・と言いたい衝動を感じていたが、純真無垢な田舎の少年にはついに言い出せなかった。
黙って聞き流して、次の駅で汽車を下りたのだった。

今の俺だったら黙っちゃぁいねぇで、少年に「僕、あれはねぇ、浅間山って言って、富士山に形がよく似ているけど違う山なんだよ。僕は今からどこまで行くのかな、このさきでねぇトンネルをいっぱい過ぎてその先からまたこの山が見えるけど、その時は富士山とは違う形の山に見えるよ」
なんて少年と友達になっていたかもしれなかったが・・・・当時のよし少年には、とてもとてもだった。
軽井沢から見た浅間山
a0290852_9593034.jpg


そんな浅間山だが。この山の頂上は何県にあるかわかりますか。

山体は長野県と群馬県にまたがっていますが、山頂は群馬県なんですよ。
山頂がどこの県だなんつうこたぁ問題じゃぁねぇんだ。
その山がどれだけの人の心に残っていて、どれだけの人に愛されているかっつうことなんだんべぇなぁ。
あの世界遺産の富士山の場合はちょうど山梨県と静岡県にまたがってるんだけど、どっちの県の物だなんつうやつがいるといけねぇもんで地図で見ても、富士山頂にゃぁ県境の線は引かれていねぇんだ。そんな問題が起こらねぇようにっつうんで、八合目から上は富士山浅間神社の物でどっちの県の物でもねぇっつうことになってるんさぁ。


他国者

群馬男には申し訳ないのですが・・・
他国者には 浅間山と言うと,あの1972年に起きた出来事を思い出します。
当時 テレビは生中継でこの事件を放映していたのです。
あの出来事があまりにもインパクトが強く 浅間山のイメージがわきません


群馬男

あの浅間山荘事件のときゃぁ、おらぁはぁ静岡県民になっていた。
俺もあの事件のテレビはよく見たけど、俺の記憶のなかじゃぁ、あの事件と浅間山がどうしてもかさならねぇんだいなぁ。やっぱり、浅間山はおれにとっちゃぁ神聖な山なんだんべぇと思うだぃなぁ。
昔わけぇころ友達と二人で浅間山ぃ登って、噴火口のなかをのぞき込んだことがあった。
あのこらぁ、浅間山はおとなしかったんだぁなぁ。

あんときの噴火口の中の印象は
巨大な深鍋の中で何かを煮ていて落し蓋をしてある漢字で所々から蒸気が噴き出していたけど、落し蓋の表面は普通の土の色だった。
火口のまわりは鉄の杭にロープが一本張ってあっただけだった。
いまじゃぁ考えらんねぇ無防備な状態だったんさぁ。
1960年代初めのころのことだった。



小諸出てみろ 浅間の山にゃ 今朝も三筋の煙立つ   小諸馬子唄

浅間山は珍しいほど長期間活火山の山なんさぁ。俺のおじいさんのころにゃぁ磯部のあたりまで握りこぶしくれぇの軽石が降ったっつう話を聞いたことがあった。

浅間山の現在の火山活動

平成29年6月5日16時00分 気象庁地震火山部発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
 6月2日から6月5日15時までの浅間山の活動状況をお知らせします。
火山活動の状況
 火山活動はやや活発な状態で経過しています。

 今期間、噴煙の状況は、火口縁上概ね400メートル以下で推移しています。夜間に高感度の監視カメラで、山頂火口の微弱な火映を観測しています。

 2日に実施した現地調査では、火山ガス(二酸化硫黄)の放出量は1日あたり900トン(前回5月16日1400トン)とやや多い状態でした。




by gunmaotoko | 2017-06-06 08:59 | 望郷 | Comments(0)


群馬で生まれ群馬で育った男のブログ 今は故郷を離れ遠くの町から  こよなく群馬を愛する男と、群馬を全く知らないひととのブログです。


by gunmaotoko

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
more...

検索