群馬出身の望郷男と、群馬県のこと知らない他国者が、勝手に書き込んでいるブログです

<   2017年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2017年 11月 29日

ぐんまちゃん 全国各地に出張します

(869)ぐんまちゃん、自分を宣伝する


「ぐんまちゃん」各地に出張へ  知名度アップで
a0290852_22122958.png

群馬県のマスコットキャラクター「ぐんまちゃん」の知名度は、関東地方以外ではおよそ30%にとどまっていることが民間の調査でわかり、県は、ぐんまちゃんを各地に出張させて知名度アップを図ることにしています。
a0290852_2264096.png

民間の調査会社、「日本リサーチセンター」は、いわゆるご当地キャラクターの知名度を調べるため、先月、全国の10代から70代の男女1200人を対象に聞き取り調査を行いました。

その結果、1位の「くまモン」の認知率は91%、2位の「ふなっしー」は89%で10人のうち9人前後が「知っている」と回答しました。

一方、3年前のゆるキャラグランプリで優勝した群馬県のキャラクター「ぐんまちゃん」は認知率が38%で、このうち関東地方では半数以上の人が「知っている」と答えたものの、それ以外の地域ではおよそ30%にとどまっています。

「ぐんまちゃん」は今年度、秋田県などに出向いて群馬の温泉のPR活動を行っていますが、県は今後、ぐんまちゃんを各地に積極的に出張させて知名度アップを図り、群馬の観光や物産のPRにつなげたいとしています。
a0290852_2221472.jpg


他国者

ぐんまちゃんの毎日は・・・

ぐんまちゃんのお仕事日記見てね → 【クリック】

a0290852_16403912.jpg

カレンダーのモデルにもなる!

a0290852_1637555.jpg



群馬男

やっぱり自己アピールがひつようなんだいなぁ、大体ぐんまちゃんはおとなしい性格のようだから損なんだいな。
ふなっしーみてぇにさわいであばれまくってりゃぁみんなにおべぇてもらえるんだけど、いつ見てもおとなしくしてるから、知らねぇ人は、「あのきいれぇんはなんだんべぇ(あの黄色いのは何でしょうね)」なんつってみてるだけだったんかも知んねぇ。

このカレンダーほしいなぁ、どうすりゃぁてにへぇるんかなぁ。

他国者

→ こちらからもらえます





                     ・
[PR]
by gunmaotoko | 2017-11-29 21:30 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 27日

力合わせる1、958、098人

(868)力合わせるみんなして


日本中で人口の減少現象が起きている昨今、どうだんべぇ、このフレーズ、いいだんべぇ
(ち)力合わせるみんなして

群馬県人口、遠のく200万人 13年連続減の195万人 際立つ少子高齢化



10月1日現在の県人口が195万8409人と、平成17年から13年連続で減少していることが24日、昨年10月から今年9月までの県内移動人口をまとめた県の調査結果でわかった。県統計課によると、昨年の196万6381人から7972人減。この調査では24年に200万人を割って以降、減少する一方で、増加の兆しは見えない。

 出生数から死亡数を引いた「自然増減」はマイナス8980人(昨年比1609人増)で、13年連続のマイナス。マイナス幅も年々拡大している。一方、転入数から転出数を引いた「社会増減」は1008人で3年連続でプラスとなった。


a0290852_22555571.gif
a0290852_22561181.gif



他国者

人口割っても「力合わせる200万人」 群馬県民の心「上毛かるた」

a0290852_19133664.jpg

これは1970年の物らしい。

 
 上毛かるたは、地元の名勝や文物、偉人を読み込んだ郷土かるた。戦後間もない昭和22年に誕生し、今も県内各地で競技会が開かれるなど、子供から高齢者まで幅広く浸透している。

 つる舞う-の他に「草津よいとこ薬の温泉(いでゆ)」、県人口増加の度に数字も変わった「力あわせる二百万」など子供時代に覚えた内容は大人になっても忘れないという。現在の人口は200万を割ったが、当面はこのまま続けるそうだ。それほど、県民の心にかるたが生きている。


「力合わせる二百万」

群馬県の人口推移

1920年…105万人
1945年…154万人
1970年…165万人
1995年…200万人
2010年…200万人
2014年…201万人

群馬県は、よく「何もない田舎」と揶揄される割には、高度経済成長期の人口増加率が
非常に高く、都道府県別でも19位(2010年)に入るなど、意外にも人口の多い
県なのです。


群馬男

ここで俺の持論をひとつ。
国の指導者は、人口減少問題を解決したかったら女性に働けなんて言ねぇことだと思うな。女性をどこまでこき使ったら気が済むことやら。
女性が子どもを産んで育てるっつうことは命がけの大変な仕事なんだ。
そんな大変なことをしながらまだ社会に出て働けなんて言わないでほしい。
若い女性だって、子供を産んだら自分の手で育てたいだんべぇ。それを、子供を産め、そして外で働け、子供はどっかに預けろっつったって、預かってくれるとこもたりねぇ。

俺がどうしてこんなことを書くかっつうと、国の政策に振り回される女性がかわいそうだからさ。
その昔は、「産めよ増やせよ」そして、戦後は人口が増えたからっつって「産児制限」それでこんだは、また「産めよ増やせよ」かぁ。



[PR]
by gunmaotoko | 2017-11-27 20:05 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 25日

県内のスキー場次々オープン

(867)北群馬のスキー場・オープン


たんばらスキーパーク
a0290852_20381482.jpg


 県内スキー場のトップを切って、沼田市の「たんばらスキーパーク」、片品村の「丸沼高原スキー場」、嬬恋村の「鹿沢スノーエリア」の3カ所が23日から今季の営業を始める。昨季は暖冬の影響で全面オープンが遅れた所が多かったが、今季はこのところの寒気と降雪で条件が整いつつあり、各スキー場は利用客増に期待を高めている。

昨季の利用客が県内では唯一、20万人を超えた「たんばら」では、10月30日から昨季より10台多い27台の人工降雪機でゲレンデを整備。今月20日夜から30~50センチの天然雪も加わり、22日の積雪は平均80センチに。そこで開放するコースを予定より増やし、2コース計2・2キロで昨年より3日早くオープンを迎える。

昨季は雪不足で開業が遅れた「丸沼高原」は、今季は12月1日のオープン予定だったが、22日までに50センチの雪が積もったため予定を早め、プレオープンとして2コースを開放する。昨季より6日早い営業開始となる

嬬恋村の「鹿沢」も22日までに60センチ積もり、昨季より3日早く開業する。このほかのスキー場も12月中に順次、オープン予定だ。
a0290852_9185539.jpg

a0290852_2138414.jpg

ぐんまちゃん、転んで捻挫なんかするなよぉ。
a0290852_21392235.png

a0290852_21395667.jpg


2017-2018シーズン スキー場・ゲレンデオープン情報 

群馬県のスキー場情報 → 【クリック】

他国者

足湯もあるよ丸沼高原
a0290852_9115465.jpg


標高2,000mの絶景足湯
丸沼高原 天空の足湯

標高2,000mの高所に足湯があるのは後者の日光白根。日光白根山の標高は2,578mなので、正確には頂上とは言えませんが、足湯は日光白根山ロープウェイの山頂駅から歩いてすぐ近くにあります。

ロープウェイは日本ロマンチック街道沿いにある標高1,400mの丸沼高原から出発し、15分で一気に標高2,000mまで昇って行きます。
山頂駅周辺はロックガーデンと命名された高山植物のメッカ。コマクサやシラネアオイなど、珍しい植物や越後の山並み、日光白根山の最高峰を眺望しながらのんびりと散策できます。

a0290852_19541232.jpg


ひろびろとした開放的な足湯でほっこりと。湯舟は大空に翼をひろげた鳥をイメージしていて、ここからの眺望は天下一品です。運が良ければ雲海を見下ろしながらの足湯が体験できるかも。

でも・・・・ 足湯から出たら・・・寒くないだろうか?



[PR]
by gunmaotoko | 2017-11-25 20:05 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 23日

ぐんまちゃん家の移転先

(866)東京銀座のぐんまちゃん家・お引越し・


群馬県関係者だけでなく、東銀座に出かけて来た一般の人にも人気があった群馬県の総合情報センター「ぐんまちゃん家」について群馬県は20日、平成29年度末の賃貸契約満了に伴い、再契約に向けて交渉をしていた東京都中央区銀座5丁目の総合情報センター「ぐんまちゃん家」を移転する意向を示した。

現在のぐんまちゃん家
a0290852_2150318.jpg



移転先のめどは立ち、今年4月に開業した銀座6丁目の複合型商業施設「GINZA SIX(ギンザシックス)」近くの建物1、2階部分を借りる予定。
浅草やアメ横などへの移転も取り沙汰されたが、進出10年目ですっかり定着した銀座からの“追放”は免れそうだ。 

 ぐんまちゃん家は、群馬のイメージアップのための情報発信・収集拠点として、20年7月に開所。歌舞伎座近くの13階建てビル1、2階にあり、県内旅行案内のほか、物産品販売、イベント開催なども行ってきた。県マスコット「ぐんまちゃん」の全国的な人気上昇も相まって、28年度の物品の総売上は1億6140万円で来場者数は約36万5千人。開所からまもない21年度の総売上3510万円、来場者数約29万2千人と比べると、いずれも大幅に伸びており、着実に東京で存在感を示してきた。

最近の店内
a0290852_22222194.jpg


 2年間の賃貸契約が29年度末で満了することから、県は、所有者と再契約に向けて交渉をしていたが、ビル所有者が別用途での使用を考えていることや、2020年東京五輪・パラリンピック開催の影響で地価や建築費が高騰していることで、交渉は難航していた。


現契約満了まで時間がなく、県は移転を決意。大沢正明知事が今月20日開催の議会運営委員会で、「ぐんまちゃん家移転整備費」1億2600万円を盛り込んだ11月補正予算案を内示した。移転先の30年3月分の賃借料や敷金、内装工事費などを計上した。

 移転先は現在のような立地の良い交差点角にないものの、賃貸料は月579万円と現在(同653万円)より割安で、面積も約110平方メートル広い約440平方メートルに拡大。歌舞伎座からそう遠くなく、集客にも影響はなさそうだという。

 県議会では、浅草やアメ横などへの移転の提案もあったが、県ぐんまイメージアップ推進室は「これまで10年間銀座でやってきた実績があり、情報発信もしやすい」と銀座にこだわった。議会での承認を経て契約し、内装工事を行う。



 同室は「基本的役割は維持しつつ、今後の(サービスについては)検討していく」としている。工事の関係で30年4月1日に開所できるかは未定だが、「なるべく間を開けずにオープンしたい」という。


大沢知事は今日(10月7日)の定例会見で・・・・

 東京都中央区銀座5丁目にある県の総合情報センター「ぐんまちゃん家」が平成30年度に近隣エリアに移転するめどが立ったことについて、大沢正明知事は22日の定例会見で「これまでの機能を新たな店舗でも発揮できるよう、しっかりと取り組んでいく」と述べた。

 移転後に展開する新たなサービスなどについて大沢知事は「議論を重ねている」とし、「東京に暮らす人が群馬に戻り、若者や女性が活躍できるようなお手伝いができれば」と語った。




群馬男

ぐんまちゃん家は場所は知ってたけど中ぃへぇったこたぁなかったんさぁ、いっぺんもへぇらねぇうちに引っ越しちゃうんは残念だいなぁ。

他国者

家賃 月579万円 月ですか? 年ではない

びっくりです。


群馬男

そうだいなぁ、普通の商売のためだったら売り上げの半分近くが家賃なんつうなぁ論外だんべぇなぁ。
だけどアンテナショップの目的は売り上げの利益じゃぁねぇからなぁ。
こうゆうのをケチると「知名度の低いしみったれた県」なんつううわさがうまれてくるんさぁ、
だから売り上げなんかぁ原価が確保されりゃぁいいっつうことさ。
あとは情報の発信と収集の拠点としての費用なんさ。

どうだい今日はいいこと書いたんべぇヤ。
今日は勤労感謝の日だからな。・・・・関係ねぇか。

他国者

a0290852_1304147.png


ぐんまちゃんの家に・・・






                          ・
[PR]
by gunmaotoko | 2017-11-23 20:05 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 21日

上毛かるた誕生70年

(865)愛されて70年・上毛かるた


ご当所カルタとして、これほど愛されているカルタは珍しいでしょう。今や群馬県の財産です。

上毛かるた誕生から70年
さまざまなイベントが行われています。


a0290852_1913623.jpg




つなぐ絆 大人対象に初の県大会 団体戦、. .

群馬の歴史や名所を詠んだ「上毛かるた」が誕生から今年で70年になるのを記念し、県は「大人の『上毛かるた』県大会」を11月26日に開く。1チーム3人の団体戦で、
子ども向けの大会は県内各地で盛んだが、大人を対象とした県大会は初めて。県は「幅広い世代にかるたに親しんでもらい、郷土への愛着が深まれば」としている。
.



湯に舞う上毛かるた  温泉につかりながら上毛かるた

「つる舞う形の群馬県」などなじみ深い絵札が浴槽に浮かぶ「上毛かるた風呂」が、群馬県高崎市の入浴施設「高崎 京ケ島天然温泉 湯都里」で始まった。

 浴槽にA4サイズの絵札、壁に読み札が並ぶ。利用客は湯に漬かりながら、「懐かしい」「面白い」と絵札を手に、疲れを癒やしていた。

 上毛かるた誕生70年に合わせた企画。来年1月17日まで。

a0290852_21552023.jpga0290852_23492470.jpg


甘~い上毛かるた 桐生の洋菓子店が実物大クッキー発売
a0290852_1992689.jpg



群馬県の洋菓子店、モンシェリー(桐生市相生町、岩崎栄一社長)は上毛かるたの札を詳細に描いた「上毛かるたクッキー」を発売した。絵札と読み札の全88枚をそろえている。
.

人気札は 「つる舞う形の群馬県」「力あわせる二百万」

実物のかるたとほぼ同じ大きさの縦6.5センチ、横5センチのプレーンクッキーに、パソコンと食品用プリンターを使って図柄をプリントしている。1枚150円。88枚セットは9900円。

a0290852_095232.jpg



上毛かるた(じょうもうかるた)がスマホゲームに  

詳細は → こちら


a0290852_0184870.jpg


他国者

群馬県のマスコット「ぐんまちゃん」が、群馬県の郷土かるた「上毛かるた」をご紹介します。

【クリック】してそのまま見続けると44枚のかるたの説明動画を見ることできます。

時間はかかりますが 読めばこれで 群馬県人?


上毛かるた



[PR]
by gunmaotoko | 2017-11-21 20:05 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 19日

伊勢崎市・正倉跡発掘

(864)上野国佐位郡正倉跡(こうずけのくにさいぐんしょうそうあと)



正倉跡遺跡法隆寺夢殿のような形の遺跡

始まりは・・・・

上野国佐位郡正倉跡は、これまで三軒屋遺跡の名称で調査されてきました。平成14年度から、伊勢崎市教育委員会によって調査が実施されています。これらの調査により、およそ6万平方メートルの中に、礎石建物15棟、掘立柱建物40棟以上の倉庫群が検出されました。7世紀後半から10世紀前半に使われていた施設です。

上野国佐位郡正倉跡遺跡とは

a0290852_1955135.jpg2017年10月伊勢崎市立殖蓮(うえはす)小学校校庭で発掘された八角正倉院(米倉庫)が国指定遺跡になった。
その八角甲倉が三軒茶屋遺跡から発掘されたのは2005年のことで、上野の国佐位群(当時)は郡司(役人)が租税として採りたてた米をこの正倉(米蔵)に保管していたのであった。

史跡の範囲が広がった

 国の文化審議会は17日、奈良、平安時代にあった郡役所施設の倉庫群などの跡地「上野国(こうずけのくに)佐位郡(さいぐん)正倉跡(しょうそうあと)」(伊勢崎市上植木本町)について、史跡指定範囲を追加するよう林芳正文部科学相に答申した。官報告示で正式に指定される。県内史跡件数は49件のまま。

追加されるのは、面積約1772平方メートルで、既に正倉院の区画溝が見つかっていた部分で、周辺からは郡家関連の遺構も確認されていた。

所有者が変わり史跡指定への同意が得られたことや、事務的な手続きが済んだことなどを契機に指定申請。追加されれば計約9万1072平方メートルになる。

志関の発掘現場が古文書の記載と一致

平成17年の調査では、全国で初めて八角形倉庫が検出され、さらにこの建物が「上野国交替実録帳(こうずけのくにこうたいじつろくちょう)」という文献の、佐位郡の正倉(米を貯蔵するための倉庫)の「八面甲倉(はちめんこうそう)」の記載と一致することが分かりました。これにより上野国佐位郡正倉跡であることが確実となったため、その名称で国指定史跡となりました。

この遺跡のように、発掘調査によって検出された遺構と、文献の記述が一致し、遺跡の内容が分かることは、全国でも珍しい事例です。また、遺構が良好に保存されているため、古代官衙遺跡(こだいかんがいせき)のあり方を考える上で極めて重要な遺跡であると言えます


他国者

殖蓮小学校で行われた3次調査では全国で初めてとなる八角形倉庫が検出されました。八角形倉庫は正倉の中でも最大規模を誇り、佐位郡正倉の象徴的な建物と言えるでしょう。

a0290852_2051570.jpg 「上野国交替実録帳」の佐位郡正倉項には「八面甲倉」と書かれており、調査で確認された八角形倉庫を指しています。甲倉とは校倉造りの高床式倉庫のことと考えられており、この八角形倉庫も校倉造りの高床式倉庫と考えられています。八角形倉庫は礎石建物で外側の白線は建物の掘り込み地業、小学生の立っている小さい円が礎石を据えた痕跡です。



調査では礎石建物下層にも掘立柱式の八角形倉庫が確認されています。正倉が造られた当初から、佐位郡正倉の象徴的な建物として八角形倉庫が造られていたことが判明したのです。




八面甲倉の想像模型
a0290852_21261442.jpg


こんな建物があったと想像される。文章による説明は残っているが図面はないらしい。

群馬男

俺なんか子供のころ社会科で習った地図にゃぁこの辺に「佐波郡」つう郡があった、
この話に出てくる佐位郡つうンはその佐波郡の前身かなんかじゃねぇかと、俺は個人的にゃぁそう思っているけど、インターネットで見てもそんなことを書いてるサイトは一つもねぇから、こりゃぁあくまで素人の推測だけど。
今残ってる佐波郡はこの話の現場よりちょっと南の方になる。今は一郡一町、で佐波郡は玉村町だけになっちゃってんだ。






[PR]
by gunmaotoko | 2017-11-19 20:00 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 17日

西上州の楽しさ発見

(863)紅葉は終わるが、西上州は楽しい

a0290852_21362845.gifa0290852_21364759.gif


【西上州観光連盟キャンペーン事業「発見!!西上州の魅力博」】
西上州で人気がある、だるま絵付けなどの体験ブース8店が集結!!その他、ご当地キャラクターとの記念撮影や握手会、名産品が当たる〇×クイズなどを行います。
お子様から大人まで楽しめるイベントとなっていますので、ぜひスマーク伊勢崎にお越し下さい!

日時:平成29年11月25日(土)10時~16時
場所:スマーク伊勢崎
出店店舗:
①高崎市:だるま絵付け体験

a0290852_21164291.jpg


②藤岡市:キャンドルポット作り・ガラスのミラー作り体験

a0290852_21172057.png


③安中市:機織り体験

a0290852_21183250.jpg


④榛東村:こけし絵付け体験

⑤神流町:化石レプリカ色塗り体験

⑥上野村:木工クラフト体験

a0290852_2119462.jpg


⑦下仁田町:缶バッジ作り体験

⑧富岡市:繭クラフト体験


ゆるキャラ出演:
①高崎市:たか丸
②榛東村:しんとうちゃん
③神流町:サウルスくん
④下仁田町:にゃくっち
⑤富岡市:お富ちゃん
⑥群馬県:ぐんまちゃん

問い合わせ先:西上州観光連盟(事務局:高崎市観光課)

a0290852_044117.png


他国者

西上州は 高崎市、藤岡市、富岡市、安中市、上野村、神流町、下仁田町、南牧村、甘楽町


テーマ別に西上州を紹介すると

A 近代日本への旅…富岡製糸場、碓氷峠鉄道施設など

B 古への旅…多胡碑、榛名神社など

C 文化芸術…群馬交響楽団、新島襄など

D 自然…妙義山、三波石峡など 

E ふるさと…道祖神、養蚕農家など


他国者も群馬のこと わかるようになったでしょう

群馬男

よくできました。

このブログぅ始めてっから、はぁ幾年になるんだんべぇか?。
他国者だって、はぁそろそろぐんまのことをおべぇてくんなくっちゃぁしょうがねぇだんべぇや。
観光大使をややれるなんて言ってるんだからなぁ。






[PR]
by gunmaotoko | 2017-11-17 20:07 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 15日

群馬の宝 カッコソウ が絶滅の危機に

(862)鳴神山のカッコソウを守ろう


絶滅危惧種「カッコソウ」保護を

カッコソウ
花茎はやや太く白い毛が密生している。高さは10~20センチくらい。
花はピンク色で直径2~3センチの花をリング状に5~15輪、が2~3段に咲く。
似た花で四国に「シコクカッコソウ」があるが別の物である。

カッコソウについては桐生市のホームページに詳しく載っています。
a0290852_2144681.jpg



群馬県東部の山だけに自生するサクラソウの仲間で、絶滅のおそれがあるとされる「カッコソウ」を守ろうと、地元の人たちが生息地を広げるための作業を行いました。

「カッコソウ」は、世界でも群馬県の桐生市とみどり市にまたがる鳴神山にだけ自生するとされる、サクラソウ科の多年草です。

a0290852_21455687.png


自然環境の変化や盗掘の影響で数が減り、環境省のレッドリストで絶滅危惧種に指定されていて、地元では、保護に向けた取り組みが続けられています。

12日は、みどり市の山あいで地元の人などおよそ90人が参加してカッコソウの生息地を広げるための作業を行い、別の場所に生えていた10株ほどのカッコソウの苗を植えました。
また、苗の成長の妨げにならないよう地面から木の枝を撤去したり、イノシシなどの動物に地面を荒らされないよう、侵入を防ぐ柵を設置したりしました。
保護活動に取り組む団体、「鳴神の自然を守る会」の下山啓二理事長は、「大勢の方が参加してくれて整備が進みました。絶滅したら復元は不可能なので、今後も保護活動を続けていきたい」と話していました。

群馬男

絶滅危惧種に指定されていますから、山からの採取は言うまでもなく、それを売買することも禁じられています。
今ネットなどで高値で売買されているものは大部分は、シコクカッコソウだそうです。

山ぃ行って可愛い花が咲いているっつうとついつい手を出したくなるもんだけど、昔から言うだんべぇ「やはり野に置けレンゲ草」ってなぁ。サクラソウだっておんなじだっつう訳だ。

他国者


世界で鳴神山にしか咲かないというカッコソウ

鳴神山の群生
a0290852_15493143.jpg


ここで花は咲いている!

a0290852_15502576.jpg



カッコソウの花はいつ咲くのですか?

群馬男

俺だってカッコソウなんつう名前の花は今度はじめてしったんさぁ。だからそんなに詳しくは知らねぇけど、サクラソウの仲間だから野生種だったら4月頃か、鳴神山はちょっと寒いから5月の連休のころんなるんかなって思うけど。
でもサクラソウは寒さにゃぁつえぇから、もうちっと早いかな。
(これくれぇ書いて置きゃぁどれか当たるだんべぇや、笑)
どっちしたって春に咲くんサ。宿根草だからもうちっとすりゃぁ、地上部分は枯れて来年新しい芽がでてくるんさぁ。
今、町のホームセンターや花屋にゃぁ、はぁ、花が咲いてるサクラソウが売ってるけどあらぁ温度調節ぅして人工的に花を早く咲かせたんで、あの種ぇ採って蒔いてもおんなじように早く咲くわけじゃぁねぇんさぁ。
a0290852_2004476.png
とにかく天然記念物なんつうやつは「やはり野に置けサクラソウ」で野でだいじにしてやりてぇとおもうんさぁ。



[PR]
by gunmaotoko | 2017-11-15 20:05 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 13日

全国商工会議所観光振興大会

(861)掘り起こせ、眠っている観光資源


大会は11日で終わったけれど、大会のPR動画を見てください。力が湧いてくるような動画です。



a0290852_20535783.jpg

観光資源のない地域なし 全国商議所大会、前橋アピール採択


前橋商工会議所と日本商工会議所が主催、過去最大級の1800人が参加した全国商工会議所観光振興大会は2日目の9日、前橋市のベイシア文化ホールで全体会議を開催。パネルディスカッションや講演会などを行い、観光イノベーションで地域に新しい風を吹かせようと呼びかける「前橋アピール」を採択した。

ぐんまちゃんもミスSAKE嬢とお出迎え
a0290852_9205055.png


 訪日観光客(インバウンド)など内外の観光客が急増する中、地域で観光を産業基盤とする動きがあるが、手をこまねいている地方都市は多い。全国515の商工会議所を持つ都市の2割が観光事業にまったく着手していないのが実情だ。前橋市はじめ群馬県でも、地域の観光資源の価値に気づかないでいるケースが少なくない。

 典型例として大会を通じて紹介されたのが富岡製糸場。パネルディスカッションでは、かつて県内政財界から住民まで世界遺産になるのは無理と信じて疑わなかった点をパネリストの近藤功・同製糸場世界遺産伝道師協会会長が紹介。「操業停止後も建物や機械を保守点検し製糸場の価値を守り続けた片倉工業など先人たちの誇りがなければ、世界遺産登録はなかった」と指摘した。他のパネリストも観光資源のない地域はなく、それを見つけて磨きアピールすることを訴

全国の商工会議所の関係者が一堂に会し、観光や地域振興について議論する毎年恒例の「全国商工会議所観光振興大会2017」が9日、前橋市内で始まった。11日までで、市内各地で分科会や講演会などが行われる。

 今年のテーマは「見つけよう観光、磨こう観光」。開会に先立ち、9日午前に会見した大会実行委員長で前橋商工会議所副会頭の深井彰彦氏は「一般的な観光地として知られていなくても、観光資源を洗い上げ、提示することで観光地になりうるのではないか」と意図を説明した。この日は、全国234商工会議所から1841人が参加し、「ものづくり」「歴史・文化」「心身のリフレッシュ」など5テーマについて、有識者が議論する分科会を開催。
そして最終日(11日)お見送りの風景(前橋市ベイシアホール前)
a0290852_9225145.jpg


他国者

会は大成功?に終わり これから群馬県の魅力を発信していくことになるでしょう。
2020年の東京オリンピック・パラリンピックが迫るなか、日本を訪れる外国人観光客(インバウンド)は年々増加しています。
前橋大会では、世界遺産登録「富岡製糸場」のルーツ”前橋”から吹いた風が、時を超え、人をつなぎ、観光に新たな風を吹かせるために、産業や食、医療、温泉、自然、文化、芸術、歴史などの地域資源をを掘り起し、磨き上げ、観光の素材として地域に定着させていきましょう。




[PR]
by gunmaotoko | 2017-11-13 20:05 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 11日

山間地の買い物弱者の味方

(860)年寄り励ます声なき声


近くに商業施設も小さな八百屋さんさえもなく、交通の便も悪いそんなところに生活する日常の買い物に不自由している人を「買い物弱者」と言う。
特に山間地などにこのような買い物弱者が多く住んでいて不自由な生活を強いられていいる。

そんな買い物弱者を助けようと立ち上がったコンビニ店主がいる。

山間地の買い物弱者を助ける移動販売車

 過疎地域の高齢者を中心とした買い物弱者を支援しようと、群馬県みなかみ町商工会(小野里光敏会長)が企画した移動スーパー「たくちゃん」が8日、同町で営業を開始した。商品を積んだ軽トラックで町内各地を巡り、地域住民に食料品や日用品を対面販売する。
a0290852_17521541.png


 買い物弱者を支援する商業モデル事業を対象にした県の補助金(100万円)と、町の補助金(220万円)などを活用し、商工会が総額370万円かけて軽トラックを移動販売車に改造した。冷凍庫と冷蔵庫を備え、野菜や肉、魚をはじめとする生鮮食品、菓子を含む加工食品、日用品など約300品目を運ぶ。

営業しているのは、同町大穴でコンビニエンスストアを10年前から引き継いだ田村卓宏さん(47)。
みなかみ町最奥の藤原地区の住民が最も困っているのは買い物という話を聞き、町商工会に相談して車を無償貸与してもらうことになった。商工会は車を県と町の補助で準備したという。

 8日は田村さんの店舗前で車の引き渡し式と出発式があった。「商売の成功を祈っています」と話す小野里光敏商工会長に、田村さんは「買い物に困っている人に少しでも役立てれば」と答え、刺し身や肉類、野菜、パン、菓子などを荷台いっぱいに積んで、さっそく藤原方面に向け出発。夕方にいったん戻り商品を補充する盛況ぶりだった。
a0290852_17524133.jpg


他国者

うれしいニュースですね
地域の皆さんのうれしそうな顔

みなかみ町最奥の藤原地区はどんなところ → 【クリック】

群馬男

こんなニュースぅ見るっつうと、こころのつべてぇ人は「そんなとこいすんでねぇで、店があるとこまで出てきて住みやぁいいだんべぇに、何でそんな山ん中に住んでいるんだ」なんて思う人もあるだんべぇけど、そうゆうもんじゃぁねぇんだ。

住み慣れた村、古い家、先祖の墓、数少ねぇ近所の人、そんなものぶちゃぁってまちぃ出てこいなんつうこたぁ、年寄りに早く死ねって言ってるんとおんなじことなんさぁ。

このコンビニのだんなもそうだけどこれを援助したみなかみ町も、この地域のお年寄りに「みんな長生きしてくんないのお」 って言ってるんと同じだ。






[PR]
by gunmaotoko | 2017-11-11 20:19 | Trackback | Comments(0)


群馬で生まれ群馬で育った男のブログ 今は故郷を離れ遠くの町から  こよなく群馬を愛する男と、群馬を全く知らないひととのブログです。


by gunmaotoko

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

検索