群馬出身の望郷男と、群馬県のこと知らない他国者が、勝手に書き込んでいるブログです
2013年 01月 24日

竹馬の友 来る

相棒よぉ、わりいんだけど、いい話ができちゃったんで、割り込ましてもらうよ。(群馬男)

しょうがねいべ~(他国者) 変かな?

ちいっと違うんだな、それではしかたないでしょうねーーーーあっ、いげねえ、こりゃぁ標準語だったぁ。
本当はーーそれじゃぁ しょうがねえだんべぇなぁーーといいます。

だんべぇ 【笑】 ごめん 他国者

(34) 竹馬の友来る・・・


珍しく仕事をしていてら、固定電話のベルが鳴った。(電話の中ではよしの部分は私の苗字を言っています)
「RRR..............」
「ハイ、よしです」
「こちらねぇ、磯部から電話してるんですけどねぇ、よしさんのとこかな」
「はい、そうです。私がよしです」
「あぁ、よしさんかぁ、私磯部のTKだけど」
「おぉ、なんだTKかぁ、かしこまってなんだね?」
「うん、あのー、焼津ってとこはよしさんちと近くかい?」
「うん、焼津だったら隣の町だけど、なに?」
「焼津に温泉ってあるかい?」
「うん、温泉つったって、伊豆みてぇにいい温泉なんかじゃねぇけど、健康ランドみてぇなところはあるよ」
「あんねぇ、焼津グランドホテルっていう温泉らしいんだけど」
「あぁ、焼津グランドホテルなら知ってるよ、いいとこだよ」
「今度そこへ行くことんなったんだけど、よしさんとこと遠いんかい?」
「遠いつやぁ遠いけど、そんなにたまげるほどとおかぁねぇよ」」

そんな会話を要約すると・・・・

この電話をくれたTK君は同級生で、小学校当時は出席簿が生年月日順だったので、私は17日、彼は19日でいつも私の後ろにいた、彼だった。
私は帰省するといつも彼の店に立ち寄って「いそべせんべい」買ってくる。
彼は磯部簡保の宿の近くで「磯部せんべいの製造販売をしているのだ。

話の内容は、やはり同級生でYS君が運営する野菜直売所(いそべ野菜の会直売所)の出品者とその直売所の顧客の集まりである(いそべ野菜友の会)の会員の中から希望者を募っての旅行なのだそうだ。

TK君はそのちらしをFAXで送ってくれた。

そのチラシによると、静岡県の焼津グランドホテルに泊まって霊峰・富士山をいろんな角度から眺めようという旅と書いてある。
富士山を見るには最高の季節だが、はたしてその日の天候だけが問題だ。

あとは参加者の日ごろの行い次第と言えよう(笑)。

主催のYS君やTK君は同級生だが聞いてみるとほかにも同級生が大勢乗ってくるようだった。
もちろん私の知らない人も大勢いるはずだが、そんなことは同郷のよしみですぐに知り合いになれる。

途中からバスに乗り込んで一緒に旅したい気分だったが、聞いてみると、我が家に近いところに来るのは一日目のコースの最後のほうのようなので、それは諦めて、夕方ホテルで待ち合わせることにして、幹事さんに宿泊だけ一人増やしておいてもらうようにと、TK君に頼んでおいた。

来月の7~8日の予定だそうだ。

旅行に参加する人はもちろんだが私はそれ以上に楽しみだ。

この歌が歌いたくなる。


磯部音頭


煙る浅間よ
  
 妙義の峰よ

碓氷川瀬に

 灯揺れる

磯部恋しや

磯部湯の街

 恋の街







いい歌だなぁこの歌。

*************************************

a0290852_2352420.jpg他国者
磯部せんべいの店主?

これは聞き捨てならぬ 話だ!
土産は磯部せんべいだぞ 
割れせんでいいので ド~~ンと!

期待しよう!

→ こちらのページ 磯部せんべい
[PR]
by gunmaotoko | 2013-01-24 21:12 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://gunmaotoko.exblog.jp/tb/17205944
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


群馬で生まれ群馬で育った男のブログ 今は故郷を離れ遠くの町から  こよなく群馬を愛する男と、群馬を全く知らないひととのブログです。


by gunmaotoko

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

検索