群馬出身の望郷男と、群馬県のこと知らない他国者が、勝手に書き込んでいるブログです
2013年 02月 14日

高崎の観音様

 (38) 高崎の観音様(高崎白衣大観音)


やっぱり群馬県と言ったら、この観音様を紹介しなくっては始まらない。

今は新幹線ですぅーっと行っちゃうから気が付かない人も多いけど、昔は、東京のほうからは、上野発の電車で群馬県に入って、しばらくすると本庄を過ぎて倉賀野あたりまで来ると遠くの方の山の上に観音様が見えてくる。

200mほどの山の上に、身の丈50m近い鉄筋コンクリートの観音像が高崎市街地のほうを向いて立っている。

これが、高崎白衣大観音 市民は高崎の観音様と呼んでいる。

昭和11年にこの地の建築会社井上工業(現存しない)の創立者が建てたもので、のちに高崎市に寄贈された。
a0290852_2283424.jpg


・・・・・・・・・

観音様と言えば、思いだすことがある

私の通った高校の当時の校長は生徒の気持ちのわかる人で生徒に人気があった。
毎年四月の桜が満開になるころに、一日授業をつぶして「新入生歓迎・観音山花見大会」を行った。
入学式から数日後のことだった。

その日は授業の用意は必要なく、カバンも弁当も持たずに登校して、校庭に全員集合して、並んで出発する。

私の学校は当時はJR北高崎の駅にほど近い、高崎市台町にあった。
そこから観音山の頂上まで全員が歩いた。
全校生徒900人がぞろぞろと歩いていった、何キロあったか知らないが結構遠かった。
そして観音様までつくと、担任の先生が出席をとって、解散だ。
あとは三々五々帰るだけ。

さくらの花は咲いているから花見はできるが、それ以上の楽しみは何にもなかったが、一日休みになったことだけがうれしかった。

私が初めて観音様を見たのは小学校4年生の時だった。
学校の遠足で、その時初めて汽車に乗ったのだった。
そのころの観音様は、汚れて黒ずんでいた記憶がある。
今はその名の通り真っ白だ。
a0290852_2226494.jpg


観音像の内部は螺旋階段で9層になっていて、幾体かの仏像が祀ってある、ところどころに小さな窓があって、外の風景を見ることができる。観音様のおへそのあたりの窓が一番大きい。

一見の価値ありと言ったところだ。

他国者

子供の頃 遠かったと思った場所も大人になると こんなに近かったのだということがある。
今回の群馬男の記憶は学校のあった場所が台町 今は警察署がある場所です。
ここから高崎白衣大観音までは 4.32km 高校生なら徒歩で1時間

a0290852_235829100.jpg


群馬男が遠かったという記憶は????
今の滝に行くバイタリティーからみるとお茶のこさいさいの距離
体力・気力はのちにつけられたものなのだろうか?

その日は観音様まで行って現地解散

高校生のわんぱく坊主?
まともに家に帰ったとは思えません。

[PR]
by gunmaotoko | 2013-02-14 00:00 | Comments(5)
Commented by itohnori at 2013-02-18 08:41
群馬男さん、お早うございます。
 ブログを訪問して頂きましてありがとうございました。
高崎の観音様は子供の時行っただけです。
博覧会があり、TV(白黒)が展示してありましたが、それが初めて見たTVでした。
何が写っているのか良く分からない画像でした。(笑
 遠足などで近くを通り、電車の中から観音様が見えると歓声を上げたのも覚えています。
Uターンして群馬に戻ったのですが、一度も行く機会に恵まれていないです。
 これからもよろしくお願い致します。
Commented by すた at 2013-02-19 09:40 x
▼o・_・o▼おはよ~~♪ございます。
はじめまして!
2月14日で68歳になった、おばあちゃんです。
娘二人と孫二人の五人で賑やかに暮らしています。
高崎の観音さまには何年か前に行った事があります。
大きな観音さまですよね~
これからも宜しくお付き合いください。
Commented by gunmaotoko at 2013-02-20 14:16
itohnori さま
コメント有難うございます。
ちょっと旅していたのでお返事が遅れてごめんなさい。
こちらこそよろしくお願いいたします。
記事にも書きましたが高崎には3年通いましたので観音様もおなじみですが、今は遠くに住んでいるためなかなかいけません。帰省した時など気が向くと行っています。
始めて行ったときは、あの太鼓橋の下の象の像のお尻のモルタルがはがれて中の鉄筋が見えていたのを覚えています。
懐かしいです。

Commented by gunmaotoko at 2013-02-20 14:19
すた さま
コメント有難うございます。
ちょっと旅していましてお返事が遅れてごめんなさい。
お誕生日、それはおめでとうございます。なんとお若い。うらやましいです。
こちらこそこれからもよろしくお願い申し上げます。



Commented by 迷道院高崎 at 2013-02-22 13:04 x
はじめまして。
生まれも育ちも高崎の迷道院高崎(めいどいん・たかさき)と申します。

いま、観音様では「赤い糸祈願祭」というのをやってますよ。
http://takasakikannon.or.jp/akaiito/
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


群馬で生まれ群馬で育った男のブログ 今は故郷を離れ遠くの町から  こよなく群馬を愛する男と、群馬を全く知らないひととのブログです。


by gunmaotoko

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

検索