群馬出身の望郷男と、群馬県のこと知らない他国者が、勝手に書き込んでいるブログです
2017年 11月 07日

心を打つ自然の美 群馬の紅葉

(858)今日は立冬  上州の自然美を楽しみましょう。


山を染めながら、秋は刻一刻と深まる。燃えるような自然美の季節が今年もやってきた。わずかな時間で散りゆく紅葉。古くから多くの歌に詠まれたように、短い時間だからこそ、その美しさが多くの人の心を打つ。

10月下旬から朝晩の冷え込みが厳しくなり、群馬県内各地の名所は、鮮やかな姿となった。今日は立冬  上州の自然美を楽しみましょう。

上毛新聞から


沼田・吹割の滝
a0290852_2182598.jpg


みなかみ・一ノ倉沢
a0290852_211028.jpg


中之条・奥四万湖
a0290852_21103417.jpg


吾妻渓谷
a0290852_21105152.jpg


群馬男

まるっきり群馬男の私語っつうか、私事だけど、この写真のカメラマンの後ろの方に歩道の段差があるんだ。あとさがりなんかして歩くと危ねぇよ!!。ほら、川のほう側に下ぃ降りていく階段があるだんべぇ、そこの歩道が急に高くなってるから。
おらぁこの7月にそこを向こうの方(ダムの方)から歩いてきてよそ見ぃしてたら、急に歩道が低くなっててさ、痛かった足をガクンてふんじゃったんさぁ、おらぁガードレールにつかまって座り込んだ。ガードレールが無けりゃぁ完全に尻餅だった。
そんな思い出のある場所なんさ。
ここの歩道を歩くときはきをつけてくんな、一か所だけだけどな。

この話は紅葉たぁ関係なかったいなぁ。

この渓谷は紅葉しそうな気がうんとあったから(この時期に行ったこたぁねぇけど)この季節はきれいになるだんべぇとおもうなぁ。このちっと上流の方に八ッ場ダム建設現場があるんだ。


だからこの先で歩行者も通行止めだけど、俺が尻餅ぃついたとこから渓谷に降りられる。綺麗だんべぇと思うなぁ。



他国者

2017.11.3伊香保温泉戸鹿野橋




群馬男


裏妙義の紅葉も綺麗だんべぇと思うよ。

a0290852_20314681.png群馬県は何処いいっても紅葉の綺麗なとこばっかりで、
どこを取り上げたらいいか迷っちゃわいのぉ。
高崎の観音山も綺麗だと思うよ。

きりがねぇからこのくれぇにするべぇ。



 
嬉しくも

ひとり遅れて
 
 見つるかな

夕日に匂う

山のもみじ葉


  樋口一葉





  





[PR]
# by gunmaotoko | 2017-11-07 20:34 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 05日

前橋・臨江閣で竜王戦始まる

(857)新装なった臨江閣で竜王戦


群馬男の疑問

このブログぅ読んでくれてる人の中にも、俺とおんなじような人がいねぇとも限らねぇと思って、おらぁ自分の恥ぃさらけ出してここぃ書くべぇと思う。

「竜王戦」てなんだんべぇ。

そこでおらぁ調べてみたんさぁ、将棋の戦いの名前っつうか、タイトルの争奪戦のことぐれぇまでは知っていたんだけど。
その調べた結果はこうだったんさぁ。

竜王戦とは

竜王戦(りゅうおうせん)は、読売新聞社主催の将棋の棋戦で、全8タイトル戦(他に名人戦・叡王戦・王位戦・王座戦・棋王戦・王将戦・棋聖戦がある)の中で名人戦と並ぶ最高峰のタイトル戦の一つである。

その発足(第1期の開始)は1987年であるが、その前身の十段戦、更にその前身の九段戦(第1期は1950年)から数えると、名人戦(第1期は1935-1937年)に次いで2番目に歴史の長いタイトル戦である。
七番勝負の勝者は竜王のタイトル称号を得る。竜王位は名人位とともにプロ将棋界の頂点とされている。名人戦に次いで2番目に歴史の長いタイトル戦である。七番勝負の勝者は竜王のタイトル称号を得る。
そのタイトル戦が、前橋市の臨江閣で行われるっつうことだった。

何で竜王がそんなに尊ばれるんか?

龍王とは飛車の駒が相手の陣地で成ると裏には龍の文字が掘られていて、この駒は竜王と呼ぶ。
次の図でしめすように竜の駒が一番強い力を持った駒となる
a0290852_21253769.jpg

だから竜王位が一番上の位になるっつうことなんさぁ。


群馬男「へぇぇ、そうゆうことだったんだぁ」


そこで臨江閣の話題になります


11月4日から注目の竜王戦 前橋の臨江閣で対局
竜王戦の県内開催は18年ぶりです。
通算12期目のタイトル防衛を目指す渡辺二冠に、史上初の「永世七冠」を懸ける羽生棋聖が挑む。

a0290852_20585644.jpg
対局で使う駒を確認する渡辺二冠(左)と羽生棋聖。


将棋のタイトル戦、第30期竜王戦7番勝負の第3局が4、5の両日、前橋市の臨江閣で指されるのを前に、現竜王の渡辺明二冠と挑戦者の羽生善治棋聖が3日、群馬県入りし、対局場や将棋の駒を確認する「検分」を行った。


渡辺二冠は第1、2局を落としたことを受け「ここが正念場。結果を出せるようにやるだけ。今までの2局よりはましな将棋を指したい」と話した。臨江閣について「初めて来たが、庭も素晴らしく、将棋を指すのにいい場所だと思う」と笑顔を見せた。

 羽生棋聖も「非常に歴史のある建物で、光栄。たくさんの皆さんに楽しんでもらえる将棋が指せるように頑張りたい」と意気込みを語った。検分後は建物の中を歩きながら、集中力を高めている様子だった。



他国者


a0290852_22323049.jpg


前橋の臨江閣 本館は明治17年11月に迎賓館として造られた建物だそうです。

別館は明治43年一府十四県連合共進会の貴賓館として建てられた書院風建築です。
a0290852_1940250.jpg



群馬男

綺麗になった臨江閣の話はさておいて、なんでこの竜王戦がそんなに騒がれるんだんべぇと、不思議に思ってたんさぁ。
これで竜王戦のことがちったぁ解って来たような気がするんさぁ。




[PR]
# by gunmaotoko | 2017-11-05 20:33 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 03日

遺伝子組み換え繭出荷

(856)遺伝子組み換え蚕の繭出荷!!・・・・・・


人が蚕を飼ってその繭から繊維を取って衣類その他の布として使うようになったのは今から5000年ほど昔のちゅうごくのことと言われている。
そのころの蚕は、今の毛虫のように逃げ足が速く、蓋をした中に入れておかないと逃げてしまったし、その成虫の蛾も、今の蚕の蛾は羽はあっても宙を飛ぶことはできないが当時の蛾は宙を飛んで逃げて行ってしまった。

その後人類は5000年の長い時間をかけて、それを自分の都合で改良して、足で歩ける距離を短くして、羽はあっても空中を飛べないようにしてしまった。

これらは直接遺伝子をいじることなくそのように改造したわけだが、最近は蚕の遺伝子の解読もできて、その中の一部の遺伝子を組み替えることによって、蚕が吐きだす繊維が白に限らないようにする技術を開発したのだった。


でも、生物の遺伝子組み換えをした場合、その結果できる生物が人間生活にあるいは一般の生物の生態系にどんな影響を与えるかわからないので、その安全確保のために締結された国際的な「取り決め場カルタヘナ法だ。

今回のGM蚕の飼育は、生物多様性確保の観点から「カルタヘナ法」で規制されているが、県蚕糸技術センター(前橋市)と農業・食品産業技術総合研究機構(茨城県つくば市)が緑色の蛍光繭を作るGM蚕を一般農家でも飼育できるよう農林水産省と環境省に申請。9月下旬に承認を受けた。

そしてこの度カイコの遺伝子組み換えにより、緑色の蛍光シルクを作る「GM蚕」が1日、前橋市の群馬県蚕糸技術センターに初めて出荷された。
市内の養蚕農家が飼育したもので、青い光を当てて特殊なフィルターを通すと、鮮やかな緑の光を放った。

緑色蛍光シルク「GM蚕」出荷 蚕糸技術センター
a0290852_9524967.png

 

このシルクの量産化は世界でも例がないという。
須関浩文所長(57)は「想定よりも多くの繭ができた。早く実用化に結び付けたい」とした。今後、インテリア素材としての商品化を検討する。

同センターは青やオレンジの蛍光色のシルク作りにも取り組んでいる。
a0290852_9555559.png


この繭は
長野県岡谷市の製糸会社で生糸にされた後、京都市の織物会社がインテリアなどでの活用を検討する。一般農家が飼育したGM蚕による緑色の蛍光繭の量産は世界初で、新たな需要創出が期待される。

植にも書いたように
GM蚕の飼育は、生物多様性確保の観点から「カルタヘナ法」で規制されているが、県蚕糸技術センター(前橋市)と農業・食品産業技術総合研究機構(茨城県つくば市)が緑色の蛍光繭を作るGM蚕を一般農家でも飼育できるよう農林水産省と環境省に申請。9月下旬に承認を受けた。

同センターで卵から孵化(ふか)させたGM蚕12万匹を人工飼料で3齢まで育て、3齢後半以降は前橋市内の農家で10月5日から飼育。温湿度管理を徹底したほか、天然種との交配を防ぐため蚕室の窓に網を張るなどして、約170キロ分の繭の出荷にこぎ着けた。

繭は肉眼で見ると薄緑色で、青色の光を当てオレンジのアクリル板を通すと、より光ってみえる。

同センターは「先進技術を取り入れることで農家の収入増につなげ、蚕糸業の魅力を高めたい」としている。青やオレンジの蛍光繭を作るGM蚕の飼育実験も進めており、同研究機構も「市場には輸入シルクがあり、単純な価格競争や品質競争は難しいので、新たな形で蚕糸業が発展すれば」と期待している。

他国者

蚕は白ですよね。
それが 赤や青 緑 ができる?
不思議?


群馬男

養蚕に興味のねぇひとにゃぁ、この文章を読んでみたってちんぷんかんぷんでわかんねぇかも知んねぇけど、これがうんまくいきゃぁ、日本の養蚕がいまいちど復活するかも知んねぇ話だ。
但し、これがいいっつうことんなるとすぐに人件費の安い外国で作らせるべぇっつう、国賊みてぇなやつが現れる、それを規制する法律も欲しいもんだと俺は思う。

ただ遺伝子組み換えっつうと、今でも例えばアメリカから輸入する大豆は遺伝子組み換えのものが多いっつうんでえれぇ神経を使ってるけど、こらぁ
「遺伝子を変えた食品を食ってこれから先、今はまだわからねぇ害が出てくるんじゃねぇかっつうんで、みんな神経をとがらせてるわけなんさぁ。
このGM(遺伝子組み換え)絹糸の場合だっておんなじことで、今の規制じゃぁカルタヘナ法が見張り番をしてるけど、今の人類ににゃぁ想像もできねぇ被害が将来出ねぇっつう保証なんかねぇんだ。

遺伝子組み換えっつうことで一番気がかりなんはそこんとこなんだんべぇと思うけど。

とにかく養蚕農家で生産された遺伝子組み換え蚕の繭の第一回目が出荷されたっつうことだ。
うんまくいくといいと思うけど・・・・。

              
他国者

本物の蚕も一度も見たことのない他国者には難しい話でした。





[PR]
# by gunmaotoko | 2017-11-03 20:05 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 01日

上野三碑」を「世界の記憶」登録決定!」  

(855)上野三碑・世界記憶遺産に


a0290852_19444049.png


「上野三碑」を「世界の記憶」登録決定!」  

↑国連教育科学文化機関(ユネスコ)は日本時間10月31日未明、日韓両国の自治体などが共同申請した江戸時代の外交資料「朝鮮通信使に関する記録」と、群馬県高崎市の古代石碑群「上野三碑」(「多胡碑」「金井沢碑」「山上碑」)を「世界の記憶」(世界記憶遺産)に登録したと発表しました。



他国者

群馬にうれしいニュースです。
<世界の記憶>埋もれた宝、評価に歓喜 上野三碑

a0290852_23515279.gif
JR高崎駅に置かれた上野三碑のレプリカの字を読む子供たち


群馬男


「上野三碑」っつうんはなんだぃ??。っつう人は・・・・

ここのページに動画で丁寧に説明してるから、ぜひ見てくんない。
このページにも俺が書いて説明が載ってるよ。


上野三碑どこにあるん?
a0290852_2272735.png

a0290852_2274290.png



他国者

上毛かるたにも「昔をたどる多胡の古碑」とあります。
a0290852_2142471.jpg


群馬男

群馬男は小学校から高校三年まで群馬県の公立学校で勉強した?けど授業の中で上野三碑っつうことを勉強した記憶がねぇ。
いまじゃぁ授業でやるんだんべぇなぁ。

他国者

多胡碑、山上碑、金井沢碑を「三碑」として注目し、保存に力を入れたのは初代群馬県令、楫取素彦です。
高崎にとって楫取県令は県庁を高崎から前橋に移し、多胡碑周辺の土地を政府に買い上げさせて公有化するなど、三碑の価値をいち早く認めた功労者であり、「深草のうちに埋れし石文の世にめつらるゝ時は来にけり」と詠んだ。

昔から知られていた?



[PR]
# by gunmaotoko | 2017-11-01 20:45 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 30日

あかぼり小菊の里

(854)思いは残る ドーム菊


a0290852_2119417.png


群馬県のあかぼり小菊の里(伊勢崎市磯町)の約2万株の球菊が紫や黄、白と鮮やかに咲き、行楽客でにぎわっている。

群馬男は今まで知らなかったけど、あかぼり小菊の里は、営利企業ではありません。

小菊の里は、多くの人々との交流を深め、地域活性化と市の発展に寄与することを目的としたボランティアが運営しています。みなさんに「見に来て良かった」と思って貰えるように、丹精込めて育てた菊です。どうぞ楽しんで行ってください。

小菊の里つくりの会は

赤堀地区の基幹産業である農業の発展と農村地域のPR活動を通じ、多くの人々と交流を深めると共に、伊勢崎市の活性化に寄与することを目的とした会です。

平成15年に農業者10名で「豊かな郷土・あかぼり21」を設立し、活動の第一歩として「あかぼり小菊の里」を企画運営し開園となり、平成18年に「小菊の里つくりの会」と名称を改め、ボランティアと共に活動を展開しています。


 開園は11月12日までで入園無料。農産物の直売も行われている。


満開だよー♪♪今が一番綺麗だよー♪♪

a0290852_17205239.jpg



今年のサルビアのマークは何だい!と皆さんから言われるのだけれども、下からでは何がなんだかわかりません!ので上から撮ってもらいました‼️15周年なので15!その下のは上毛三山の訳です?( ´∀`)背伸びしてみれば、少しは下からでも分かるかな

a0290852_17253748.jpg


他国者

初めて ドーム菊 (ざる菊)の写真を見たときは感動しましました。
この花が1本の木(幹)に咲いているのです。

2016年度の写真



群馬男

菊の花が咲いている時にここぃ一回行って見てぇんだけどさぁ、ちぃっと遠いんだいなぁ、静岡からは。
正直な話ぃすると、俺は今年これをまねぇして、このドーム菊ぅやってみたんさぁ。
何にも知らねぇで手探りでやったら、ものの見事に失敗したんさぁ、

だから一回ここぃいって、実際やってる人におさありてぇんもあるんさぁ。

本当はうんまくできたら、このブログにアップしてみんなに見てもらうべぇと思っていたんだけど、とっても人様に見せられるようなドーム菊にゃぁならなかったんさぁ。

近くに住んでる人がうらやましい。

他国者

群馬男のそだてたドーム菊は・・・?
見てみたいものです。

群馬男

そんなに見てぇんじゃぁ恥を忍んで見せてやるべぇ。
俺の失敗作だけどこれだっておれにとっちゃぁ可愛い菊の花だ
a0290852_14114328.jpg


こっちは今日お師匠さんのとこから買って来た一鉢
a0290852_1873729.jpg


大して違わねぇだんべぇ・・・・。



[PR]
# by gunmaotoko | 2017-10-30 20:05 | Trackback | Comments(0)


群馬で生まれ群馬で育った男のブログ 今は故郷を離れ遠くの町から  こよなく群馬を愛する男と、群馬を全く知らないひととのブログです。


by gunmaotoko

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

検索