人気ブログランキング |

群馬出身の望郷男と、群馬県のこと知らない他国者が、勝手に書き込んでいるブログです

2013年 12月 17日 ( 1 )

2013年 12月 17日

望郷 故郷の桑畑はどこぃ消えた?

(163)地図から消えた地図記号 


突然ですがあなたはこのマークをご存知ですか?。
国土地理院の地形図に記載されるその土地の状況を示すマークのひとつです。
a0290852_6513077.jpg


昨晩、故郷の昔の風景を思い出してこのマークを国土地理院の25000分の1の地形図を必死で探しましたが、ついに私の眼では見つけることができませんでした。

半世紀ほど前には、日本中のあちこちにこのマークがついていました。
しかし今は2時間もかけて地形図とにらめっこをしても見つかりません。

そこは冬はこんな風景になります。     そして夏はこうです。

a0290852_12594170.jpga0290852_1312529.jpg


そうです、これは国土地理院の地形図の「桑畑」のしるしなのです。

ところがこのマークはもはや日本の地図には必要なくなってしまったようです。

私の実家から数キロ離れた兄貴の家の周囲には養蚕をやめて放置された桑畑がありましたがそれさえも面積は狭いために地図には載りません。


国土地理院 → 地図記号
a0290852_7523965.gif


群馬男

望郷の中の桑畑

今から半世紀もまえにゃぁ桑畑がうんとあった。
葱や菜っぱぁ作る畑は桑は植えてなかったけど、その畑も隣の畑の境界から5~60cm位離れたところに、畑の周囲一周に桑の木が植えてあった。
「まわりぐわ」っつって、これも大事な作物だった。

俺がまだ中学くれぇの時だった。
うちを継いだ長男の兄貴が
「よし(俺のこと)桑に肥やしぃくれるから手伝いぃ来い」つうんで、ついて行った。
見渡す限りくわばたけのなかで、俺んちの桑原は特に広かった。
俺の仕事は肥やし(化成肥料)を桶にあけて、それを抱えて一掴みずつ桑の根っこに蒔いて行く。
兄貴はその上に鍬で土をかけていく。
単純な仕事だ、単純だから余計寒さが身に染みる。空っ風の中で手拭いでホオッカムリをしての作業だった。

これも大事な仕事だと自覚していたので、我慢して、鼻水ぅ流しながらでっかい桑原を全部済ませた。

寒くなってくるとそんなことを思い出すんだ。

それで、ゆんべ(昨夜)「今でも桑原があるんだんべぇか」と思ってネットで国土地理院の25000分の1の地形図を見て探したけど・・・ねぇ、どこにもねぇんだ。

群馬県がだめだら(だめなら)長野はどうだ。やっぱりねぇ。
栃木もねぇ。
八王子で蚕を飼ってるとこがあるって聞いたんで探したけどねぇ。
国立信州大学に養蚕研究所があるっつうんでその辺を探しても、東京の国立東京農工大学の近辺もねぇ

和歌山県に、桑の葉っぱで人間のサプリメントを作ってるとこがあるっつうんでその近辺を見たけどダメ。

大げさに言やぁ、俺の望郷の一場面を作る舞台がこの日本から消えちゃったんだ。
時計を見たら、そんなことで、2時間半もパソコン画面とにらめっこをしていた。

a0290852_10433538.jpg

多国者

・・・実は・・・桑の木を見たことがないのです。
町の子です。
a0290852_10504087.jpg

♪♪山の畑の桑の実を 小かごに摘んだは まぼろしか〜」・・♪♪・・と言う歌がありますが、これはいつごろの季節なのでしょう。

 それは梅雨入りのころです。

ネットで検索したら、煮て食べる?
そんな調理方法がありました。

 桑畑で生でそのまま食べるのが一番おいしいです。

いかなる味なのでしょう?
食べたことありますか?

 食った、食ったぁ。どどめっつってこの季節の御馳走だった。

桑の実っつうなぁ真っ黒に熟したんが一番うんめぇし、種類によっちゃぁ黒くなんねぇで半透明な薄紫のもある、こいつぁ上品な味がしてうまかったなぁ。

山の畑の桑の実は小籠になんか入れねぇでくちい入れるんが一番いい。
おらぁ、紫のウンコが出るくれぇ食った。・・・・こらぁ少々下品だったな・・・・・反省。

だけど、なかにゃぁ「ワクサ」っつってカメムシのことだけど、あいつが食いかけたんがあるんだ、そいつぁ臭くって食えねぇで吐き出したっけ。

まだこの話に絡んだこぼれ話もあるけど、おらぁ、仕事をしなくっちゃぁなんねぇから、この辺でよすべぇ。

みんな、サブくなったから風邪ぇ引かねぇ様に気ぃ付けてくれやぁ。

あの、桑に肥やしぃくれたときのことをおもやぁこのぐれぇのさぶさなんかあんきなもんだけどな。

多国者

もっと聞きたいな~~



by gunmaotoko | 2013-12-17 00:00 | Comments(2)


群馬で生まれ群馬で育った男のブログ 今は故郷を離れ遠くの町から  こよなく群馬を愛する男と、群馬を全く知らないひととのブログです。


by gunmaotoko

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

以前の記事

2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
more...

検索