群馬出身の望郷男と、群馬県のこと知らない他国者が、勝手に書き込んでいるブログです
2016年 09月 23日

水上温泉バル

(660)水上温泉をバルではしごしませんか

水上温泉バル・・・・・・・これ何?

バルとはなんぞや
バル、は食堂とバーが一緒になった飲食店. 英語ではバー(bar)、 イタリア語ではバール、スペイン語ではバルと言います。 でも、日本に昔から存在している「バー(BAR)」とは少し意味合いが異なります。早い話が、気楽に飲み食いできる店って言う事じゃないかな。
別の意味でバル(Bull)は去勢してない暴れ牛のことだけど。
くれぐれも温泉街で飲みすぎて暴れ牛にならないように・・・。


「水上温泉バル」は温泉街や水上駅前のお店が連携してお客様をおもてなしする、地域回遊型の呑み歩き、食べ歩きのイベントです。

開催日09月30日(金)、10月01日(土)、10月02日(日)

普段なかなか行けない温泉街のディープな夜のお店をはしごしよう!それぞれのお店では、バル専用メニューをご用意。
バルチケットを購入して3軒のお店を呑み歩き食べ歩きします。
お得に楽しく飲み歩けます。

要するにはしご用のチケットと言ったところかな。
a0290852_17194917.jpg


水上温泉バル〜呑んで食べて温泉街巡り〜【みなかみ町】

むかし、こんなフレーズのCMがあった。

”君はいま、水上あたり〇〇風呂”

これは

”君は今、水上あたり バル歩き”

「所で水上温泉つうなぁどこらへんにあるんだい?」

水上温泉はここです。
a0290852_9325174.gif


ここで群馬男の思い出ばなし
まだ俺がちいせぇ時に聞いた話だけど、俺のおばあさんが水上温泉に行ったときの思い出話をしてくれたことがあった。
計算すると、おばあさんは昭和の初めころに水上温泉に行ってきたようだった。

高崎まで汽車で行って、高崎で別の汽車に乗り換えて、沼田っつう駅まで行くんだ。
そこで汽車を下りて、こんだぁ馬車に乗るんだ、坂道を馬はふうふう言いながら引っ張っていくんだ。
馬もくたびれただんべぇと思ったけど、乗ってる私らだってたいへんさ、でこぼこの砂利道で馬車はがたがた揺れる、腰は痛い、ケツもいたい、旅館に着いたときはもうへとへとさ。
あんまりケツが痛かったんで、温泉に入るときに鏡で自分のケツを見たら、真っ赤になって、猿のケツみてぇだった。

昭和6年に清水トンネルが開通するまでは汽車は沼田までしか行かなかったから、その先は歩くか馬車に乗るしかなかった。

バルの使い方は

①チケット販売店にてチケットをゲット!3枚1セットになったバルチケット(2000円)を購入します。   

②マップの参加店舗の中から、お気に入りのお店を3店よ〜く選びます。

③チケットとマップ片手にバルスタート!選んでいただいた3つのお店で「バル提供メニュー+ワンドリンク」をお楽しみいただきます。
飲み足りない場合は追加料金で・・。

他国者

これなら 入りずらい温泉街の飲み屋も安心して入れます。

温泉バルのチラシ → こちら


群馬男

俺は個人的にゃぁ温泉街で飲み歩くなんつうのは好きじゃぁねぇけど、これはおもしれぇかもしんねぇなぁ、だって先にチケットを買っておくんだから、飲み始めて懐が寂しかったら、追加料金を払うほど飲まなけりゃぁいいんだから、こらぁ安心だ。

みなかみ町っつうのは、昔は水上町って書いたけど、うんと山ん中まで広がって、でっけぇダム湖をいくつも抱えるようになって、名前もみなかみ町って書くようになった町だ。
広い町だけど、水上温泉の温泉街はそんなに広いわけじゃねぇ。




このエリア 空から見てみよう







by gunmaotoko | 2016-09-23 20:05 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


群馬で生まれ群馬で育った男のブログ 今は故郷を離れ遠くの町から  こよなく群馬を愛する男と、群馬を全く知らないひととのブログです。


by gunmaotoko

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

以前の記事

2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
more...

検索