群馬出身の望郷男と、群馬県のこと知らない他国者が、勝手に書き込んでいるブログです
2017年 02月 10日

福寿草

(727)・福寿草の季節です・・


a0290852_9274358.jpg


下仁田町  「虻田(あぶだ)福寿草の里」が2/18OPENします。

「虻田福寿草の里」が今年も開園の時期を迎えました。
地域住民が育てた福寿草約15,000株が園内を黄色く染め上げ、2月下旬からは約1千本の紅梅が咲き始めます。
開園中は地元農産物など販売され、3月4日(土)には「福寿草まつり」が開催。きのこ汁の無料サービスなどが行われます。

a0290852_20254891.jpg 開園期間 2月18日(土)~3月26日(日)
 開園時間 9時~16時
 場  所 群馬県甘楽郡下仁田町大字中小坂2590
※カーナビは、この住所で目的地設定してください。
 協力費  大人300円 小学生100円

上信電鉄 下仁田駅より町営バス「中之岳線」に乗り下虻田(しもあぶだ)下車、徒歩5分

上信越自動車道 下仁田ICから約20分


親切な案内図

a0290852_108636.png

a0290852_23134672.jpgR254から 県道51号に入り、下虻田バス停のところに看板があります。そこを左折して、すぐです、うっかり通過したときは焦らず、次のT字路からも、その次の虻田バス停を左折して進むと同じところに出ます。
基本は「福寿草の里」の看板がある、バス停と横断歩道のあるT字路です。
路が狭いですからご注意を。





もう一つ 福寿草

木馬瀬(ちませ)の福寿草自生地 (安中市松井田町)

フクジュソウ(福寿草)は、ギンポウゲ科の多年草。里山の早春を彩る代表的なスプリング・エフェメラルです。
“福寿草”という名前はとてもおめでたい感じがしますね。
旧暦の正月頃に咲き始めるので、人々に新春を告げる花として“元日草”や“朔日草”とも呼ばれます。


安中市松井田町上増田地区に自生する約2万株の福寿草自生しています。
約1,500平方メートルの小山が黄金色で埋まる程の福寿草の自然の群落地です。

安中市松井田町上増田の木馬瀬(ちませ)地区には、群馬県を代表するフクジュソウの自生地があります。
例年2月初旬から3月上旬が見頃だそうです。

松井田市街地から県道33号渋川・松井田線を倉渕方面へ。上増田木馬瀬の増田川左岸にある小山が福寿草自生地です。昭和62年に松井田町(当時)の天然記念物に指定されています。
「砦の湯」という温泉の近くです。



木馬瀬(ちませ)には、この福寿草にまつわる伝説が残されています。
a0290852_9351764.jpg
『幕末の偉人、小栗上野介(小栗忠順)が、勘定奉行を罷免され、領地の権田村(現、高崎市倉渕町権田)へ向かう途中、木馬瀬に幕府の軍用金を埋めた。この黄金が日の目を見ることなく地中に埋もれていることを悲しみ、地上に萌え出して黄金色の花を咲かせている。』
この伝説との関わりは分かりませんが、自生地の小山の頂上には小さな石の祠があります。

小栗上野介の黄金を守る神様が祭られているのかもしれません。
ここのフクジュソウはあとから植栽したものもありますが、大部分は自生していたものだそうです。

この画像は植栽された種類の福寿草です。
a0290852_2233156.png


群馬男

でもこの山ほりかえしてみてぇなぁ。
何年か前に一回行ったことがあったけど、結構でけぇ山だから、重機でも持って行かねぇと掘り返せねぇだんべぇなぁ。
これも夢があっていいじゃねぇか。

他国者

群馬男が丁寧に書いてくれたので 他国者は何も書くことがない!

福寿草(ふくじゅそう、ふくじゆさう) 


福寿草は、花のこがね色とその名がめでたいことから新年の花とされる。
元日草ともいわ れるように、古くから元日に咲くように栽培されてきた。

『毛吹草』 

毛吹草(けふきぐさ)は、江戸時代の俳諧論書。(正保2年、1645年)刊行。
編者は松江重頼。7巻5冊 より構成される。1647年には3冊の増補がされた。同年5月に成立した鷹筑波集と先作 争いが底流にあり、序文には1638年1月成立と記述されている。

福寿草は昔からあった花です。

a0290852_12154210.jpga0290852_12155738.jpg

人参と福寿草

 
実証的見解 キンポウゲ科フクジュソウ属の多年草で丈は十センチほど。観賞用に栽培されるほか日本 各地に広く分布しています。
花は黄色で、人参に似た葉を持つ。





[PR]
by gunmaotoko | 2017-02-10 20:05 | Comments(3)
Commented by あきちゃんパパ at 2017-02-17 07:58 x
群馬では、上州名物の空っ風が毎日のように吹き荒れています。

ここ数年暖冬の影響が、あまり空っ風が吹かなかったように思います


しかしながら、春の気配が感じられるようになりました。

会社近隣のウメ林では白梅と紅梅が咲き始めました。

社内庭園でも、マンサクの黄色い花が咲いています





今日は春一番の予報有り

もうすぐ春ですね
Commented at 2017-02-26 21:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gunmaotoko at 2017-02-26 22:57
yyyuki さま
コメントありがとうございます。
そういうご指摘をいつも待っているのです。
実は無責任なような話ですが私自身は現地に行ったことがあるわけではなく、極力情報は正確にしたいと思いまして、Googleのストリートビューで探したら、いろんな画像やホームページなどを調べてアップしています。
この地図はgoogleのストリートビューを切り抜いたものです。
道路の角がちょっと高くなっていて石碑がたくさんあるところの向こうに駐車場のような空き地がありましたが、あそこが受付場所なのでしょうね。
でもこの場合はあの近くに行けば迷うことはないでしょうね。
これからもお気づきのことがありましたら、教えてください。私も群馬県生まれですが、実家は磯部です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


群馬で生まれ群馬で育った男のブログ 今は故郷を離れ遠くの町から  こよなく群馬を愛する男と、群馬を全く知らないひととのブログです。


by gunmaotoko

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
more...

検索