群馬出身の望郷男と、群馬県のこと知らない他国者が、勝手に書き込んでいるブログです
2016年 10月 25日

魅力度ランキング

(674)群馬県人は一喜一憂せず

魅力度ランキング 群馬は全国45位 ワースト3は北関東

45位 群馬県 46位栃木県 47位茨城県


民間シンクタンク、ブランド総合研究所(東京)は19日、都道府県や全国の市区町村に関する「地域ブランド調査2016」を公表した。20~60代だった分析対象を今回から20~70代に広げ、昨年分を再集計した結果、群馬県は魅力度ランキングで45位となり、前年から順位を一つ下げた。

【認知度は36位、観光意欲度44位】

調査は6~7月、インターネット上で行い、3万0372人から回答を得た。ネットを利用する高齢者が増えている状況を受け、分析対象を拡大した。20~60代の分析では、群馬県の昨年の順位は45位だった。

都道府県別のほかの主要なランキングで群馬県は、認知度36位(再集計後の前年は40位)、
情報接触度24位(28位)、
観光意欲度44位(44位)、居住意欲度38位(42位)など

 
魅力度ランキングのトップは北海道で8年連続。茨城が4年連続の最下位、栃木は46位で、北関東3県がワースト3を占めた。

また、1000の市区町村を対象にした魅力度ランキングは、函館市が3年連続1位。県内市町村は草津町41位(68位)、高崎市221位(332位)、富岡市258位(188位)、嬬恋村322位(232位)などだった。

a0290852_2247894.jpg


他国者

北関東はこんなにも評価が低いのだろうか。
魅力がない?

群馬県は、「温泉で有名な草津町などの観光地があります。
また、こんにゃくやネギの産地としても有名です。こうした魅力が残念ながら、群馬県のイメージにつながっていない。

他国者もこの群馬ブログを書く前は 群馬県ってどこにあるの???でした。

群馬男

この調査結果を見て、俺はこう思う。負け惜しみでもひらきなおりでも何でもねぇよ。

コンピューターでいろいろな設問に答える。
おそらくその設問の最初の方に

あなたは群馬県がどこにあるかわかりますか?
A 知っている。 B よく知らない。 C 全く分からない。

この質問に回答者全体の中のAと答えた人の占める比率で認知度なるものが算定されると思う。
BまたはCと答えた人は群馬県がどこにあるかさえよく解らない人です。
これで、群馬県の所在地の認知度は解ります。
これで質問が終わりならそれでいいのですが・あるいは、B、Cと答えた人は人は次の回答を打ち切ったのならわかります。

認知度が36%としたら回答者のうち64%は群馬県を知らない人が答えているのです。
群馬県がどこにあるかさえわからない人に、群馬県の魅力度なんかわかりますか、まして、居住意欲度なんかわかりますか。

私の意見としては、このような調査結果に群馬県人は一喜一憂する必要なんかないと思います。
何の参考にもならないでしょう。
私は、空っ風は嫌いですが群馬県は大好きです。

私は、静岡に来て間もないころにある奥さんからこんな話を聞きました。
その人の旦那さんが、商品を背負って、日本中を行商していたそうです。
安いい商人宿に泊まって、お昼用におにぎりを作ってもらって、行商先でお昼に食べていたそうです。
ある日群馬県に入りました、商いを終わって、丁度お昼になったある農家で
「ちょうど時間になったので、お昼を食べたいのですが、道端ではなんですから、お宅の庭先で食べさせていただいてもいいですか?」と聞くと、
「庭先じゃぁ寒いからそこの縁側で食べりゃぁあったけぇからと言って座布団を出してくれて、たくあんと熱いお茶を出してくれたたそうです。

画像はイメージです
a0290852_9335431.jpg

「群馬県にはそんなお宅がたくさんあったとうちのお父さんは話していたよ」いう話でした。

群馬の県民性は、自分をやたら表に出さないが、心のうちに秘めたやさしさの持ち主だという事さ。

今日は標準語で書いちゃった。

他国者

標準語で書いちゃった 群馬男 
群馬県の言葉 上州弁は忘れてしまったのでしょうか?



[PR]
by gunmaotoko | 2016-10-25 20:05 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


群馬で生まれ群馬で育った男のブログ 今は故郷を離れ遠くの町から  こよなく群馬を愛する男と、群馬を全く知らないひととのブログです。


by gunmaotoko

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

検索