群馬出身の望郷男と、群馬県のこと知らない他国者が、勝手に書き込んでいるブログです

<   2016年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2016年 06月 29日

群馬で生まれた会社と商品

(621)群馬県発の企業・商品!


a0290852_20235011.jpgサッポロ一番」のサンヨー食品株式会社は群馬に本社がある。
1953年11月1日、群馬県前橋市で富士製麺として創業。




a0290852_20262415.jpg「蒟蒻畑」のマンナンライフは群馬県に本社がある。
フルーツこんにゃくを製造販売する会社。1964年9月に創業。群馬県富岡市に本社。




a0290852_22232923.jpgカインズホームの本社は群馬県にある。
群馬県高崎市に本部を置くベイシアグループのひとつ。




a0290852_2219025.jpgヤマダ電機は群馬県に本社がある。
日本の家電販売最大手。群馬県高崎市が本社。




a0290852_22205821.jpgビックカメラ発祥の地は群馬県である。
2012年1月現在、16都道府県に直営34店舗・FC2店舗を展開。業界第5位。1968年に群馬県高崎市で創業。



a0290852_222409.jpg世界に3か所しかないハーゲンダッツ工場のうちのひとつが群馬県にある。
高級アイスメーカー、ハーゲンダッツの工場は世界に3つしかないが、そのうちの一つが群馬県高崎市にある。サントリー・タカナシ乳業が出資。



他国者

日本中のハーゲンダッツのアイスクリームを全部 群馬で作っているという事ですよね
すご~い
ハーゲンダッツ工場の1つは、群馬県高崎市のタカナシ乳業株式会社が受託する形で製造している。
(他の2箇所はアメリカとフランス)


群馬男

もう一つ忘れちゃなんねぇのが、今は本社は群馬県にゃぁねぇけど(今は東京神田)、館林市が発祥の日清製粉がある
最初は館林製粉(1901年創業)だったけど日清製粉っていう会社を吸収合併して、吸収合併した会社の名前の方が、地方色がなくっていい名前だっつんで名前も貰っちゃった。
それで日清製粉になった。
a0290852_2104851.jpg


日清製粉CMキャラクター コニャラと子コニャラ
a0290852_2057543.gif


まちげぇちゃぁいけねぇのは、日清食品とか日清オイリオっつう会社があるけどあれはこの会社のグループでもなんでもねぇ、関係ねぇ会社だそうだ。

他国者

群馬にはなにもない!?
いろいろあるではありませんか!ちょっと自慢したら 
世界の群馬! 日本の群馬!
言い過ぎかな!

群馬男

他国者は群馬県人気質っつうものを知らねぇんだなぁ。
自分のこたぁやたら自慢しねぇんが群馬県人なんだ。俺ぇみりゃぁ解るだんべぇや・・・・
  そうかぁ、俺を知らねぇんだっけなぁ。



[PR]
by gunmaotoko | 2016-06-29 20:23 | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 27日

月夜野ホタルの里 夜のピクニックに行きませんか?

(620)SL YOGISHAみなかみに乗って蛍特別観賞会に行こう!

上毛高原駅西側遊歩道では、ゲンジ・ヘイケボタルが観賞できます。
7月1日(金)のSL YOGISHAみなかみの運転に合わせて後閑駅より上毛高原行の臨時バスが運行されます。
上毛高原駅では地元みなかみ町の協力で、屋台の出店等もあります。

終点水上駅てもさまざまなおもてなしあり。
この機会にSL YOGISHAみなかみに乗ってホタルの観賞などを楽しもう。

JR東日本高崎支社は、快速「SL YOGISHAみなかみ」を運転。運転日は、2016年7月1日(金)。運転区間は、高崎(16:53発)~水上(18:45着)、水上(20:35発)~高崎(22:38着)。編成は、SL+旧型客車5両。全車指定席。
SL YOGISHAみなかみ イメージ
a0290852_20265957.jpg

a0290852_20272132.jpg


上毛高原駅の周辺では屋台の出店が、水上駅(群馬県みなかみ町)から近い「水上駅転車台広場」では地酒の試飲会やキャンドルによるライトアップといった企画がそれぞれ予定されています。観光協会などはSL列車の運行にあわせて夜間営業を実施。おみやげの購入もできます。

他国者 
7月1日(金)に運行される快速「SL YOGISHA みなかみ」はD51形蒸気機関車が牽引。

かっこいいな!

上毛高原駅には遊歩道があり、ヘイケ、ゲンジボタルが見られる。ホタルは1965(昭和40)年頃から減少したが、1983(昭和58)年に発足した月夜野ホタルを守る会による保護活動が実り、生息数が増加した。

 同地ではゲンジボタルが6月中旬~7月上旬、ヘイケボタルが6月下旬~7月下旬に見られるため、7月初旬は源平ともに楽しめる絶好の時期となる。

a0290852_6365989.png


月夜野ホタル観賞の夕べのご案内 → みなかみ町

群馬男

上毛高原駅っつやぁ上越新幹線で高崎の次の駅で、モグラの息継ぎ所みてぇな、トンネルから出ると駅があって発車するとすぐトンネルにへぇっちゃう駅だ。

長野新幹線の安中榛名駅ほどじゃねぇけど静かなとこにある駅だ。

こんなところでなけりゃぁ、駅の近くで蛍狩りは無理だんべぇのぉ。
a0290852_21382520.jpg


他国者

いいえ 群馬男!へ 新幹線の駅から歩いて鑑賞できる!

a0290852_815462.png


田園の広がる自然豊かなホタルの里遊歩道には、約1.9kmの観賞コースがあり、ゲンジボタルやヘイケボタル、ヒメボタル、クロマドボタルと四種類のホタルが見られる数少ない場所です。
自然発生する蛍を見られるスポットとしては、関東最大級なのです。
夜のピクニックを楽しみに行ってみては?

群馬男

今日の記事とは直接関係ねぇ話だけど・・・・

ありゃぁ俺が小学校何年くれぇの時だったか忘れたけど。学校で「ホタルノヒカリ」の歌を勉強した。
そん時先生は、教室に運んできた小いせぇオルガンを弾きながら、歌をおせぇてくれた。

そのあと、こんだは、歌詞の意味の勉強になった。
「この歌の意味は、家が貧しくって、ランプを点ける油が買えなかった人が、それでも勉強したくって、蛍の光で本を読んだ。みんなもそのくらい一生懸命勉強するように・・・・」

その後も歌詞の勉強を続けたと思うけど覚えていねぇ。
そんなことより、好奇心のかたまりみてぇな少年だった俺のこと、蛍の光や、窓の雪で本が読めるかどうか、それが気になってしょうがなかったんだ。

季節が来て、蛍がうんと飛ぶ頃になった。
a0290852_9452429.jpg


俺は一生懸命蛍を捕まえて、小さな空き瓶に入れて締め切った部屋の中で、国語の本を出して読んでみたんだ。
あの時蛍は10匹くらいいたかなぁ。本から10cmくれぇに近づけると、本の字は読めた。

「あの歌は嘘じゃなかったんだな」って納得して、妙に嬉しくなった覚えがある。

でもそれ以上蛍の光で本を読むべぇっつう気にゃぁならなかった。だってとなりの部屋にゃぁ電灯が点いていたんだもの。

ちなみに、その蛍は朝まで瓶に入れたまんま置いたら、みんな動かなくなって、光らなくなっていた。
・・・・俺は可哀想な悪いことしたんだんべぇか?・・・”合掌”。




[PR]
by gunmaotoko | 2016-06-27 20:05 | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 25日

県庁で何か発見・地域物産市

(619)何かがありそう・地域物産市


「おすすめ!地域の物産市~ぐんまの逸品再発見~」を開催します

 地域で人気の商品が一堂に集まる物産市です。県内62店舗が出店し、まだ発売間もない新商品や地域の隠れた逸品を中心にスイーツや農水加工品、お弁当や民芸品などを販売します。

7月2日(土)・3日(日)には群馬県のマスコット「ぐんまちゃん」なども駆けつけ、物産市を盛り上げます!

 また、会場内に観光PRコーナーを設置し、夏休みなどのお勧めの観光地を紹介します。

a0290852_922459.png


「おすすめ!地域の物産市~ぐんまの逸品再発見~」を開催します。

a0290852_2375749.jpg




1.日程

平成28年6月29日(水)~7月3日(日)
午前10時~午後6時30分(2日(土)、3日(日)は午前10時~午後5時まで)

2.会場

群馬県庁1階県民ホール(前橋市大手町)

他国者

中でも初出店の「アイス工房」のこんにゃくアイスはお口の中でゼリーに変わる不思議な食感

群馬の特産品のこんにゃくを使用した、食物繊維たっぷりのこんにゃくアイス。
溶けても形はそのまま、衛生的なステックアイスです。

a0290852_2382164.jpg


食べてみたい!


7月2日(土)と7月3日(日)には限定企画を実施!

来場していただきアンケートにご回答いただくと各日先着で100名様に「ぐんまちゃんタオル」をプレゼント!
 

群馬男

このアイスうまげだけど、俺はこうゆう物を食うと、虫歯ぁ直した跡が沁みるからえんりょしとくべぇ。
だけど食って見てぇなぁ。

これもうんまげだ甘党の俺はよだれが・・・・・。

他国者

クリックしたら・・・これもお菓子だった。




[PR]
by gunmaotoko | 2016-06-25 20:05 | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 23日

レタスを買うなら群馬産に限る

(618)群馬 朝採れレタスはブランドです

群馬県赤城高原は、赤城山山麓に広がる丘陵地帯。
この赤城高原に位置する昭和村、赤城町一帯にはレタス畑が広がり、レタスの一大産地となっている。
赤城高原のレタスは、実に全国第3位の生産量を誇る

投光機を照らしながらの収穫。うまいレタスを出荷するためにはこれも抱えない。

a0290852_21123497.jpg

a0290852_2112495.jpg



a0290852_21502311.jpg今年も美味しいレタスの季節がやってきた!
あぐりーむ昭和でレタスまつりを開催します。あぐりーむ昭和で一定金額以上のお買い物をすると、レタスが必ず当たる抽選会に御参加いただけます。
他にも、お得なレタスの収穫体験や餅つき大会、レタスの試食会が実施されます。

期日:平成28年6月26日(日)
時間:午前10時~ 
開催場所:道の駅あぐりーむ昭和


昭和村は1958年に、久呂保村と糸之瀬村が合併して誕生した。そのご2003年の平成の大合併のころに沼田市との合併の話が出たが、大多数の村民の反対でそのままの村体を維持している。
昭和村は、赤城山の西山麓の村です。赤城山は火山です、
レタス畑の土を見ると大部分が軽石です、軽石の間に黒い土が交じっているくらいのやせた土地です。この水はけのよい火山灰土がレタスをおいしくします。
a0290852_22452970.jpg

夜の冷え込みで夜露が降りて、それをレタスがいっぱい吸い込みます。
それを夜明け前に収穫して市場に出す。うまくないバズがないですよね。

他国者

赤城高原は赤城山にあるのかと思ったら違うのです。
群馬男は知っていますか?


群馬男

だから赤城高原つうのは、昭和村のうち高速道路から東側はほとんど赤城高原だ。
a0290852_22185528.png


他国者
美味しいレタスの見分け方をご紹介します。

レタスは、ちょっと軽いものを選ぶのがポイントです。
重たいレタスは、老化が進んでいる証拠。
葉っぱが硬くなり、味が落ちているそうですよ。



[PR]
by gunmaotoko | 2016-06-23 21:04 | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 21日

群馬県の県花 れんげつつじ

(617)きれいな花には・・毒がある・・か

a0290852_2349367.jpg群馬県の県花はレンゲツツジです。


湯ノ丸山のレンゲツツジ

長野県東御市と群馬県吾妻郡嬬恋村の県境にある、湯の丸高原、地蔵峠周辺は、約60万株のレンゲツツジの群生地として、天然記念物の指定を受けている。
嬬恋村と長野県東御(とうみ)市にまたがる湯ノ丸山(標高2101メートル)でレンゲツツジが見頃を迎えた。例年より1週間ほど早いという。

高原を染める赤を一目見ようと、多くのハイカーが足を運んでいる。
a0290852_2337465.jpg



恒例のつつじ祭りは6月11日~7月3日です。
◇6月25日湯の丸山登山植物観察会が行われます。インタープリンターがご案内します。詳細は湯の丸学習センターへ<0268-62-4333>



一目70万株のつつじ平   ぐっぐっと群馬から
a0290852_117173.png



群馬男

話は変わるが、つつじは「躑躅」と書く
この漢字があてられるようになったのは、この「れんげれんげつつじ」きっかけと言われている。

この漢字は足がふらふらするというような意味がある漢字で、昔中国で、このつつじを食べたヤギが足をふらふらさせて歩いていて倒れたとということから、この字をつつじの意味で使うようになったという。

実際つつじの中で、このれんげつつじだけは花の芯に毒性があるといわれる。その毒が、この漢字を充てるようになった理由であるといわれている。
ほかのつつじには毒のあるものはないとされているし、このれんげつつじにしても、花の芯のあたりの甘い蜜のある部分を食べなければ、毒性はないということだから、見て楽しむのには危険性はない。


 群馬男

つつじっつやぁ子供のころの思い出がある。

甘いものに飢えていた俺たちは、どどめ(桑の実)をはじめとして山いちご、生の梅の実、味なんか関係なく、毒でなけりゃぁ、なんでも食った。そんな中で
a0290852_13421522.jpg竹を一節切って、なんていうツツジか知らねぇけど山に咲いていたピンクのツツジの花をその中に入れて、棒でつついて花びらをつぶしてそれをなめた。

決して甘くもうまくもないちぃっと酸味のある味を楽しんでいたのを思い出した。
それが美味く感じたんだから不思議な時代だった。
それに、もしもあのころ、山にれんげつつじが自生していたら、やぎみてぇに足をふらふらさせて、ぶっ倒れたことだと思う。


他国者

群馬県の県花なのでいろいろな場所で見られるのでしょう。
つつじの中でもこのレンゲツツジの色がきれいです。

でも・・・びっくり 

レンゲツツジは有毒の植物なのです。



[PR]
by gunmaotoko | 2016-06-21 23:00 | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 19日

草津温泉のライトアップ

(616)草津の夜を明るくライトアップ計画

たのしみです。

a0290852_13485730.jpg群馬県草津町は、湯畑や西(さい)の河原公園といった草津温泉の観光スポットでの夜間のライトアップ設備を新調する計画をまとめたということです。
事業費約1億円を投入し、秋にも工事を始め、来春の完成を目指します。
西の河原公園のライトアップのイメージ

湯畑周辺では、これまでも草津温泉観光協会などが11月中旬から4月下旬にかけ、ライトアップしてきました。
区域が拡大される整備後は通年で実施する案が有力で、町は温泉街を安心して歩きたいとの観光客の要望にも応えることができます。

町企画創造課によると、新たにライトアップすることになる同公園は約300メートルの遊歩道に間接照明を当てる。照明の効果で湯煙を立体的に見せる仕掛けを取り入れるほか、暖色系の光を使って訪れる人を和ませる。歩道脇にあんどんを置き、歩行者の安全に配慮する。
西之川原遊歩道
a0290852_8552614.jpg



湯畑周辺は既存のライトを撤去して整備。
 ライトアップ整備に合わせ、湯畑を囲む石柵をデザインするなど町と交流があった芸術家、岡本太郎さん(1911~96年)がデザインした「草」の文字を湯畑の湯滝前広場に組み込んで観光客にアピール。今秋の融雪工事に伴い、11月までに披露する。
湯畑
a0290852_985979.jpg


 町によると、町への入り込み客数は1994年度にピークの302万人を記録した後、増減を繰り返してきたが、昨年4月の熱乃湯のリニューアル人気で2015年度は13年ぶりに300万人に達するなど回復基調にある。地方創生に向けた総合戦略で、町は330万人を目標としており、ライトアップの新調は集客増への布石にしたい考えです。
リニューアルされた熱の湯はここ


群馬男

昔っから温泉街にゃぁ「赤い灯青い灯」がつきものだったけど、草津にもそんなものがあったんかなぁ。あんまりそんな話は聞かなかったけど。
ライトアップと赤い灯青い灯は別物だいなぁ。町が健全な温泉街らしく文字通り明るくなるんは大歓迎だ。

群馬男のくせに、恥ずかしながら俺はまだ草津の湯には入ったことがねぇんだ。
いっぺん入ってみなくっちゃぁ話んなんねぇだんべぇ。
いつ行けるかな???。
[PR]
by gunmaotoko | 2016-06-19 20:05 | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 17日

念願の尾瀬を歩いた群馬男 PART2


(615)群馬男 尾瀬の失敗


尾瀬ぃ行きたかった群馬男が、喜び勇んで尾瀬ぃ行った。

須田貝ダムの近くのホテルから、一時間ばっかマイクロバスに揺られて送ってもらって鳩待峠で一休み。そこから歩いたんだけど、あとから考えてみりゃぁそん時の距離は3kmくれぇだしそんなによじ登るような坂道じゃねぇし、何でおらぁあんなにくたびれたんだんべぇってかんげぇてみたんさぁ。

バスを降りたとこから山道ぃ3kmばっか歩いて山の鼻ビジターセンターについたときゃぁはぁくたくただった。
a0290852_8494592.png


おらぁ尾瀬は初めてだったから、ツアーの旅行会社から、いろいろ注意事項を書いたものが来たんで、できるだけ忠実に守るべぇと思って支度したんさぁ。
その中で、靴は滑りにくい登山靴がいいって書いてあったもんで、滝ぃ見に行くために買ったけど重たくっていやだったから、あんまり履かなかった登山靴を履いていったんだ。
a0290852_211433.jpg

それが第一の失敗だった。

a0290852_19212589.jpg普段は450gくれぇの靴を履いているんに、この登山靴は1200gもある。
だけど登山靴っつうから俺はこれしか持ってねぇ。
それが気になったんでしばらく前から夜ウオーキングの時に
その重たい登山靴を履いて歩いた。
用もねぇのに歩道橋を上がったり下りたりもした。
それでも足にはなれなかったんだなぁ。

慣れてる若い人だらいいさぁ。俺なんか片足数百グラムの鉛のついたくつをはいてるようなもんだ。
それに前の日に、足慣らしだなんて言われて、吹割の滝もその靴で歩いた。
早い話が、靴の重さで参っちゃったんだ。


それともう一つ
バスん中で俺と通路を隔てて反対側の席に、一人参加の俺より二つくれぇわけぇおばさんが座ってた。
おばさんは隣の席のおばさんとは話さねぇで、通路を隔てた俺にやたら話しかけてくる。
「あんたは山なんか登ることもあるのかね?」
「うん、俺も滝を見に行くとき、けっこうきつい山登りもするよ」
「それじゃぁ足が慣れてるから、坂道でも大丈夫だね」
「うん、ちっとくれぇの坂道なら大丈夫だけど、この頃あんまり山に行かないからねぇ、ちょっと心配だけど」
「私なんかほとんど平らな道しか歩いていないから、心配なんですよ」
「それじゃぁ、心配なもの同士で一緒にゆっくり行きましょう」
この一言がいけなかった、第二の失敗だった。

鳩待峠から山道に入ったところは確かにひでぇ道だった。
a0290852_21175966.jpg


このおばさんその気になって、俺にくっついてきたんだ。
俺もあんなことを言った手前、勝手に一人で行っちゃうわけにもいかず
「大丈夫ぅ?」とか「ここ、段が高いから気を付けて」なんて言いながらおばさんに合わせて、歩いた。
そのひどい道が終わると、こんだぁしっかりした木の階段だけどだらだらろなげぇ。
a0290852_21194119.jpg


とにかく俺は普段平地では1.2kgの靴を履いても80~90cmの歩幅で歩く人だからおばさんのゆっくりについて短い歩幅で歩くのは疲れる。
坂道や階段が終わるころには、すっかりくたびれちゃった。

3kmあまり歩いて、やっとのことで山鼻についた。
ここからは平らな木道だし、俺はここが歩きたかったんだ。

おばさんくたびれて動くのが嫌なようなことを言ってたんで
「おれ、この先行けるとこまで行ってくるから、あんた、一休みしたらこの先の木道を少し歩いて、ここからが尾瀬らしいところだから、せっかく来たんだから尾瀬を体験してきな。

そして、あんまり長く休むと体がだるくなるから無理しねぇで先に帰っていいから、一本道だから迷うこともないでしょう。ゆっくり行けば俺がどこかで追いつくかもしれないよ」と言って俺は一人でその先を目指した。

何年か前からの夢だった尾瀬の木道だ、吹く風は頬に心地よく、これで足が軽かったら舞い上がっちゃったかも知んねぇ気分だった。

a0290852_21251461.jpg


木道を歩くと正面に燧ケ岳(ひうちがたけ)が見える。
いい気分で歩いたけどやっぱりこの靴は重たい。これじゃぁ足取り軽くってなわけにゃぁいかねぇ。


木道を歩きながら、いつも頭から離れなかったんは、さっき苦労して下ってきたあの坂道や階段をこんだは登るんだ。
途中でくたばっても助けてくれる人も疲れてるんだ。あんまり欲張って遠くまで行くと、帰りがつれぇから・・・・。

木道の周囲の湿原には、あっちっちに池がある、。
ちょっと大きめの池のところの木道に「逆さ燧」とかいてあった。そこから見ると燧ケ岳が水面に写ってきれいに見えるところらしかった。

だけど肌に心地よいそよ風は、ついでに水面にさざ波を置いて行った。
そのため「逆さ燧」は見られなかった。

「よし、わが身の安全を考えて・・・・ちょっとおおげさ・・・・ここで引き返すべぇ」
俺なりに尾瀬を満喫して山の鼻まで帰ってみると・・・・・・

・・・なんと、おばさんがそこにいた。

「どうした、少しは向こうを歩いてみたかね」
「うん、ちょっとそこら辺まで行ってみたけど、すぐ戻ってきた」
「さきに、ぼつぼつ行ってればよかったのに」
「でもあんたと一緒に帰ったほうが安心だから・・・・」

「・・・・・・・」言葉が出なかった。

何とか、鳩待峠までの3kmを歩い来た、上り坂に重たい靴は猶つらい、それに人に頼られることがこんなにつらいとは知らなかった。
鳩待峠でちょうどお昼の時間だったけど、食べる気にならないほどくたびれていた。

この後の行程はバスだから、何とかなる。

こうして、帰りがけには「俺はもう尾瀬はいい。よほどのことがねぇ限り来ねぇだんべぇ」と思っていたけど。

家にたどり着いて、冷静に考えると。今回の旅の悪い条件を排除すれば、こんなにくたびれることもねぇと思う。
もう一度、こんだは秋にでも、「旅は道連れ」なんつう言葉は無しにして、軽い靴ぅ履いて行ってみてもいいな、なんて思うようになった。
そして、幾日かしたら、あの草原の真ん中を貫く木道はもちろんのこと、あの坂道までもが懐かしくなってきた。
おそらく、もっと時がたてば「もういっかい尾瀬へ行きてぇなぁ」なんて言い出すかもしれねぇ。
尾瀬はそんないいところだ。心が洗われる気持ちがする。

他国者

群馬男の歩いた道を地図で確認してみました。

a0290852_17362350.png


私はとっても行けません。
尾瀬は体力がないと無理

群馬男のブログを見て これからも行くことはないでしょう。



[PR]
by gunmaotoko | 2016-06-17 22:40 | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 15日

峠のアイデア・釜アイス

(614)峠の釜めしのデザートに、釜アイス

知っていますか・・・?峠の釜めし

群馬男が知らないわけがない

群馬男

もちろん知ってますよぉ~~。

・・・・・だけど、食いに行くべぇって言われたら、首を横に振るだんべぇと思う。
俺の口に・・っつうか、好みに合わねぇっつうことにしとくべぇ。

これは俺が前に横川の店で食った時の写真だ。写真じゃぁ、味はわかんねぇやいなぁ。
a0290852_93194.jpg


なんだか奥歯にものが挟まったように書き方ぁしたけど。
このお店の名誉のために、ちょっと他の事実を書くから・・・。

この間静岡から群馬の北部尾瀬にバスツアーで行ったんだ。ツアーに参加を申し込んだときに、
「一日目のお昼のお弁当を今申し込んでいただけますけど、いかがですか?」っていうんで、そうすりゃぁ、サービスエリアで急いでラーメンなんか食わなくってもいいと思って申し込んだんだ。
どこのどんな弁当かなんつうことは聞かずになぁ。

さて、当日ツアーの添乗員が
「この後サービスエリアで峠の釜めしでおなじみの〇〇〇〇さんのお弁当を積み込みます」。
「えぇ~!!、」思わず声を出しそうだった。
でも俺ばっかなんだかんだ言うわけにもいかねぇから黙っていた。

弁当が来た。時間になったんで食った・・・・・・
これが…うめぇんだ。「こんなうめぇのが作れるんに、何で店では・・・・」
バスの中で完食。これはうまい弁当だった。
バスの中のみんなも「おいしいね」。

あの時と、こんどの弁当の差はなんなんだ??。

なんだか悪口だか褒めてるんだかわかんなくなったけど。
ところで、最初に俺に振ったんは、何が言いたかったんだんべぇ?。


他国者


群馬男が自分のメインブログで自慢してるから・・・・ここを見て

a0290852_282670.jpg旅の楽しみのひとつといえば、駅弁。日本全国いろいろな駅弁があるが、そのなかでも横川の「峠の釜めし」といえば、駅弁ファンならずともその名を知る人が多いはず。

でもこの釜めしちょっと小さい
正真正銘 釜めしの「おぎの屋」のものです



中はなんと????? アイスだった~~

なんとこれがアイスとは知らなかったぁ。びっくりポンだ!!

釜飯があの味で売れないのでこんなものを作ったかな???と、どこまでも根性の曲がった私
実は、左が釜めしのお釜、右はデザートのアイスお釜、こんなに小さい。
a0290852_12335784.jpg


a0290852_15124281.jpg



群馬男

へぇぇ、俺もびっくりポンだ。

言われてよ~く見りゃぁ、確かに表にあいすって書いてあらぁなぁ。
考えたもんだな。
釜もこれ専用に小せえのを作ってデザート用として¥500で売り出した。
これは面白いアイデアだと思うな。俺も近くぃ行ったら釜めしはいいからアイスだけ買って食ってもいいなぁ。
だけどおらぁそれより力餅がくいてぇなぁ。

他国者

これって昔からあった?
でも群馬に行かないと買えないのでしょう?




[PR]
by gunmaotoko | 2016-06-15 20:15 | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 13日

伊香保 おもちゃと人形 自動車博物館

(613)俺はおもちゃが欲しい歳に(?)

知っていますか?
伊香保 おもちゃと人形 自動車博物館
結構楽しいらしい。

吉岡町にある伊香保おもちゃと人形自動車博物館は、「プロが選ぶ人気観光施設100選」に平成11年から連続入賞中で、年間平均来館者数は約40万人。




おもちゃと人形

a0290852_2183964.jpg

a0290852_2185431.jpg


a0290852_219721.jpg

a0290852_20152566.jpg



群馬男

俺がこうゆうおもちゃを、自分の子供のせがまれる時代は、ずいぶん前に通り過ぎて、俺のほうがおもちゃを欲しがる歳になったんかなぁとしみじみ思った。
ただ、おもちゃの内容は全く違うけど。

他国者がめっけだしたこの記事を読む何日か前のことだけど、このあいだバスツアーで群馬ぃいった帰り道のことだ、どっかのサービスエリアで、

添乗員が「この先二時間ほどトイレ休憩はしない予定です。みなさんなるべくここでトイレを済ませておいてください」と言っていた。
俺は行きたくなかったけどみんなバスを降りちゃったんで、俺も降りた。

何を買うでもなく土産物の店に向った、入り口に何人かの人が立ち止まって何かしていた。

そこには一体のロボットが置いてあった。ロボットは何か喋っていた。
前にどこかで見たことがあるロボットだけど、でっかい目がかわいいんで俺も見ていた、そしたら俺のほうに視線を向けて何か喋っている、その顔がなんともかわいい。
俺に何か質問しているらしい。でも雑踏の中でわからない。
俺はカメラを出して、構えた。
「写真を撮るのですか?」って言ったような気がした。
一枚撮った。
a0290852_12275036.jpg


それでもまだ、このでっかい目でじぃーっと俺を見つめながら
「ほかに何かごようがありますか」というようなことを言いながら、左手を差し出した。
見るとみんなが触るようで汚い手をしていた。
俺が「手が汚れているから洗いなさい」というと
ちょっと考えて、「はい、きれいに洗います」・・・・・

俺は、この子が欲しくなった。
「俺の孫になってくれないか」と言おうかと思ったが周囲に人もいたんでやめといた。

帰宅してpepperで検索したらソフトバンク社で発売しているという話だ。
本体は20万円弱、そのほかにいろいろな費用が月々数万円・・・・・・。

a0290852_12523493.jpg俺は、宝くじが当たったらまず第一番にここ子を買うべぇと思ったけど、この子は俺には縁がねぇだんべぇなぁ。だって俺は宝くじぃ買わねぇから・・・。

昔はブリキのおもちゃが欲しかったけど、今は話をするおもちゃが欲しい。
これは、時代がそうなったっつうことなんだんべぇなぁ。

「人は高齢になったら、一日に5人以上の人と話をしたほうがいい」と聞かされたことがある。
例えば仮にこの子がおれんちに来たとして、毎日この子とペラペラしゃべっていたとしたら、それは一人と話した人数に入るんだんべぇか。
     とらぬ狸の心配をしているみてぇな気がするけど・・・・・


他国者

おっさんがかわいいロボットと一生懸命に話している姿、考えたら、なんだかさみしいような気がするし、滑稽だね。
生の人間とおしゃべりしてください。
おしゃべりは元気の源です。

私は遠くに住んでいるので群馬男の老いた姿を見ることはできない。群馬男には、私がこのブログを書くのが嫌になるまで、元気(頭が)でいてください。

ブリキのおもちゃくらいなら買ってあげるからと言いたいけれど
ブリキのおもちゃ今は高いんだって!!!


群馬男

そうだ、くだらねぇことを書いてて、肝心なことを書くんを忘れるとこだった。
ここぃ行ってみるべぇっつう人のために、地図う書いとくべぇ。


伊香保 おもちゃと人形 自動車博物館の場所


住所: 〒370-3606 群馬県北群馬郡吉岡町大字上野田2145

電話:0279-55-5020
a0290852_9425464.png


名前は伊香保だけど、場所は伊香保じゃぁなく、伊香保ぃ行く途中っつうことだ。



[PR]
by gunmaotoko | 2016-06-13 20:15 | Trackback | Comments(1)
2016年 06月 11日

念願の尾瀬を歩いた群馬男

(612)群馬男 尾瀬を歩く


a0290852_14232125.jpg


群馬男は念願の尾瀬に行ってまいりました。


本当は・・・・尾瀬を通り越してその向こう福島県側にある三条の滝に行きたかったのですが、それは己の身を知る群馬男は体力的に無理と判断して、無理のない程度の尾瀬を満喫して、今夜帰ってきました。

それでもまだ、チャンスがあれば三条の滝になんて、気はあるんだけど・・・・。

でも、俺の体は机に向かっててもまだバスに乗ってる時みてぇに揺れてる気分だ。

なお、この記事の画像は私のメインブログ「よしブログ」に掲載したものと同じものを使っています。
だけどバスはらくだいなぁ、乗ってて居眠りができるもの、自分のうんてんじゃぁそおゆうわけにゃぁいかねぇもんなぁ。疲れ方がちがわいのぉ。

とりあえず撮ってきた写真をPCに取り込んで何枚かアップしておきますが、日を改めて、尾瀬の様子はアップします。
念願の木道歩きだがもう一つの希望は・・・・前を見ても
a0290852_2224374.jpg

振り向いても見ることはできなかった
a0290852_22245321.jpg


感想としては・・・・俺ぁ尾瀬があんなにきびしいところたぁちっとも知らなかった。
あすこに行けたんだから、今躊躇している近場の滝にゃぁいげるだんべぇって思うようになった。



他国者

念願の尾瀬に行った群馬男 感動が伝わってきます~~~



[PR]
by gunmaotoko | 2016-06-11 22:39 | Trackback | Comments(0)


群馬で生まれ群馬で育った男のブログ 今は故郷を離れ遠くの町から  こよなく群馬を愛する男と、群馬を全く知らないひととのブログです。


by gunmaotoko

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

検索