群馬出身の望郷男と、群馬県のこと知らない他国者が、勝手に書き込んでいるブログです
2015年 01月 27日

桑の木

(365)今では珍しくなった「桑の木」の苗・・・・・・・・・


多国者

人生未体験 桑の木の本物を見たことありません。

市場では桑の木は売っていません~~~

その桑の木を買うことができる。本物見てみたい。

桑苗の販売について

 蚕糸技術センターでは、接木育成した桑の実採取用や園芸用のめずらしい桑品種の苗木を数量限定で販売します。商品開発を進めたい方や家庭で桑を育て楽しみたい方など大勢のみなさんからのご応募をお待ちしています。
 なお、数量限定のため、希望者多数の場合は調整しますので、その際はご了承願います。



詳細は → 群馬県HP

申込期間 平成27年2月2日(月)~16日(月)まで

県外在住者も購入できます。


多国者

桑の木 見たことないのです。
植えたら大きくなる?
花は咲くの?
実もなるの?
観賞用にはむかないのですか?
盆栽のように育てることはできますか?

こんなレベルでは・・・申し込めませんね!
とりあえずこの質問に群馬男が答えとくべぇ。
桑の木は地植えにして枝を切らねぇでおいたら、5m以上の大木になる。昔は静岡市駿河区手越(安倍川橋の西側、ちょっと下ったあたり)にでっかい桑の木があったけど道路を広げるんで切っちゃった。

桑の木だって花が咲かなくちゃぁ実はならねぇけど、花はちょっとわかんねぇくれぇちっちゃぇ地味な花だ。桑の実の周りに毛虫みてぇに絡まって咲くんだ。

一番下の滝の写真の下に桑の花の写真を添付しといたからよかったらみてくんなぃ。
だけど見て、ガッカリしたっておらぁしれねぇよ(笑)。


実はどどめっつって紫色の熟すと甘い実がなる、それがマルベリーっつうやつだ。

俺の子供のころは桑の木を観賞用にするなんつう事は聞いたことがなかったけど、いまじゃぁ観賞用に葉っぱのちいせぇ種類があるんじゃねぇかな、枝を切ってもいくらでも新芽を吹くから盆栽にゃぁ作りやすいんじゃねぇかな。

群馬男

世の中にゃぁ変わったことを考える人がいるもんだいなぁ。

a0290852_2010168.jpg俺の子供のころは、桑っつうなぁお蚕の餌にするくれぇしか使い道はねぇと思っていたけど、いまじゃぁ、あのどどめ(マルベリーって言うらしい)を採るために植えたり、観賞用っつうからビックリだ。



そもそも桑っつうなぁ、桑の実(どどめ)の種から増えるんだけど、ただその実を蒔いてもいい木にゃぁならねぇんだい。
どどめがよーく熟すんを待ってその実を洗って、中の白ごまみてぇな種ぇ採って干して、それを蒔くんだ。

芽が出て根がある程度伸びてしっかりしたら、冬に、それを台木(根になる部分)にして、桑畑の桑の枝を採ってきて穂木にして接ぎ木をするんだ。

a0290852_2014431.jpg繋いだとこは指を怪我した時見てぇに包帯をして、穂木のあたまだけだして埋めとくんだ、接ぎ木が活着すれば春んなると穂木から芽が出てくる。
そのまんま育てて1mくれぇの苗木になったら、畑に植える。
商売の取引もそのくれぇの苗んときだろう。


接ぎ木は実家の兄貴はよくやっていたっけ。
おらぁ手伝ったわけじゃぁねぇけど、好奇心の強い俺は、なんでもじっくりみていたんだいなぁ。
穂木はうちの畑で一番素性のいい葉っぱのよく育つ木の枝をつかう。

品種によっちゃぁ挿し木もできるようだけど、おらぁ見たこたぁねぇ。
これが挿し木で根が出たときの様子だ
a0290852_20395831.jpg


一番人気は「ろそう」っつって木の育ちはいいし、葉っぱもでっかくよく育つしゅるいだ。
それから、ネズミ返しなんつうんもあった。

有る時母親に「なんで鼠がえしなんつう名前がついたん?」て聞いたことが有った。
母は「この木は葉っぱがうんとつく種類で、鼠が枝に上るべぇと思っても葉っぱが邪魔で登れねぇで帰ってくるからさ」

そうゆうのが養蚕農家にゃぁ好かれる品種だったっつう訳さ。

桑のことはまだまだ書きてぇことがあるけど、このくれぇにしとくべぇ。
いまじゃぁ、蚕の餌にするより、人間が食うどどめ、すなわちマルベリーを取る為の桑の木に品種改良されたのが多くなっているようだ。
だから葉っぱがこんなに小せぇ。
a0290852_20553010.jpg


桑の木はうんとでっかく育てると、その木目が独特で美しいんで木工の材料になる。
a0290852_12105783.jpga0290852_12134018.jpg


桑の苗を買いてぇんだッたら秋に売られる。今の時期は、はぁねぇだんべぇと思う。
ここを見て

多国者

マルベリーというものが桑の実だった。

なんだ~~~
果実はほとんど市販されていないため食べたくなったら自分で育てるしかない!


群馬男

俺も挿し木ぃやってみるかな???。

静岡でも養蚕してた????



先日従兄弟の家に行った帰りに見かけた養蚕農家らしい家が気になっていた。
この話は俺のもう一つのブログ よしブログに書いたんだけど、今日その従兄弟の葬儀で、その家の近所のお年寄りにあったんで聞いてみた。

この家が静岡市北部(南沼上)で見かけた家
a0290852_2182785.jpg


「あのあたりでも昔は養蚕をやってたうちがあったっけだか?」
「うん、うちのあたりでもやってるうちは結構あったけなぁ」
「だけど俺が初めてあの村に行ったときは、どこを見たって桑の木なんか一本もなかったっけよ」
「いつ頃のことだね」
「あれはたしか昭和43年のことだけど」
「そんな最近じゃぁねぇよ、わしらが子供の頃だもの、終戦の頃さ」
「あぁ、そうかい、それじゃぁ桑の木なんか見かけなかったはずだねぇ」

と言うわけで、静岡市北部でも終戦頃までは養蚕をやっていたことがわかった。




記事とは関係ない画像
和歌山県新宮市・桑の木の滝
a0290852_2129373.jpg





桑の花の写真
a0290852_22334092.jpg

どどめがくえるころにゃぁ花弁もみんな落ちてしまうので、あまり見かけないがこれが桑の花。
お世辞にも綺麗な花とは言えない。
[PR]
by gunmaotoko | 2015-01-27 22:00 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://gunmaotoko.exblog.jp/tb/20808037
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 桜井 at 2015-01-28 18:41 x
そう言えば桑の花を見たことありませんね。

どどめは小さい頃食べました。

紫に熟す前の赤いのが好きです。

桑の盆栽、初めて知りました。

こうやって、小さく育てるのも楽しいと思います。

Commented by gunmaotoko at 2015-01-28 22:42
桜井さま
コメント有難うございます。
桑の花の写真をこの記事の一番下の、滝の写真の下に添付しましたからご覧ください。
改めてみてがっかりするかもしれません。決してきれいな花ではないです。
養蚕の早い時点(まだどどめが熟す前です)で切ってきた桑にはこの花が付いていることが有りましたので覚えがあります。
赤いどどめはちょっと酸っぱいですよ。
紫がかった水晶のような色に熟す種類もありましたね。あれは美味しかったです。
この盆栽は葉っぱを小さく改良したものなんでしょうね。私も初めて見ました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


群馬で生まれ群馬で育った男のブログ 今は故郷を離れ遠くの町から  こよなく群馬を愛する男と、群馬を全く知らないひととのブログです。


by gunmaotoko

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

検索