群馬出身の望郷男と、群馬県のこと知らない他国者が、勝手に書き込んでいるブログです
2016年 11月 18日

発見!!西上州の魅力博

(686) 紅葉は終わっても、西上州は魅力満杯

西上州観光連盟キャンペーン事業「発見!!西上州の魅力博」】
11月26日(土)午前10時~午後4時まで、西上州観光連盟キャンペーン事業「発見!!西上州の魅力博」を開催いたします。

a0290852_21453191.jpg



西上州地域おすすめの体験型店舗や物産品の展示販売、ゆるキャラとの記念撮影や握手会、正解者には名産品が当たる〇✖クイズなど、西上州地域の魅力あふれる内容となっています!
ぜひスマーク伊勢崎1階 はるなプラザまでお越しください!

日   時:11月26日(土)午前10時~午後4時
場   所:スマーク伊勢崎1階 はるなプラザ
体験ブース:だるま絵付け体験(高崎市)
      キャンドルポット作り体験(藤岡市)、
      まゆクラフト体験(富岡市)
      こけし絵付け体験(榛東村)
販売ブース:お菓子詰め合わせセット(安中市)
      サウルスくんグッズ他(神流町)
      下仁田ねぎ、こんにゃく他(下仁田町)
      炭まんじゅう他(南牧村)
      オリジナルボールペン他(群馬バス)
お問合せ先:西上州観光連盟事務局(高崎市観光課内)
      027-321-1257

他国者


「西上州」
高崎市、藤岡市、富岡市、安中市、上野村、神流町、下仁田町、南牧村、甘楽町の9つの市町村

奇岩染める紅葉 妙義山  この山も西上州にあるのです。

a0290852_7325593.jpg 群馬県の富岡、安中、下仁田の3市町にまたがってそびえる妙義山の木々の葉が、赤色や黄色に染まり、独特の岩肌に彩りを添えている。

上毛新聞から


群馬男

西上州のもう一つの銘山

西上州で忘れちゃなんねぇ銘山を・・・・日本二百名山に選ばれている山。切手にもなっている。
a0290852_1844384.jpg



それが、荒船山。
この山のふもとの方に昔、蚕の卵を保存せていた洞穴があって一時騒がれたところ。
我が家の方から見ると、まず妙義山があって
妙義山
a0290852_18151048.jpg


高台に上って妙義山からずーっと南の方に目をやると、こんな山がある
それが荒船山だ
a0290852_1817218.jpg


不思議な形の山だが、俺はその頃のことは知らないがネットによると、元は火山だったが長年の間にだんだん浸食されてこんな形になったんだそうだ。
群馬県(下仁田町)と長野県の境目にあるが、境目を選んで山ができたわけじゃなくって山の所を人間が境目にしたんだんべぇ。

おらぁこの山に思い出がある。
俺がまだ学齢前だったかもしれねぇ。(幼稚園なんかなかったころ)

碓氷川段丘の上にある畑に父親と一緒に行ったとき、父親に聞いた。
「あの、妙義山のずーっと向こうの方にある上がてぇらなとこはなに?」
「あれかぁ、あれは山だ」
「だけど、山ぁみちょうなかたちしていねぇよ。なんつう山だぃ?」
「あれは、荒船山っていうんだ」
「ふーん、あのてぇらなとこはなにんなってるん?」
「さぁ、どうなってるんかなぁ、わしも行った事がねぇから知らねぇやぃ」

俺は小学校に上がる前に荒船山と妙義山は知っていたことになる。
近くで見るとこんな形の山だ。
a0290852_1829232.jpg


スリルがあって、見晴らしがよくって、ふもとには温泉もあるし、一度登ってお天気に恵まれれば誰もみんな満足するようだ、でもほとんどの人が、もう一回行こうっていう気にはならないというから不思議な山だ。

ちなみに俺は行った事がない。


ここに上ると、眼下に神津牧場がよく見えるそうだ.

神津牧場
a0290852_18544066.jpg


他国者

荒船山は何で山頂がまっ平らなんでしょう?
a0290852_2021143.jpg


群馬男

お答えします

このあたりは950万年ほど前に火山が大噴火して山が出来ました。その後火山の中央部が大陥没して再びあちこちで噴火や陥没が起こり、度重なる噴火の折に硬い溶岩が平らに流れたところです。
その後、600万年ほど前からは噴火はありませんが、その後長い時間をかけて浸食され、硬い部分は残り柔らかい部分は流れ落ちる、これを「差別浸食」と言い、こうしてできた地形のことを専門用語で「メサ」と言います。
平らな硬い溶岩の表面と、陥没や浸食を免れたところだけ残って、今のようなメサの姿になったとされているようです。
東西の幅数百メートル、南北の長さ2キロメートルにも及ぶのような地形が続いています。
一番北側の断崖に見える部分が、船尾に見えることから艫岩(ともいわ)と呼び高さ200メートルの断崖絶壁、一番南のぽこっと高くなっている山が空海が経典を収めたといわれる経塚山(1422)です。
全体が荒波を蹴立てて進む巨大な船のようにも見えるところからこの名前が付けられたといわれている。


まだこのほかに

下仁田町の山の中にゃぁ珍しいっつうか、不思議な岩がある。
それが、じじ岩・ばば岩だ。
これに関してはここをクリックすると詳しく書いてある。
本当に不思議な岩だ。



by gunmaotoko | 2016-11-18 20:05 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


群馬で生まれ群馬で育った男のブログ 今は故郷を離れ遠くの町から  こよなく群馬を愛する男と、群馬を全く知らないひととのブログです。


by gunmaotoko

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

以前の記事

2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
more...

検索