群馬出身の望郷男と、群馬県のこと知らない他国者が、勝手に書き込んでいるブログです
2018年 02月 15日

群馬榛東村の巨大ロボット、LW-MONONOFU

(906)ガンダムを思わせる巨大ロボット


操縦できる!巨大ロボット 群馬のメーカー開発「親しんで」

 群馬県榛東村の機械メーカー、榊原機械が高さ約8・5メートル、重さ約7・3トンの巨大人型ロボット遊具「LW-MONONOFU(もののふ)」を開発した。
実際に乗って操縦、2足歩行して手に装着した空気銃からボールを発射することができる。開発者は「気軽にロボットに親しんでもらいたい」と話している。

 榊原機械は、家畜のふん尿を堆肥処理する機械などを製造。機械の設計や制御装置の技術を生かしてアニメ「機動戦士ガンダム」のような乗れるロボットを作れないかと考え、開発課の南雲正章さん(44)が平成17年、高さ約3・4メートルで胴体と2本脚だけのロボット「ランドウォーカー」を開発した。

榛名山の東麓に位置する榛東村の中心部にある工場で、こんな楽しいものが作られています。

榊原機械・本社
a0290852_22132592.png


 子供でも乗って歩かせることができ、イベントなどでレンタルの依頼が相次いだ。「より人型に近く、巨大なものを」と、6年かけて1人で開発したMONONOFUは、外国人にもアピールしようと、頭に侍をイメージしたかぶとをかぶせた。顔には青い発光ダイオード(LED)ランプが目のように光る。

 定員は1人。地上約6メートルのコックピットにリフトで上がり、モニターを見ながらペダルやレバーで操縦すると、すり足で歩く、上半身をねじる、手の指や肘を動かすなど、多彩な動きができる。転倒防止のため膝など脚の関節は曲がらない仕様で、安全性にもこだわった。

 分解すれば、保管している同社の工場から輸送が可能で、レンタルの相談にも応じる。南雲さんは「特殊な訓練を積んだ人だけではなく、誰でも乗れるロボットを作りたかった。ガンダムのように、多くの人に楽しんでほしい」と語った。

LW-MONONOFU(もののふ)

a0290852_982032.png


もののふの上半身

a0290852_9592219.png



この動画は2010年の物で、今回のもののふよりも小さく子供でも操縦できる機種の映像です。
Kid's Walker(キッズウォーカー)



これはまた別の機種・キッズウォーカー・サイクロプス


もう一つこれは大人が楽しんでいるようだ。
LANDWALKER(ランドウォーカー)


群馬男

こんなのを見ると、俺も乗って操縦してみたくなってくる。
童心に帰るっつうんかなぁ。

地味な物を作ってきた会社で、こんな遊び心満載のことをやらせておいた社長の太っ腹に感服した。

おれ乗って操縦してみてぇなぁ。(これ本心)


他国者

自動車産業を中心とした2次産業が集積する「ものづくり県」として存在感を発揮する
群馬県

小学校の男の子にしてみればこんなのに載って操縦するなんてことは、夢のまた夢だろうと思う。

詳しくはわからないけれど・・・・・ これがガンダム?

a0290852_2040056.png




by gunmaotoko | 2018-02-15 20:40 | Comments(1)
Commented at 2018-02-16 14:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


群馬で生まれ群馬で育った男のブログ 今は故郷を離れ遠くの町から  こよなく群馬を愛する男と、群馬を全く知らないひととのブログです。


by gunmaotoko

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

以前の記事

2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
more...

検索