群馬出身の望郷男と、群馬県のこと知らない他国者が、勝手に書き込んでいるブログです

<   2016年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2016年 12月 30日

1年を振り返って

(707) ブログ 訪問ありがとうございました。


年末に当たり、この一年に投稿した記事のうち印象に残ったものを月別に拾い出してみました。
こうして振り返ってみますと、まだまだ勉強が足りないことを痛感している次第です

1月

a0290852_05389.jpg2016年は真田丸イヤー盛り上りました!

平成28年NHK大河ドラマ「真田丸」が1月10日から始まりました。

主人公は真田幸村(信繁)で、群馬との関わりが深い幸村の父・昌幸(草刈正雄)、幸村の兄・信幸(大泉洋)などの一族が登場します。真田幸村を中心とする戦国絵巻が話題になるなか、群馬県内の真田氏ゆかりの地に注目されました。

a0290852_1703381.jpg


18日に終了したNHK大河ドラマ『真田丸』最終回の総合視聴率が21.3%を記録。
真田の色 赤が目立った群馬県でした。

2月

二月の心に残った記事詳しくはここを見て

温泉マーク発祥の地と言とわれる群馬県安中市磯部

先日群馬ぃ行って中学時代の恩師にあった。
その先生の出身地が、昔の中野谷(なかのや)村、俺の出身地が昔の上磯部(かみいそべ)村。何が言いてぇかっつうと。
温泉マークが確認できる最古の公文書は1661(万治4)年に上磯部村と隣の中野谷村の間で起きた土地争いの判決文裁定書(就野論裁断之覚)の裏面に参考資料らしい地図が添付されていた。
この地図に温泉マークが書かれている。
a0290852_218024.jpg


a0290852_23595089.jpg最近温泉マークが湯気の出ているラーメンどんぶりみたいだからと言ってその中に人のイラストを入れた外国のマークにする話が出たが、磯部温泉組合はじめ多くの反対にあい、両方兼用することになった。

3月

三月の気になる記事は
近年特に問題視されている、日本の人口減少だが、行政単位の群馬県にしても例外ではない。

群馬県には1947年に作られた、「上毛かるた」があるが、其の中の”ち”は作られた当時は
力合わせる百六十万と読まれ、群馬県民のそうじんこうは
万人余りだった、その後戦後の人口増加でそれに合わせて、カルタの読み札も絵札も変更されてきた。
そして200万をピークにしてそれを維持してきた。
これからは人口減少に伴って、どうすることになるのか?。




4月
四月の印象に残る記事

今年の始め1月3日の記事
鶴舞う形の群馬県の蔓のくちばしはどこ?。
実は鶴のくちばしん先端は、全国でも珍しい平地の三県境だった、しかもそれは田んぼの用水路の中にあった。それも不鮮明なままだった。
そしてその記事の結果は・・・これではいかんと、群馬県、埼玉県、栃木県の三県境を確定して、自治体の長が三人現地に集まって、確認し、コンクリートのしっかりした境界の杭を埋め込んだ。
a0290852_21451172.jpg

それが、三か月後のこの記事です

そして結論は出ましたが、これがパワースポットといううわさが飛んで、パワーを受けに来る人たちが増えたが、何しろ、ここは田んぼの真ん中で畦道のようなところを通らないと”パワースポット”に行けない、駐車場もない、さあ、この始末どうつける。

5月

五月の面白い記事

600回目の投稿の日の記事5月18日だった。

日本ロマンチック街道が長野県から群馬県を横断して日光に抜ける。
その群馬県と栃木県の県境にあるのが、金精峠だ。
標高は2020mのところにあり、昔は峰修行僧の通る険しい道しかなかったが今では国道120号として群馬県北部から奥日光に通じる主要国道になっている(冬季は通行止めになるから要注意)
金精峠から日光男体山を望む
a0290852_2294121.jpg


この金精峠に金精神社という小さな祠がある。
ご神体が何であるか、この峠の名前の由来が何であるかを知ってか知らずか、若い女性たちも一心にお参りしている姿は・・・・・。
詳しい説明はここのページから説明してあるサイトに行って見てください。

「日本ロマンチック街道の金精峠」なんて言ったらちょっと響きがいい言葉だが・・・・。




6月

個人的なことだけど、六月のことで一番印象に残っているのはこれだ。
くたびれて、くたくただったし、楽しみにしていた水芭蕉は見られなかったけど、あの木道を歩いただけで、満足だった。
a0290852_1163667.jpg

今でもこの画像を見ると胸がジーンとしてくる。
こんだは、途中で友達を作らねぇで行って見てぇ。
来年行くかな。

7月

七月にこのブログの後で試してみた話はこれ冷たいお切込み

俺の持論は、おきりこみはアツアツの方が美味い。クチン中をやけどするくれぇの方がいい。
ただ俺の子供のころは、おっかさんの知恵で、ツメテェ麦飯の上にあっついおきりこみを乗っけて一緒にっ食やぁ、熱くもねぇし冷たくもねぇ。

ツメテェお切込みがどんな食感かなと思ってやってみた。
まず、お切込み用に具だくさんの味噌汁を作って冷ましておくんだ。
面はちょうどいいくらいまで茹でて、水にさらして冷ます、それを冷めてる味噌汁に入れて食う。
あついときにゃぁこれもうまい、
でもやっぱり・・・・・
これはどこかで作ったお醤油仕立てのお切込み
a0290852_11525964.gif




8月

八月に群馬ブログを楽しみながら書いた記事はこれきゅうりの話

話っつうなぁきゅうりひとつ取り上げても、こんなに長々と書けるものなんだと、書きながら嬉しくなって、楽しみながら書いた記憶がある。
俺がどうのこうのって理屈ぅこねるより、このブログぅもう一遍読んでみてくんな。
このブログぅ書いたときは、参考資料なんか何にも見ねぇで、すらすら書かた。あとは写真を探して挿入しただけだった。


9月

九月の忘れられないスポット

ふるさと群馬を愛してやまないこの群馬男が二年足らずの間にほれ込んだのが、吾妻郡高山村だ。
そこに忘れられないところがあった。

高山村にはその理由が全く分からないがひきつけられる、惚れた人がいるわけでもないし、この村には止まったこともない、でもこの村が好きだ。

この九月に取り上げた、恋人たちのパワースポットとされる添うが森。
ブログを書くためによーく調べて、道順も確認した。そしてブログを書いた。
それがこのページだ
この12月に現地に行って見た、だれにも教えてもらわずに知ってる道のようにすいすい行くことが出来た。
「せっかく来たんだからおまいりして行こう」と手を合わせたが・・・・
「はて?俺は誰と添いたくってここに来たんだぁ??」
a0290852_12284965.jpg


誰か添うてくれる人がいねぇかなぁ・・・ダメだな、今から俺んと気ぃ来たら介護しに来るようなものだものなぁ。

10月
群馬県人口200万割れ確定 国勢調査

やっぱり群馬県の人口は200万人を下回っていた。
でも、カルタの方は当分の間200万でやっていくそうだ。

a0290852_048478.jpg




11月

チャツボミゴケ群生地、国の天然記念物へ
a0290852_0442995.jpg

今月群馬ぃ言ったとき、草津ぃ行く途中で、ここの入り口に出くわしたけど、そのわき道は雪があって勾配の急な道だった。
タイヤチェーンをつけていなかったんでやめにしたが後で聞いたら、この時期陶器救援中でどうせ入れなかったようだ。
でも俺の恩師のいうにはチャツボミゴケは真冬の寒い時でもきれいな緑色をしているそうだ。

12月

11月にコンビニで群馬県内限定でおきりこみを販売しると聞いた。
「今度行ったら食ってみるべぇ」と思っていた。
群馬で最初のセブンイレブンは品切れ3件目の店には逢ったけど夕方何で、宿の飯がまずくなると思ってやめた。そして次の日には食えた。結構美味い。コンビニもやるもんだ。
次の日はうどん屋で食った、味はよく似ていた。ここでも思った。コンビニやるなぁ。
コンビニの おきりこみ  
a0290852_132745.gif


うどん屋で食ったおきりこみ
a0290852_21185937.jpg



こんな風にして、この一年があっという間に終わってしまいました。
この一年間にご訪問くださった皆様本当にありがとうございました。
また来年も楽しいぐんまの話題を探してお届けしますのでよろしくお願い申し上げます。

皆様どうぞよいお年をお迎えください。

     2016.12.30        群馬男・ 他国者




[PR]
by gunmaotoko | 2016-12-30 20:05 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 28日

高崎市多比良で、どろんこバレーボール

(706)泥んこバレーボールと泥んこ祭り


高崎市で2017年5月に行われるどろんこバレーボールの参加者を募集している、
男、女、混合の三種類で試合は四人制で各チーム補欠を入れて5人で応募する。

a0290852_19471640.gif



吉井どろんこ祭り2017のプレイベントとして、田植え前の水田でどろんこになって楽しむバレーボール大会を開催します。今年は、県内外および外国の方にも広く参加を呼びかけ、国際色豊かに盛大に開催します。

募集要項
日時・・・平成29年5月21日(日)午前10時 ※雨天決行

場所・・・高崎市吉井町多比良の田植前のたんぼ

対象・・・中学生以上(女子の部・男子の部・男女混合の部)

人数・・・4人制(登録は5人以上)

参加費・・無料

申し込み

平成29年3月31日(金)までに、大会参加申込書に必要事項を記載のうえ、高崎市吉井支所地域振興課まで提出してください。郵送・Eメール・ファクスいずれによる申し込みも可です。

なお、参加申込書は高崎市役所1階市民情報センター、各支所地域振興課、各公民館にもあります。

主催・・・吉井どろんこ祭り実行委員会

問い合わせ

吉井どろんこ祭り実行委員会事務局

高崎市役所吉井支所地域振興課

〒370-2192 群馬県高崎市吉井町吉井川371

電話:027-387-3111 ファクス:027-387-3212


 日本人と外国人による国際色豊かな大会で、2020年の東京五輪・パラリンピックの事前合宿誘致を目指す同市をPRする目的があり、都内の大使館にチラシを配るなど県内外から多くの参加者を募る。


なお、バレーボール大会の他に

平成29年(2017年)6月4日(日)には、「吉井どろんこ祭り2017」を同所にて盛大に開催します。

a0290852_23312861.jpg
水田で熱戦を繰り広げるどろんこバレーの参加者=6月5日 今年の大会

群馬男

俺、この記事ィ最初に見た時、かんげぇたんだけど。「多比良に田んぼなんかあったかなぁ?」
あの学校(分校)の横の坂を上がっていくと登り切ったとこに多比良のバス停がある。
バス停の向かいのSさんのうちで道を尋ねたんだ。はじめは洗濯物を干していたお嫁さんらしいわけぇ綺麗な人に聞いたら、「ちょっと待ってください私はこの辺のことあんまり知らないんで」っつってうちんなかにへぇって年配の人を呼んできてくれたんだ。
そのお父さんは、道路まで出てきて、丁寧におせぇてくれた、いい人だった。
話が横道にそれたけど、多比良の中心地のバス停のあたりは坂をのぼりつめた高台で、田んぼなんかなかった。
多比良もひれぇ(広い)んだんべぇな、あの道ぃ左ぃ曲がるとお寺の向こうの方が低くなってたようだからそっちの方にゃぁ田んぼがあるんだんべぇなぁ。
a0290852_21534386.png



多比良に何の関係があるんだんべぇと思うかも知んねぇけど、俺の友達の親戚のうちがあるんだ。

まだあそこぃ行ってっから一年もたっていねぇけど「多比良」はあのおじさんの親切も含めて懐かしい地名だ。

汚れるんなんか気にしねぇで、かぁチャンに怒られる心配もねぇ泥んこ遊びなんか大人だって面白れぇだんべぇなぁ。


他国者

昨年のどろんこ祭りの写真 見ているだけでも楽しそう


2016年の写真コンテスト 入賞写真の一部

a0290852_2010356.jpga0290852_20101259.jpg
a0290852_20123161.jpga0290852_20124010.jpg
a0290852_20125220.jpga0290852_2013123.jpg





[PR]
by gunmaotoko | 2016-12-28 20:05 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 26日

温泉大国 群馬県

(705)日本武尊ゆかりの宝川温泉は僻地だが素晴らしい温泉

a0290852_1123973.jpg



みなかみ18湯の一つ・・・・

18湯って言っても一つの温泉街に18の湯があるわけじゃなく、近いところでも7km、遠いところじゃぁ10km以上も離れたみなかみ町の中に点在する温泉をまとめて18湯っていう。
今回はその中の、日本武尊(やまとたけるのみこと)が白鷲に案内されて行って、体を癒したっていう伝説の残る宝川温泉だ。


宝川温泉

利根川の支流・宝川を挟んだ、大露天風呂が4つあり、雪景色に包まれながら入浴。

群馬県利根郡みなかみ町

JR上越新幹線上毛高原駅からバス約50分       関越自動車道水上ICから約40分

a0290852_123831.jpg
12月22日宝川温泉汪泉閣


群馬男

宝川温泉はおらぁいったことはねぇけど、ずいぶん山奥にある温泉らしい。
でかいで露天風呂が源泉かけ流しだっつうから、温泉の湧出量も多いんだんべぇなぁ。
なんでも、一番でっかい露天風呂は200畳の広さっつうから100坪だいなぁ。
一番大きい露天風呂子宝の湯
a0290852_2133264.jpg


混浴だよ

こういうとこへ行くときは季節を考えていかねぇと、俺がこないだ草津に行ったときみてぇに吹雪にでもあったら、とっても露天風呂どころの話じゃなくなってくる、うっかりすりゃぁ、風呂上りに宿に来るまでに凍え死んじゃうかもしれねぇから(笑)。

草津も夜の湯畑を見てぇと思ってたけど外にも出られなかった。

地図をよく見たら、ここは、おれがこのなつに尾瀬へ行ったとき泊った水上高原ホテルから5kmくれぇの所だった。それにしても僻地だ。


草津温泉

湯畑 幻想的にライトアップ 草津で点灯式

照明設備のリニューアル工事を進めていた群馬県の草津温泉(草津町)のシンボル・湯畑で24日、点灯式が開かれた。

色鮮やかに染まる湯けむりや幻想的な温泉街の風景が、訪れた観光客を魅了している。
a0290852_12244987.jpg


他国者

いきたいな~

群馬男

「どっちへ行きてぇんだぃ?」宝川は山ん中だから、クマに気ぃ付けてな、草津は、風呂から上がったらシャワーを浴びてきた方がいいよ。

他国者

「関東一の温泉大国」と呼ばれる群馬県。温泉の総数は200箇所以上。宿泊できる温泉地だけでも100箇所以上あります。群馬県には有名な草津温泉・伊香保温泉以外にも、様々な温泉の名所があるのです。
a0290852_2061046.jpg
混浴だよ これがいい

注意)草津は混浴ではありませんよ。

群馬男

俺が冗談に宝川温泉はクマに気を付けるようになって書いたら、ほんとうに昔はクマと一緒に温泉に入っていたとか甥からの情報でした。

他国者

マジ?




[PR]
by gunmaotoko | 2016-12-26 20:05 | Trackback | Comments(2)
2016年 12月 24日

群馬県内、地名の由来

(704)群馬県と二大都市の名前の由来


地名の由来
群馬県という県名の由来は
群馬県のホームページによると、群馬県という県名の由来は
「群馬」の由来は「車」から

a0290852_2237512.jpg およそ1,300年前、藤原京(694~710年)の時代の資料によると、現在の群馬県の中に「車評(くるまのこおり)」(「評」は大宝律令によって「郡」となる)と呼ばれていた地域があったとされています。
これは解りやすく言えば「車郡=くるまぐん」みたいなところがあったということです。
 奈良時代に入るとすぐ、和銅6年(713年)の諸国の風土記編集の勅令により、国・郡・郷名はその土地にあった漢字二文字で表すこととされ、国名「上毛野国(かみつけのくに)」は「上野国(こうずけのくに)」に、そのとき一緒に郡名「車(くるま)郡」は「群馬(くるま)郡」に改められました。

 群馬県の県名が初めて使われるようになったのは、第1次群馬県が成立した明治4年10月28日のことです。これは、明治4年の廃藩置県を受けて、高崎・前橋の大部分を含み大郡であった(上記の車評⇒車郡)群馬郡を県名とすることがふさわしいと判断されたことによります。
そして群馬県が誕生したわけです。

群馬県県章
a0290852_22312692.png


むか~し、むかし、ときは万葉の頃、群馬県と栃木県のあたりは「毛野国(けのくに)」と 呼ばれる一つの国でした。
a0290852_13553196.jpg

ときを経て、横に長いこの国は、西側(現:群馬県側)を「上毛野(かみつけの・こうづけの)」 東側(現:栃木県側を「下毛野(しもつけの)」と分けて呼ぶようになります。
a0290852_1356288.jpg

ときを経て、江戸時代に新たな国名が制定されました。
「上毛野(かみつけの・こうづけの)」地区は 「上野国(こうづけのくに)」となりました。略式名を「上州」。 「下毛野(しもつけの)」地区はは 「下野国(しもつけのくに)」となり略式名を「野州」(思うに、下州なんて呼ばれたのではカッコ悪いの、野の字を使ったんですね!)となりました。

「毛」の由来は、さかのぼると古かったのですね。普段使われている「上州」は以外にも新しい表現だったことがわかりました。

古代からの信仰の対象だった赤城山・榛名山・妙義山のことを上州三山とは言わず、 「上毛三山」といいます.。
上毛とは 古来から受け継がれてきた「ここいら辺りの土地の名称」であり、 その場所がほぼ「群馬県」ということで、群馬県=上毛とし、県内各地域を「北毛・東毛etc...」など呼ばれているのでした。
ちなみに群馬県内で一番多く発行されている地方新聞は「上毛新聞」です。

両毛・両毛線など

上毛野国と下毛野国はもともと一つの国でしたから、両国をさすときに 「両毛」と呼ばれました。

「もともとは一つの国」という見地で考えれば、両国とも共通のものも多かったでしょうし 共通の意識がない近県や隣県よりも「両毛」という表現が自然に確立されたように思います。
群馬県と栃木県を結ぶ路線(JR線)が「両毛線」と名付けられたのも納得です。

a0290852_22251333.jpg群馬県が誕生する前は上州は現埼玉県の一も含めて、熊谷県とされていたが1876年熊谷県改変に伴って今の群馬県が誕生し、官選県令(政府が指名した県知事)第一号として、大河ドラマ(花燃ゆ)で有名になった山口県出身の楫取素彦が就任した。

県庁をどこに置くかで、前橋と高崎の間でひと悶着あり、楫取県令に(高崎)が騙されて県庁を持って行かれた。という話は今回は、深入りしません。


前橋市の市名の由来

ちなみに、前橋の市名の由来はもともとこの地は厩橋と書いて「まやばし」と呼んでいたそれが前橋(まえばし)になった。
前橋市章
a0290852_22331544.png


そして、高崎市は
当初、高崎の地は「和田」と呼ばれていた。「高崎」という都市名の由来については、以下の伝承がある。
高崎城が和田城の跡に完成した(江戸初期)際に、城主である井伊直政(直虎の養子)は、当地を「松ヶ崎」という名前に改めようと思った。
そこで、その件を常日頃から信頼を寄せている箕輪の龍門寺の住職である白庵に話した。白庵は「もっともなことではありますが、諸木には栄枯あり、物には盛衰があるのは珍しいことではありません。殿様が、家康様の命を受けて和田の地に城を築いたのは権力の頂点に立った大名に出世されたからであります。そうであれば『成功高大』の意味を採って『高崎』と名付けた方がよいのではないでしょうか?」と言った。
白庵の含蓄ある言葉を聞いて喜んだ直政は、直ちに「和田」を「高崎」と改めた。

高崎市の市章
a0290852_10452621.png

他国者

群馬県のマスコットキャラ ぐんまちゃんは馬
a0290852_13582133.jpg



群馬男

古い話は中には由来が二つも三つも出てくるものがある。
ここに書いた歴史上の由来にも、中には?もある。
だからこれらこの記事は物語として読んでいただき、専門的に勉強なさる場合は、専門書などを参考になさっていただきたいと思います。
a0290852_1435484.jpg

他国者
群馬男はいろいろご存知ですね。
群馬のこと知りました。

a0290852_1475687.gif時間があったら読んでください・・・・・

我が家の馬の思い出
[PR]
by gunmaotoko | 2016-12-24 20:05 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 22日

2017年元旦の ニューイヤー駅伝

(703)ニューイヤー駅伝にユニフォーム姿のぐんまちゃん登場



1日のニューイヤー駅伝 ぐんまちゃん衣装お披露目


 来年1月1日の全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝)で、ぐんまちゃんが着用する駅伝ユニホームのお披露目が21日、群馬県庁で行われた。デザインの公募で最優秀賞に選ばれた中央工科デザイン専門学校1年の坂本菜々子さん(19)には賞品として、ユニホームを着たぐんまちゃんの縫いぐるみなどが贈られました。
a0290852_629755.jpg
ユニホーム姿のぐんまちゃんと、デザインを考えた坂本さん(中央)

 ユニホームは利根川をイメージした水色を基調に、両脇の白いラインで爽やかさを表現。坂本さんは「小さい頃からなじみのあるぐんまちゃんの衣装をデザインできてうれしい」と喜びを語った。

ユニホーム姿のぐんまちゃんは大会当日のスタート時などに登場する。

a0290852_6323940.jpg

出場チームのユニホームは地域別に色分けしてあります。
a0290852_6353774.gif




全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝)の概要

1957年に開始。当初は毎年12月中旬(最初期4回は3月上旬~2月下旬)に、伊勢神宮を中心とした三重県内で行なわれていたが、彦根市で行なわれた第31回大会(1986年)を挟み、翌1988年の第32回大会より1月1日開催に変更され、開催地も前橋市の群馬県庁をスタート・ゴールに、高崎市、伊勢崎市、桐生市など群馬県南部の主要都市を巡るコースに移動した。同時にTBS系列での生放送がスタート。「ニューイヤー駅伝」という通称もこの時から始まった。

前年秋に各地区で予選が行われ、勝ち抜いたチームが1月1日の本大会に出場できる。1995年の第39回大会より、出場チーム数は37と決められている。
第1回優勝の八幡製鐵(現・新日鉄住金)を筆頭に、ほとんどの出場チームは日本を代表する企業のクラブである。

第32回大会以降の現行コースは、前橋の群馬県庁をスタート・ゴールとして、高崎、伊勢崎、大田、桐生など県南部の主要都市を巡る。全長は群馬への移動当初は84.9kmだったが、延長を重ねて、2001年の第45回大会より7区間100.0kmとなった。


箱根駅伝は箱根の山間部が含まれるが、ニューイヤー駅伝は群馬県でも主に平たん部を走る、安心してみていられる駅伝というわけだ。

ぐんまちゃんは走らねぇんだな。長距離に強い人に衣装を着てもらって群馬ちゃんもん走れば面白い
と思うけどどの区間にも出るには7人を集めなくっちゃならないわけだ。

あの衣装では走者が暑くって参ってしまうかな。

こんなところ走ります→ 駅伝HP


群馬男

箱根駅伝は有名だからよく知っていたが、この駅伝は聞いたことがあるなぁくらいしか知らなかった、
群馬を走るんじゃぁ、見る楽しみもできるな。お正月に見るべぇ。

他国者

テレビでも放映すると思います。
楽しみ
群馬の景色など見られるから
群馬ファンには見逃せない



[PR]
by gunmaotoko | 2016-12-22 20:05 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 20日

にっぽんの温泉100選 観光経済新聞社

(702)・やっぱり草津は日本一ですが・・・


第30回にっぽんの温泉100選(2016年度) - 草津 14年連続1位
                                       
(中間発表ですが・・・)

旅行会社など旅のプロが選ぶ全国の温泉地ランキング「第30回にっぽんの温泉100選」が 16日までに発表され、草津温泉(草津町)が 14年連続で1位に輝いた。旅行業者から見た 送迎のしやすさや泉質、町づくりなどが高く評価された。

観光業界専門紙の観光経済新聞社(東京都台東区)が主催。7~10月に投票を行い、総投票数は2万4778票だった。

草津温泉について同新聞社は、湯畑を中心として大小の旅館が並んでいるのに加え、中心部の 整備事業やライトアップイベントなどを挙げ、「何回行っても変化が見られ、継続して 町づくりに取り組んでいる点が評価されている」と説明する。

ランキング2位は別府八湯(大分)、3位は指宿(鹿児島)が入った。
県内はほかに、伊香保が14位、万座が18位、みなかみ18湯が21位、四万が34位だった。

a0290852_22142395.jpg

順位 温泉地名 所在地

a0290852_233381.jpg1   草津      群馬
2    別府八湯    大分
3   指宿      鹿児島
4    由布院     大分
5   下呂    岐阜
6   道後    愛媛
7   有馬    兵庫
8   登別   北海道
9   黒川     熊本
10  城崎    兵庫

他国者

やっぱり草津 群馬県人としては自慢できる 草津温泉です。
アッ 他国者は群馬県人ではなった!

群馬男


俺はこないだ、4日も休みを取ってっつうより休みを作って、そのうち一日以上は」草津温泉に行くために使った。

草津が日本一の温泉だっつうんに、おまけに群馬で生まれ育って、群馬ブログを書いているくせに俺はまだ草津温泉に入ったことがなかった。
それで何としてもこんだぁ群馬ぃ行ったら、草津に一泊するべぇと思っていたんさぁ。

俺は普通はどっかに行くとき宿の予約なんかぁしねぇでいきなり行言って、宿が取れなけりゃぁどっかうんと離れた町でも村でも言って泊まるんだけど、今度ばっかりはちゃんと草津の源泉かけ流しのホテルに予約していった。

草津温泉がどこにあるか、みんなしってるかぃ?。
こんなとこにあるんだよぉ。
a0290852_2202180.png


それで標高は1200mくらいのところにあるんだ。
俺はこないだは隣の旧六合村を通って峠を越えて草津の町に入ったんさぁ。
峠の手前は風花が舞うくれぇだったけど、峠を越えたら、もう風花どこじゃねぇ地吹雪見てぇな状態だった。厳しいとこなんだなぁ思ったんさぁ。

それはまぁいいとして、一つ大失敗をした。

俺は普段から皮膚がそんなに丈夫じゃなかった。

テレビなんかで、温泉に入って出るとき真水のシャワーを浴びる人がいるけど、勿体ない、温泉の有効成分を流してきてることになる、なんて言われていたんを聞いて居たもんで、源泉かけ流しの風呂の温泉が流れ出してくるとこのすぐ下に入っていたんだ。それで、シャワーも使わずに、バスタオルで拭いただけで出て来た。
朝起きてもう一回同じように風呂に入った。

おれにゃぁ恋の病はねぇけど、ほかの病はみんな治っちゃうだんべぇと思っていた。

a0290852_22552494.gifひるすぎになって、何となく体がかゆい。
誰も見ていない車ん中ででちょっと衣類をめくってみると、赤くただれたようになっていた。
その次の日は、磯部温泉に入った。それが良かったか悪かったか知らねぇけど、帰る途中もあっちこっちがかゆくって参った。

体中に湿疹のようなものが出来て、衣類の上から掻いたところは真っ赤になっていた。


a0290852_22293818.jpg俺の体にゃぁ草津温泉の源泉かけ流しは刺激が強すぎたようだ。
それにシャワーで流さなかったんが悪かったようだ。

皆さん!、草津温泉は天下の名湯です。でも日ごろから肌の敏感な人は、温泉から上がったあと真水のシャワーを浴びてください。
a0290852_2228263.png

俺は欲が深いんかどうか、温泉の成分をあんまりたくさん体につけて来たんがいけなかったようです。
・・・・過ぎたるは猶及ばざるがごとし・・・・



[PR]
by gunmaotoko | 2016-12-20 22:34 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 18日

群馬県安中市の安政遠足と咲前神社

(701)安政遠足参加料・咲前神社


安政遠足 赤字解消向けて参加費値上げ 

a0290852_2119444.jpg


「安政遠足 侍マラソン」とは・・・

“遠足”と書いて“とおあし”と読みます。
毎年5月に開かれ全国から仮装ランナーが集う、安中市の「安政遠足侍マラソン」で、毎回たくさんの仮装したランナーが走ります。
この遠足の歴史は古く、江戸時代(西暦1855年)に当時の安中藩主「板倉 勝明」(いたくらかつあきら)公が藩士の鍛錬のために碓氷峠の熊野権現まで7里余りの中山道を徒歩競走をさせ、その着順を記録させたことがはじまりで、日本のマラソンの発祥です。

全国各地から趣向を凝らした仮装によるマラソンで知られていて今年は約2000人もの人が沿道の声援を受けながらゴールを目指します。
a0290852_21253066.png


順位を競う大会でもありますが、色とりどりの衣装を身に着け走るマラソンは参加した者だけでなく観客も楽しめるのです。

主催する安政遠足保存会(須藤隼郎会長)は16日、来年の第43回大会から参加費を現行の3500円から、関所坂本宿コースを5千円、峠コースを6千円に変更すると決めた。



旧国道18号沿いの水道タンクに書かれた安政遠足のイラスト
a0290852_10302516.jpg




お正月はもうすぐ

a0290852_2233961.jpg
安政遠足がおこなわれる群馬県安中市の、中山道からはちょっと南に寄った碓氷川段丘の高台にある鷺宮地区(さぎのみやちく)ここに鎮座する咲前神社(さきさきじんじゃ)では、お正月を前に酉に願いをと、破魔矢作りに大忙しだ。

縁起物の破魔矢に来年の干支(えと)の酉(とり)が描かれた絵馬やお札を付ける仕上げの作業が、最盛期を迎えている。


咲前神社拝殿
a0290852_16141365.png



群馬男


ちなみにこの咲前神社(さきさきじんじゃ)のあるところは私の母の実家のあるところです。
私の幼少期は母からこの神社を「さぎのみやさま」と教えられていました。
今でもこの神社のことを鷺宮咲前神社(さぎのみやさきさきじんじゃ)と呼ぶ人もいます。

この咲前神社の境内には別の社殿がありそこには別の神様が祭られています。

境内には様々な神様が祭られています。
a0290852_16191487.png


その中のひとつ
a0290852_15402761.jpg



三体の神様がこの社殿にまつられています。
まず、五穀豊穣をつかさどる金刀比羅宮、すなわち金毘羅さんです、
それに、安産をつかさどる神様。
それに養蚕県らしく、絹笠明神。これはお蚕の神様。俺の実家にもお札が貼ってあった。


話が自分に興味のある方にそれてしまったけど、最初の話題に戻して、
この安政遠足もだんだん有名になって、参加者も多くなってきたようで、映像で見てもこれだけ楽しそうに浮かれた様子でやっていたら、怪我したり体調を崩す人も多くなるだんべぇと思う。
そのための保険やら準備やらの費用もかさむことだんべぇと思うし。
それに、これは、できればやらねぇ方がいいと思うけど、「参加人数抑制」も必要になってくるかもしれねぇ。その効果も参加料値上げについてくるかもしれねぇやいのぉ。

例えば静岡、山梨では、富士山の登山者が増えすぎて地元じゃぁぁ実は困ってるんだ、それで入山料を任意ではあるけど徴収するようになったことはよく知られていることだいなぁ。
任意じゃぁダメだ、強制にしなくっちゃぁ。

・・・あれ!?、お蚕の話が終わったら急に上州弁になっちゃったぃ・・・・。

現在の私の持論
富士山は登る山ではなく遠くから眺める山です。

今日12月18日に撮った富士山
a0290852_162758.jpg


ほーら、見てる方が綺麗でいいだんべぇや。

他国者

富士山は静岡県
このブログは群馬県の出来事を書いている?

群馬県から富士山は見える?



[PR]
by gunmaotoko | 2016-12-18 21:05 | Trackback | Comments(2)
2016年 12月 16日

ブログ投稿700回の御挨拶

(700) ・節目の御挨拶・


ブログ投稿700回の御挨拶

本日も当ブログをご訪問くださいまして誠にありがとうございます。
最初は、他国者を名乗る相方に、群馬のことを教えてあげるつもりで始めたブログでしたが、気が付くと700回目の更新となりました。
ありがとうございました。
読者の皆様にはご覧になれませんが、このブログの裏に記録されます、ご訪問者の数の増加を励みの種にして、書き続けてまいりました。

ご訪問くださる皆様に、何かのお役に立つことができればなどと生意気な考えも加味しながら書き続けております。

これからもいろいろな話題を織り交ぜて、書き続けてまいる所存でございます。どうか引き続き当ブログをお愛読くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

なお勝手なお願いでありますが、ブログ内容に関するお気づきの点(苦言も有り難いです)、あるいはネタになりそうな事柄などをコメント欄にお書込みいただきますようお願い申し上げます。拝読の上、今後のブログ作成の励みやネタ造りの参考にさせていただきたく存じます。
 
ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

2016.12.26 群馬男 ・ 他国者


a0290852_19343865.jpg


他国者

第1回目の投稿は群馬はどこにある → 201年9月

あの頃は何も知らなかった他国者でした。
今では群馬の観光大使になれるかな?と思うくらい群馬通になりました。

群馬男

ほんと!、このごろじゃぁ俺よりも群馬のことをを知ってると思うときもあるんさぁ。
この人どうしてこんなに群馬県のことを知ってるんだんべぇ、って不思議に思うこともあるくれぇだ。
きっと勉強家なんだんべぇなぁ。でも、観光大使はむりだんべぇとおもうけんど。



[PR]
by gunmaotoko | 2016-12-16 22:00 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 14日

おきりこみ

(699) セブンイレブンのおきりこみ ・食べてきた報告・・”


四日間のぐんま旅行を終えた群馬男は、もう平常の暮らしに戻っています。でも、昨日までの楽しかった旅行を思い出しちゃぁ、一人にやにやしています。

よっぽど楽しかったんだんべぇなぁ。今日も昨日一緒だった、埼玉県のヒトと楽し気に電話で話していたっけ。この人も故郷はおんなじ町だからおんなじようにたのしかったんべぇ。

っつうんが自分が自分を客観的に似た感じさ。

ところで、このブログで群馬限定セブンイレブンのおきりこみっつう記事を書いた。
あんとき、「こんだ群馬ぃ行ったらぜったい食ってんべぇ。と思っていた。

そのことぉ忘れちゃぁいねぇで、セブンイレブンがねぇかなぁってさがした。
やっと見つけたんだけど、その前にあんまり腹が減ったんで昼を食っちゃったんさぁ。だからお昼を食ったばっかしでお切込みぃ食ったって、しょうがねぇからそん時は、やめといたんさぁ。

そしてその日はやまんなかぁ走ったんで、やまんなかにゃぁコンビニはねぇ。

次の日になって、セブンイレブンがあったんで、寄って、聞いてみたんさぁ、

「群馬県内限定っていうおきりこみっつうのがある?」
「はい、あります、これですか?」
見ると生めんがビニールの袋に包まれたやつで、とってもイートインなんかできねぇ。
「そうじゃなくってさぁ、そこにあるうどんみてぇに、チンすりゃぁすぐ食えるやつだけど」

「あぁ、あれは今日は売り切れてしまって、ここの棚にあったんですけど・・・あれ評判がよくってすぐ無くなっちゃうんです、すいません」
ということだった。
店員に
「おれ、国道を西の方に行くんだけどこの先に、このおきりこみがあるみせはねぇかなぁ?」
「さぁ、セブンイレブンのお店はこの先〇〇(なんて言ったか忘れた)にありますけど、これがあるかどうかはわかりません」。
「それじゃぁ、そっちにいってみらぁ」
また走った。

何キロ走ったか、またセブンイレブンの看板があった。
店に入って店員に同じように聞いてみると、
「すいません今朝来たんですけど、全部出ちゃいました、あと一時間ほどすると、これを持ってくる車が来るんですけど・・・」
「一時問も待ってらんねぇからしょうがねぇ何か他の物を食うか」
お昼の時間で腹が減っていたんで、どんぶりを買ってチンしても
らって車で食った。

その日の夕方近く、草津温泉の町に入るとセブンイレブンがあった。
店に入ってみると、・・・・ある。
だけどこんな時間におきりこみを食ったら、今夜旅館の飯が食えなくなっちゃう、このときは見ただけ。

あぁ、なんと俺に縁がねぇセブンイレブンのおきりこみだ。


翌日、また大きな7の看板を探しながら走った。もうお昼も近かったので、腹減ったなぁと思ったときに看板が目についた。

セブンイレブンだ。

入って棚を見るとあった。

時間もちょうどお昼の時間だ。
早速買って、
「これあっためてくんなぃ」
「ハイちょっと時間がかかりますけど」
「うん、待つよ」

そしてできた。

そのまま車に持って行ってダッシュボードのテーブルを引き出して。まず写真。
a0290852_1536286.jpg


蓋を開けるのももどかしく、「ここで無理してひっくり返してこぼしてしまったら、泣いても泣ききれねぇぞぉ」って自分を落ち着かせて・・・・、
蓋が開いた。
すぐ食いてぇけどまず写真。湯気が出てるんがわかるだんべぇ。
a0290852_15392388.jpg


けっこう具沢山だ。
にんじん、サトイモ、ホウレンソウ、シメジ、白菜、大根、それにきざみねぎ、

麺は幅が2センチ以上もあるひもかわみてぇなヤツだ。
a0290852_15425115.jpg


みそ仕立てで一口食ってみた、熱いけどいい味とみその香りだ。

こりゃぁうんめぇ。これで麺が細けりゃぁもっとうんめぇけど、こらぁ好みだからしょうがねぇ。

これだったら寒いときにゃぁ体があったまるし、腹もけっこういっぱいになった。

おれとしてみりゃぁ合格点だったな。


そして翌日

高崎の「はにわの里」を見学して帰りみち、どこかでそばかうどんでも食べようということになった。このときはもうお切込みにこだわらなくても昨日食ったからよかった。うどんでもそばでも・・・。

道端にそんな店があったので入ってみるとメニューに「おっきりこみ」とある。

前の日の夜にみんなに、おれがおきりこみを食った話しをしてあったので、メニューを見た人が
「ほら、ここにもお切込みがあるよ」
という。
「おぉ、それじゃぁ俺はこのお切込みを食おう」。というとほかの人も
「あたしも食べてみよう」と言い、一緒に行った先生までもが「それじゃ私も同じものを食べてみよう。ということになり

「おきりこみ四人前」と注文した。

これはコンビニのスチロール容器ではなく鉄鍋で、取り皿は小さなすり鉢、しゃもじもついていた。
薬味の刻み葱も小皿に入っていた。

a0290852_15513994.jpg


取り皿はすり鉢、しゃもじつき。
a0290852_1553599.jpg


麺の幅は昨日のコンビニのと同じくらいで具材はコンビニよりも少し少なかった感じ。
ただ困ったのはめんがながいこと。
先生が箸で持ち上げたら、二つ折りで50センチくらいあったから、1メートルくらいあったのではないかと思う。

そして、味が、昨日のセブンイレブンのとよく似た味で、どちらも甲乙つけがたい味だった。

私の今回の旅にこのおきりこみを2食も食えたことが旅の楽しさとその思い出に花を添えた。

というおきりこみの話でした。

他国者

やっと念願がかなった!よかったですね。

「あれ評判がよくってすぐなくなっちゃうんです」お店の方の言うように大人気なのです。
電子レンジで温めるだけで本格的な群馬名物を楽しめる一品。県外からも是非食べに行きたくなる
とどこかに書いてあった!
食べたいな~~


群馬男


おきりこみは麦産地の群馬県が生んだ偉大なる郷土料理といえよう。
あれで、麺がもうちっと細かったら・・・・・まだ言ってらぁ

一言
この記事の文章の中で私は「おきりこみ」と書いたが、群馬県内でも「おっきりこみ」という地域が多いようだ。でもわが町、磯部あたりでは「おきりこみ」と呼ぶ家が多いようで、今日の4人は全員おきりこみで違和感はないようだった。ちなみに一番上のしゃしんの印刷はおっ切込みになっている。



[PR]
by gunmaotoko | 2016-12-14 20:06 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 12日

群馬の旅 その2

(698) 草津は昨日は雪だった ・・・・”


高山村の村営の牧場を見て、道の駅によって、そのあと西に向かって進むと、何か見覚えのあるところが見えた。

前にブログに書いた「添うが森」という祠、の入り口の様子だ。
こっち(高山村の方)から行くと右側が少し高くなって畑になっているそして左側はすぐ川があり橋がある。

a0290852_22411710.jpg「あぁ、添うが森の入り口だぁ」とすぐに解った。
「そういえばこの前実物は見ないままあれだけ詳しくブログに書いたんだから、一度行って確かめてみる必要があるな」と躊躇なく左に曲がり橋を渡った、
あとは要所ごとにこんな看板があるから道に迷うことはない。「俺がブログに書いた通りの道で、嬉しくなった」


橋の欄干から始まってこの看板が4か所ほどある。


a0290852_22443735.jpgそしてついてみると風景はそのままだがきれいに整備されて駐車場も数台分できていた


a0290852_22453514.jpg


せっかく来たから俺もお参りしてきた、でも神様も困るだろうな、「この男誰と添わせたらいいんだ、相手もいねぇのに」

a0290852_22475697.jpg


相手がいる特に若い二人には、霊験あらたか、ご利益があるパワースポットだそうだから、いっぺんお参りに行ったらどうかな。
行き方は森町役場の人が、間違いないと認めるくらいここに詳しく載っています。

写真ではよくわかりませんが、この祠は結構大きくって、台座から屋根まで2メートルはありそうです。

群馬男

いろんなところをめぐって草津温泉に着いたら、雪が降っていました。それも吹雪のような風交じりで、ホテルの駐車場では重機で雪かきしていました。

だから西の河原の露天風呂はとってもいけませんでした。外に出るのもいやです。

他国者

群馬男は結構楽しんでるようですね。
こんなパワースポットが近くにあったら私も・・・・




[PR]
by gunmaotoko | 2016-12-12 20:05 | Trackback | Comments(0)


群馬で生まれ群馬で育った男のブログ 今は故郷を離れ遠くの町から  こよなく群馬を愛する男と、群馬を全く知らないひととのブログです。


by gunmaotoko

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

検索