群馬出身の望郷男と、群馬県のこと知らない他国者が、勝手に書き込んでいるブログです
2018年 01月 01日

新年のご挨拶

(号外)新年のご挨拶


a0290852_11594017.jpg


皆様にはご機嫌よく新年をお迎えのことと拝察いたし、こころよりお喜び申し上げます。

私のキーボードはただいまはワンちゃんに占領されていますが、これを片付けてまた一生懸命ブログを書きたいと思います。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
              
               平静三十年 元旦    群馬男こと よし



a0290852_1220567.jpg

他国者もよろしくお願い申し上げます。





                        ・
[PR]
# by gunmaotoko | 2018-01-01 12:21 | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 31日

昼間に除夜の鐘と年末ご挨拶

(885)時代は変わって、昼間に除夜の鐘


時代の流れでしょうか・・・


昼間に「除夜」の鐘 県内寺院で広がり 子どもや高齢者に配慮、それに住職の負担減


大みそかの深夜に突く「除夜の鐘」を、半日前倒しして昼間にする動きが群馬県内の寺院で相次いでいる。深夜の外出が難しい子どもやお年寄りにも伝統行事の鐘を体験し、楽しんでもらうのが狙いだ。一方、住職が深夜に長時間、鐘突きの対応をするのは体力的に厳しく、負担軽減を図りたいとの思いもある。

 常仙寺(高崎市金古町)は今年から名称を「納めの鐘」と変え、正午から突く。寺を訪れる年配者から、夜遅くに出掛けるのが難しくなったという声が届いたのがきっかけという。佐藤達全住職は「子どもにも鐘を体験させ、一年を振り返る機会にしてもらいたい」と話す。

高崎市金古町・常仙寺 境内の風景
a0290852_9144799.png



 金蔵院(前橋市堀越町)は寺の世話人からの提案を受け、鐘の時間を深夜帯から午後1時~2時半に移す。遠藤栄寿住職は「昼間にすることで小さな子どもも参加しやすくなる」と長所を強調する。

前橋市堀越町・金蔵院
a0290852_9203065.jpg


 大信寺(邑楽町篠塚)は昼と夜の2部制にする。計108回の鐘を分けて午後1時から54回、午後11時から54回鳴らす。岡田真幸住職は「自分自身が年齢を重ね、深夜に長時間鐘突きをするのがつらくなってきた」と打ち明ける。

大信寺鐘楼
a0290852_9281815.jpg




 「昼間の除夜の鐘」は、県内では宝徳寺(桐生市川内町)が2015年に始めた。全国的にも静岡、三重、京都などで広がっている。同寺は都内からの団体客が訪れるなど人気が高まり、今年は開始を午前10時に繰り上げる予定だ。
宝徳時では春3月にはボタンまつり、秋11月には紅葉まつりが催され、また、同時のアート御朱印は人気だ。

夜の宝徳寺鐘楼
a0290852_730528.jpg


・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご挨拶

ご訪問くださいました皆様、この一年間拙いブログをご愛読くださいまして誠にありがとうございました。
時の流れは速く、ブログ更新終われておりますあいだに、間もなく900回を数えることになります。これほど回を重ねることが出来ましたのも、ご覧くださる皆さまのお力添えがあればこそのことで誠にありがたく深く感謝しております。
これからも、群馬に縁のある話題を中心に、隔日更新を続けてまいりたいと、他国者の相方と共に努力して参りたいと存じます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

皆様どうぞよいお年をお迎えください。
a0290852_048284.jpg            

2017.12.31  群馬男と他国者






                      ・
[PR]
# by gunmaotoko | 2017-12-31 20:05 | Trackback | Comments(1)
2017年 12月 29日

歴代天皇の肖像画・貫前神社

(884)一之宮貫前神社で歴代天皇肖像画126点


貫前神社の歴代天皇肖像画 

世界遺産富岡製糸場に近い駅「上信電鉄富岡駅」から、下仁田駅」方面に向かって三つ目の「上州一の宮」から東に1kmほど行ったところに貫前神社(ぬきさきじんじゃ)がある。

この神社の造りは、参道の石段を登って総門をくぐって再び石段を下ったところに社殿がある。
地形に逆らわない作りであるところも話題性がある。

大鳥居
a0290852_9551580.jpg


そして石段の上の総門
a0290852_9555312.jpg


再び石段を下ると
神門
a0290852_956537.jpg


その奥には拝殿
a0290852_9574046.jpg


その奥に神様を祀る本殿がある。

さてその貫前神社の宝物館では・・・・。

◎冠装束、洋装、法衣姿… 服装に時の流れ 歴史伝える126点
 天皇陛下の退位の日取りが2019年4月30日に決まり、群馬県富岡市の貫前神社宝物館に展示されている歴代天皇の肖像画が注目を集めている。小林冨士夫宮司(59)は「古代から現代までつながる歴史を感じてほしい」と話している。

歴代天皇の肖像画(上毛新聞より)
a0290852_1065269.jpg


肖像画は1991年、佐川急便の創業者、故・佐川清氏が奉納した。
描いたのは1万円の旧札の聖徳太子の原画で知られる故・馬堀法眼喜孝画伯。

 天照大神の肖像画を加えた126点が並ぶ。服装は時代とともに変わり、初代の神武天皇ら古代の天皇は白服に首飾りを身に着けている。16代の仁徳天皇のころから中国の影響を受けた衣装となり、その後は冠装束姿の天皇が続く。昭和天皇と125代の今上天皇は洋装に白いちょうネクタイを着けている。72代の白河天皇は法衣姿だ。

佐川氏は83年、明治神宮(東京)や弥彦神社(新潟)など全国の由緒ある社寺に天皇肖像画の奉納を始めた。平成に入って奉納された貫前神社は今上天皇の肖像が含まれており貴重という。神社は92、93年の式年遷宮祭の記念事業で宝物館を整備し、古鏡などともに天皇肖像画の公開を始めた。小林宮司によると、参拝者の中には肖像画を1時間近くかけて見学する人もいるという。

 宝物館は不定休で開館時間は午前10時~午後3時。拝観料300円。三が日は開館する。

お正月三が日も開館しているそうだから、初詣と運動不足解消とを兼ねて貴重な肖像画を見学してみてはどうだろうか。

群馬男

俺なんか子供のころは、貫前神社なんつう名前は知らねぇで、ただ「いちのみやさま」って呼んでたいなぁ。
地元の近所の人は貫前神社って言ってたかも知んねぇけど

わらべ歌にも

一番初めはいちのみや
二は日光とうしょうぐ
三は佐倉のふどうさま
四は信濃のぜんこうじ
五つは出雲のおおやしろ
六つは村々ちんじゅさま
七つは成田のふどうさま・・・・なんつって一番初めに歌われた神様だった。
俺んちから8kmくれぇあるんかなぁ、車で行ったことがねぇんで距離はわかんねぇけど、製糸場よりちょっと近い。


俺って、なんでこんな歌ぁおべぇてるんだんべぇ?。

他国者

すいません。一之宮貫前神社  読めませんでした~~いちのみやぬきさきじんじゃ

群馬男の書き込みにもあるように
神社は普通、鳥居をくぐると階段を登りますが・・・ここは総門から階段を下ります。
“下り宮”と言う非常に珍しい作りだそうです。

日本三大下り宮とは?

群馬の一之宮貫前神社、宮崎の鵜戸神宮、熊本の草部吉見神社

a0290852_15124284.jpg


群馬男

もう一つ神社の蘊蓄を

この神社は一宮貫前神社で、親しみを込めて「いちのみやさま」っていうけど、この近くの安中市鷺宮には「咲前神社=さきさきじんじゃ」っつうんがある。俺のおっかさんの実家の近くだ。

こっちもさきさき神社なんて言わねぇで親しみを込めて「さぎのみやさま」って言うんだ。





[PR]
# by gunmaotoko | 2017-12-29 20:05 | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 27日

増田の蝋梅の郷 開園

(883)上増田の蝋梅の郷開園


a0290852_21172041.jpg

群馬県安中市松井田町上増田の「ロウバイの郷」の約1万2000本のロウバイが5分咲きとなり、園内は甘い香りが漂っている。






a0290852_0274548.gifお 知 ら せ


今シーズンのろうばいの郷は12月24日(日)から開園

a0290852_0311937.jpg
撮影日:平成29年12月24日


他国者

開園時間 午前9時から午後5時

大人入園料 300円  →  新料金 400円 に値上がりしました。

群馬男

はぁあれから5年になるんだいなぁ、法事で群馬ぃ行ったとき丁度いい時期だったんで、法事が終わったその日に、法事で集まった兄弟でこの蝋梅の郷ぃいったんさぁ。
走したらあんまり凄かったもんで、おらぁ群馬ぃいま一泊して、次の日にゃぁ同級生を集めてまたいったんさぁ。
a0290852_21162955.jpg

観る物っつったって蝋梅の花だけだけど、二日続けて行っても飽きなかったんさぁ。
だけど寒かった。

あのなかにゃぁ竹で作った休憩所があった、
けっこうでっけぇ建物で竹で作ってあって売店もその中にあった。
あんなでっけぇたけの建物は初めて見た。

他国者

このような休憩所?

a0290852_21313954.jpg

a0290852_21315661.jpg


本物の竹で作ってあるのですか????


そうです、この写真見ればわかるように竹とビニールトタンだけでできてるんだよ。





                        ・
[PR]
# by gunmaotoko | 2017-12-27 20:05 | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 25日

川場田園プラザ 群馬県川場村

(882)かなり進化した道の駅デンプラ



道の駅 川場田園プラザ

 好きな道の駅ランキングで上位常連の川場田園プラザ(群馬県川場村萩室)。クリスマスイブと週末が重なった24日、午前9時のオープン前に「横浜」「多摩」「習志野」といった群馬県外ナンバーの乗用車が駐車場に続々と入ってきた。「いい野菜が売り切れる前に」と川崎市から訪れた70代男性。売り場は開店直後から人であふれた。

混雑するシーズンには600台収容の駐車場が午前10時半には満車となることもあるという。
この周辺の道路が混雑すると、地元の人たちは
「またデンプラ渋滞が始まった」なんて言うそうだ。
a0290852_9202452.jpg


◎訪日客取り込み課題

 全国から注目される道の駅の駅長に今年4月就任した月田壮活さん(47)は「道の駅を対外的にアピールする一番のセールスマン」と自らの立場を説明する。午前8時半に出勤し、霜が降りた屋外の机と椅子を拭き、ごみ拾いをする。朝礼を終えると電話対応に追われる。この時季は宿泊の相談や路面状況の確認が多いという。マスコミ取材や自治体職員の視察などの対応も大事な仕事。卒論を仕上げるために訪れた大学生にも丁寧に説明する。
a0290852_921169.jpg


■7割が首都圏

 オープンは1998年。5ヘクタールの敷地に農産物直売所や手作り工房、複数の飲食店が並ぶ。風光明媚(めいび)な景色と四季折々の野菜や果実が評判を呼び、来場者数は右肩上がりだ。2016年度は180万人を超え、首都圏からの観光客が7割占めた。週末になると周囲の道路が混雑する「田(でん)プラ渋滞」に地域住民もすっかり慣れた。
地元では休日にこのあたりの道路が混雑すると「今日も又デンプラ渋滞だ」という。

 年間3回以上訪れるリピーターが多く、16年度は76万人に上った。「基本を大切に常に進化し続けることが飽きさせないこつ。いつ来ても新鮮な発見があるようにしたい」と月田さん。食事のメニューに工夫を凝らし、非日常を演出しようとさまざまなイベントを企画している。
a0290852_922871.jpg


■目標は年200万人

 目下の課題は2020年東京五輪に向けて増加が見込まれる訪日外国人の取り込みと、道の駅から村内各地の観光地を巡る周遊観光の活性化だ。若者や外国人の意見を生かそうと、今月16、17の両日、東毛地域の日本語教室に通う17人の外国人の視察を受け入れた。来年2月までに対策をまとめてもらう予定だ。

 年間200万人の集客を目標に、道の駅は進化を続けている。

広い駐車場で車中泊する人も多いというが、ここだけの話(小声で)ここで車中泊するんだったら、4kmほど離れたところにある「道の駅白沢」で車中泊すれば、ここなら風呂があるとか。

他国者

冬の感謝フェスタ 開催中
a0290852_15104217.jpg

年末年始の営業のお知らせ   お正月の営業は・・・・

a0290852_1554023.gif



群馬男

おらぁ2015年にこのデンプラぃ二度行った。
だけど二回とも建物ん中いは入らなかった。

なに、ここがきれぇ(嫌い)なわけじゃねぇんだけどさぁ、5月に行ったときも9月に行ったときもそのあと近くの滝ぃ行く時間が無くなりそうで、のんびりしていらんなかったんさぁ。

だけどでっけぇ建物がうんとあるんでびっくりした。




                              ・
[PR]
# by gunmaotoko | 2017-12-25 20:31 | Trackback | Comments(0)


群馬で生まれ群馬で育った男のブログ 今は故郷を離れ遠くの町から  こよなく群馬を愛する男と、群馬を全く知らないひととのブログです。


by gunmaotoko

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

検索