人気ブログランキング |

群馬出身の望郷男と、群馬県のこと知らない他国者が、勝手に書き込んでいるブログです

2013年 10月 17日 ( 1 )

2013年 10月 17日

おらぁ無実だった。ぎんなんの思い出

(137) 望郷 ぎんなんの思い出


ぎんなん拾いと言えば、NTV系列の人気番組”笑点”の中で三遊亭小遊三師匠は秋になるとぎんなん拾いに忙しいと言って笑わせるが・・・。

そのぎんなんでひとつ思い出がある。
a0290852_17404444.jpg
あらぁ、俺がまだ小学校3年くれぇの時だったと思う。

このぐれぇのころの遊び仲間はもう決まっていて、いつもおんなじ顔ぶれであっちこっちでいたずらばっかしていた。
こらぁ田舎の子どもだったら誰だっておんなじようなことをしてるだんべぇと思うけどなぁ。

ちょうど銀杏の葉っぱが黄色くなるこの季節のある日、学校からけぇって遊び仲間の親分株のセィちゃんちぃいってみると、セイちゃんは青い顔をしていたんだぃ。
「セイちゃん、今日はどうかしたん?」というと、「警察から来いっつわれてるんだぃ」
俺もびっくりして、「どうして?、なんかわりぃことをしたんかぁ?」と聞くと・・・・・

「あすこの〇〇ちゃんの裏の方にお墓があるだんべぇ、あすこのぎんなん拾ったんがわりいんだっつうんだぃ」
「へぇぇ、おらぁ拾わなかったで」そんときゃぁおらぁホッとしたっけ・・・。

a0290852_20524385.gif
そのうち仲間が集まってきた。
「おらぁ一緒に拾ったいなぁ」
「おらぁ、あんときはいなかった」
いろいろ言い出した。

そこでガキ大将のセイちゃんが言った。
「みんな友達なんだから一緒にいくべぇや」

今考えりゃぁ、あんときゃぁ、あとで仲間外れが怖かったんだんべぇと思うけど、「そうだみんなでいくべぇ」ッつうことで6~7人がみんなで警察へいった。

セイちゃんは先頭に立って警察ぃへぇって行って「ぎんなん拾ったもんで来たんだけど」というと、警察官は始めはなんだかわかんなかったようだったけど、そのうち話を聞いて分かったようで・・・

「お、そうか、それじゃぁ、”もうやりません”つうことでここぃ名前ぇ書いていけ」と言って紙を出した。
みんなで順々になめぇを書いたけど、いま考えぇりゃぁあらぁ”始末書”だったんだいなぁ。

だからおらぁ、無実の罪で始末書を書かされたわけだぃ。

a0290852_17455471.png
葉っぱが黄色く色づいた銀杏の木の下に落ちているぎんなんを見るとこのことを思い出すんだ。



だけどその現場も今じゃぁ、新しい道路ができて、お墓もなくなったし、ぎんなんの木だってねぇ。
あのこらぁ、ぎんなんを拾われたくれぇで大人が目くじらぁ立てて怒ったころだったんだいのぉ。
いまじゃぁ俺んちの実家のお墓ぃ行く坂の下にぎんなんがいっぺぇ落ちるけど拾う人なんかいねぇやい。
a0290852_18212035.jpg


ありゃぁ臭せぇし、かぶれるもんでみんなきらうんだ。食やぁうんめぇんだけどなぁ。




他国者

a0290852_0193953.jpga0290852_0195073.jpg

a0290852_0203083.jpga0290852_0204718.jpg

そして・・・・火を入れると・・・・翡翠色の美しい緑色になる

a0290852_028448.jpg




a0290852_22513621.gifa0290852_22515286.gifa0290852_2252879.gif a0290852_225385.gif


a0290852_6264380.jpg




by gunmaotoko | 2013-10-17 00:01 | Comments(0)


群馬で生まれ群馬で育った男のブログ 今は故郷を離れ遠くの町から  こよなく群馬を愛する男と、群馬を全く知らないひととのブログです。


by gunmaotoko

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

以前の記事

2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
more...

検索