群馬出身の望郷男と、群馬県のこと知らない他国者が、勝手に書き込んでいるブログです

<   2014年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2014年 02月 27日

投稿200回

(200)群馬男と他国者から

投稿200回にあたり御挨拶  群馬男
光陰矢の如しと申しますが、100回のご挨拶を投稿したのがつい先日のような気がしておりましたが、あれからまた100回分の話題をご覧いただいたことになります。

このように変則的に二人が一緒に一つのブログを書くという方法で始めたころは「どうせ50回ぐれぇで終わることになるんだんべぇ。もしも100回まで続きゃぁ上等だんべぇな」などと考えながら回を重ねて200回になりました。
これも、このつたないブログをご覧くださる皆様がおられればこそ達成できたものと感謝いたしております。
このブログに付随している情報によりますと、毎日50~70名ほどの方が、ご覧くださっております。
これを励みに今日まで続けてまいりました。
これからも、私と他国者が喧嘩でもしない限り続けてまいりたいと思っております。
どうか皆様これからもよろしくご支援くださいますようお願い申し上げます。

       
      2014-02-27           ブログ管理人 敬白

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

毎回、一つの話題ぃめっけちゃぁ取り上げてるんだけど、他国者にしてみるとそれが新発見だったり初耳だったり、・・・・そしておれにとっちゃぁ「そんなこたぁ知ってる」 って言いてぇとこなんだけど、俺も群馬ぁ離れてっからもう半世紀以上になるで、記憶の方もやべぇし、ぐんま自体も変わっちまってるもんで、知らねぇことが多いんだ。
だから話題ごとに俺にとっても新発見のことがけっこうあるんだいなぁ。
このブログぅ始めてっから、俺も群馬のことについて、ちったぁ物知りになってきたわけだ。

だけど前に、蚕のことを詳しく書いたとき、おらぁ商業高校だったから蚕のことなんかは、勉強したわけじゃぁねぇ、ただの「門前の小僧習わぬ經読む」程度の知識だったけど、あのブログぅ蚕糸高校の蚕糸科を卒業した弟に読ませたら、「大体こんなもんでいいと思うよ」って言ってたっけ。

それにこのブログぅ書くようになってから、それまで以上に群馬のことが懐かしく思えるようになってきたんだ。
群馬の風景、地名、言葉づかい、なんでも懐かしい気がするんだ。
こうゆうのを「郷土愛が芽生えた」とでも言うのかなぁ。

a0290852_2225327.jpg


浅間山だって、半分は長野県の山だけど、あれは紛れもなく俺の故郷の山なんだぃなぁ。


俺の故郷だけじゃなくどこの土地でもそうだけど、故郷は変わっちゃった。
こんな山ん中にこんな駅ができるなんつうこたぁ俺が群馬にいたころにゃぁ考えられなかったことだ。
a0290852_22164370.jpg


俺が群馬にいたころは、うちの近くをSLが走っていた。
この単線の鉄道が太平洋側と日本海側を結ぶ大動脈だった。天皇陛下が軽井沢へ避暑に行かれるときだって、この線路を通って行った。

こんな話がある。
たぶん4月頃だと思うけど、近くの百姓の人が、養蚕に使う薄手のむしろ(みながって言った)を線路わきの切通しの土手に干していた。
そしたら、国鉄と警察の人が来て「今からお召列車が通るから、この汚ねぇ莚を片づけろ」と命令した。
すると百姓は、「何が汚ねぇだ、こらぁ国にとっても大切な、お蚕に使う莚だぞ!」と言い返した。
しばらく言い争った末に仲裁に入った人に「天皇陛下が通られるんだ、ちょっと片づけてくんねぇか」と言われてしぶしぶ片づけたそうだ。

遠くの方で鳴る汽笛の音、だんだん近づいてくる蒸気を吐く音。上り列車が下り勾配を走る軽い音。
登り坂を喘ぎながら走る下り列車の音。
みんな懐かしい望郷の一こまだ。
a0290852_22373663.jpg


つままらねぇことを書いたけど、これからもよろしく頼まぃ。

投稿200回にあたり御挨拶  他国者

ブログ散歩で偶然出会った群馬男のメインブログ「自然とともに生きる」滝と花と富士山が好きだと書いたブログに「ふるさとは群馬」と書いてあった。
群馬? まったく知らない県です。行ったこともない今まで全く興味を持ったこともない場所だったのです。

群馬県 どこにあるの~~?

こんな出会いが始まりでこのブログを書き始めました。

群馬のことをまったく知らない他国者はこのブログを通して群馬のことを知りました。
群馬県人の方が故郷 群馬を愛する気持ちがすご~く強いことも知りました。愛国心ではないが愛県心なのです。
郷土愛は他県の方より強いということも知りました。

このブログは「群馬で生まれ育った男の自分史?」
書き綴る形は違うかもしれませんが群馬男の「自分史」のようなものではないでしょうか?
そのお手伝いを他国者が一緒に書かせてもらっている。

群馬男が申しております「これからも、私と他国者が喧嘩でもしない限り続けてまいりたいと思っております。」
喧嘩はするつもりはありませんが何せ二人とも高齢です。
トラブルなく健康でブログが書き続けることができるかどうか?
そちらのほうが心配
a0290852_130236.gif特に群馬男は・・・大丈夫かな

お約束はできませんが・・・・次の目標は300回
できるかな~~

      
     2014-02-27  気持ちはだけは群馬県人の他国者


おいおい、群馬男だって読んでるんだどぉ。おらぁ大丈夫さぁ!(若けぇつもりの群馬男)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



 
[PR]
by gunmaotoko | 2014-02-27 08:01 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 25日

皆さん ありがとう ぐんまちゃん

(199)ぐんまちゃんお誕生日  “永遠の7歳”


報告が遅くなりましたが・・・
22日はぐんまちゃんのお誕生日でした。

みんなお祝いしてくれてありがとう!

a0290852_11521137.jpg


2月22日(土)、23日(日)にはぐんまちゃんお誕生日会のイベントで大忙しでした。

「ぐんまちゃん」のお誕生日会が22日、群馬県民ホールで開かれ、県内外から駆けつけたファン約1000人が「ハッピーバースデー」を合唱して祝っ手くれました。

ぐんまちゃんは1994年2月22日にお披露目された。ことし生誕20周年の節目を迎えたが、年齢は“永遠の7歳”。

お誕生日会は午前、午後の2回に分けて開催。昨年誕生した高崎市金古運動広場のキャラクター「かねタン」、甘楽町の「かんらちゃん」も駆けつけて祝福してくれました。
ぐんまちゃんグッズが当たる抽選会や、ぐんまちゃんダンスの講習会、菓子や文房具などの「ぐんまちゃんショップ」もあり、多くの来場者の方と一緒に楽しみました。

群馬県庁1階県民ホールでは3日も、「ぐんまちゃんダンス」やすごろく大会、グッズ販売などが行われました


おしらせ

ドンドン応募してください

ぐんまちゃん衣装デザインコンテスト開催

詳しくは → こちら群馬県(募集締切は3月31日まで)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

群馬男

そうかぁ、あれからもう一年かぁ,ぐんまちゃんは歳とらなくっていいなぁ。

俺なんか毎年歳とるもんで、もう・・・・・・・(言うまい!)

何はともあれぐんまちゃんおめでとう。最近は日本中でいろんなユルキャラができて、中にゃぁうるせぇ程踊りまくるやつもいるけど、おらぁこのおとなしいぐんまちゃんがすきだぃ。
どうだぃ、県庁のみんなにかわいがってもらってるかい?。
オコンジョする奴がいたら、このブログのコメント欄にに書き込みな、俺が行って叱ってやるからな。

a0290852_92073.jpg
去年、バースディカードをもらった、あの「湯もみちゃん」かわいかったね。
今年ももらったかぃ。
あのツーショットの写真、まだ大事に持ってるぜ。

 この写真、去年のバースディカードのぐんまちゃん。




[PR]
by gunmaotoko | 2014-02-25 00:00 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 23日

大雪の山里に雪かき応援

(198)市民ボランティアに感謝


2月22日、群馬県安中市松井田町西野牧下平地区に、雪の本場柏崎市から雪かき応援が来た。

この松井田町西野牧下平と言えば、上信越自動車道の碓氷軽井沢インターに近い山の中の集落で、海抜は650m位あるところだ。
今度の大雪で積雪は1m位になったという。
国道18号の碓氷峠で多くの自動車が立ち往生して長い渋滞が何日も続いたとニュースになったところからほど近いところだ。
a0290852_22482694.gif


安中市中心部からはかなり離れた、長野県軽井沢町に近いところで、行政の雪かきもあてにならず、大雪には慣れていない地元の人たちが雪かきをしてとりあえず最低限の生活道路は確保してきた。

柏崎市では、3年前から群馬県ボランティアが除雪に協力しており、安中市社協職員も2年前に応援に行った。今回はその恩返しにと、職員4人が15馬力の除雪機2台とともに駆け付けた。

 同地区に住む主婦、小林洋子さん(73)によると、積雪は最大で約1メートルあった。住民が協力して除雪を進めたが、雪に埋もれたままの道も残っており、両社協と市民ボランティアら11人は協力して道の拡幅や除雪を行った。

 柏崎市社協の山崎博之さんは「群馬県の人たちには、私たちも助けてもらっている。少しでも役に立てたら」と話した。

                 下平で雪かきの様子
a0290852_21582079.png


 安中市では22日も市民ボランティアらが市内各地の除雪に協力する。

群馬男

いい話だぃなぁ。
おれ、こんな話ぃ聞くとなんだか知らねぇけどうるうるしてきちゃうんだいなぁ。
本当だったら俺が手伝いに行きてぇくれぇだけど、俺も若かぁねぇから、行ったところで邪魔んなるくれぇじゃねぇかと思うから遠慮しとくけど。
地図で見たらこのあたりは、あの車がスリップして登れなかった碓氷バイパスから直線距離で4~5キロくれぇのとこだ。
おらぁ行ったこたぁねぇけど、ストリートビューで見ると緑の豊富な山ん中のいいところだ。
ここぉらも、山村だから高齢化が進んでいるんだんべぇなぁ。俺が今日行った静岡の近くの山ん中の集落も潰れかけた廃屋がいくつもあった。
おらぁそれぇみて「このうちだって建てたときは新築だったんだぁなぁ」。そんなん見ると寂しくなるなぁ。
なんだ、秋でもねぇんにばかに湿っぽくなったなぁ。
その廃屋ぅ見せべぇか。
はぁ、何年も住んでいねぇんだんべぇけど,みじめな姿だいのぉ。
せめて取り壊しちまってやりてぇ気がすらぃ。これじゃぁ家がかわいそうだ。
a0290852_235264.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

他国者

a0290852_885070.gif群馬県民になり代わりまして

感謝 感謝で~~~す

応援してくださったみなさ~ん。有難うございま~す。










ぐんまちゃんも大変喜んでいるようです。




[PR]
by gunmaotoko | 2014-02-23 00:01 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 21日

荒船風穴

(197)日本の養蚕を変えた荒船風穴


a0290852_23151428.jpg


日本では古来から養蚕が盛んでした。
明治初期から昭和にかけては、絹の生糸や織物の輸出が国家の財政を支えていました。
しかし、現在、日本の養蚕は絶滅寸前の状態です。
 
養蚕は日本の各地で行われましたが、特に盛んだったのは群馬県だったのです。
その群馬県でも養蚕が途絶えようとしていますが当時群馬の養蚕業を盛んにしたうえで大きな重要な役割を果たしたのがこの荒船風穴でした。

明治38年(1905)から大正3年(1914)に造られ、岩の隙間から吹き出す冷風を利用した蚕種(蚕の卵)の貯蔵施設で、冷蔵技術を活かし、当時年1回だった養蚕を複数回可能にしました。3基の風穴があり、貯蔵能力は国内最大規模で、取引先は全国40道府県をはじめ朝鮮半島にも及びました。

他国者

当時年一回だった養蚕・・・・何が一回だったのですか?これがわかりません。

群馬男

俺が説明してやるべぇ。

昔は、蚕っつうなぁ繭を作ってその中で蛹になってそれが繭を食い破って蛾になって出てくる、そして交尾して卵を産んで、その卵がかえって蚕になる。

それを勝手にっ繰り返していたんだ。
それじゃぁ、いつ孵化するかわかんねぇから飼いずれぇ。ちいっとあったかくなると卵は孵化しちゃうんだ。その時桑の葉っぱが育っていてくれりゃぁいいんだけど、まだ桑が出てなかったら蚕は食うものがなくってそのまま飢え死にしちゃうんだ。

そこで、その調整を人間の都合に合わせるべぇっつうことになった。
それにゃぁ桑の葉っぱが育つころに孵化させなくっちゃぁなんねぇ。

そこで、蚕の卵を低温貯蔵しておいて、桑の葉が育つころに常温に戻してやって孵化させるべぇっつうことになった。
だけど昔は電気冷蔵庫なんかなかった。

そこで冷蔵庫代わりに、地中の冷たい空気が吹き出す風穴を利用して、天然冷蔵庫を作ってそこに蚕の卵を貯蔵したんだ。

その中に蚕の卵を貯蔵しておけば夏になっても、常温にださなけりゃぁ孵化しねぇ。。
そこで俺の実家のあたりだと、まず一回目が五月の連休頃に一度孵化させて、残りは7月頃、またそのあとは8月とか9月というように桑の都合と人間の農作業の都合を考えて孵化させられるようになったっつうわけだ。

俺の実家で一番多くやった時は、春蚕、初秋蚕、中秋蚕、晩秋蚕、晩晩秋蚕と一年に5回孵化させたこともあった。

この風穴のお蔭でというか、風穴の利用を考え出したお蔭で蚕の卵の孵化を調節できるようになったっつう話なんだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

荒船風穴と荒船山はちょっと離れている。
たしか俺の実家からも見えたと思ったけど、その画像がねぇんだ。

まだちっちぇぇころだけど父親に
「あの妙義のっ向こうの方の上がてぇらな(たいらな)やまはなんつう山だい?」と聞いた覚えがある

父は
「あの山はな、荒船山っつうんだ」
長野県との県境にある山だ

この荒船山は、今豪雪で孤立状態になっている、群馬県の南部南牧村のすぐ近く下仁田町にあるんだ。

他国者

わかった 
このような石を組んで その中に蚕の卵を入れるんだ。そうするとこの中は温度が低いから孵化しないんだ。

群馬男
よくできました!!。



a0290852_2393177.jpg

a0290852_23111260.jpg

a0290852_23112341.jpg


約3mの高さに石垣を組み、岩の間から吹き出す冷風によって蚕種を貯蔵した施設跡が現在も残っています。
これは模型ですがこのように建物(小屋)があったようです。

a0290852_23113855.jpg




繭の中のさなぎがまゆ繭を食い破って出てきた蛾が生んだ卵を見たことがあったけどちょうどこんな様子だった。
蚕の品種によってはほかの色のもあるようだけどそれは見たことがねぇ。
直径2mm位 これは産卵中
a0290852_9342047.png


孵化して間もない、第1齢の蚕で毛虫状態
a0290852_93606.png

これが4回脱皮してから繭を作る。

蚕種会社から来るときの入れ物はこんなもの、これに10gの卵が入ってくる
a0290852_9383973.jpg


他国者 

荒船風穴で保存された この箱に入った紙???が全国に売られたのでしょうか?
さすが養蚕業の家で育った群馬男ですね



[PR]
by gunmaotoko | 2014-02-21 16:00 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 19日

安中・大雪被害

(196)安中のスギ並木 天然記念物も被害

大雪の影響で、国指定天然記念物の「安中原市のスギ並木」(安中市)や前橋市の敷島公園のマツに被害が出た。いずれもけが人はいなかった。

スギ並木では、樹齢400年を超え、天然記念物に指定されているスギ13本のうち、少なくとも2本の枝が折れた。
群馬県安中土木事務所や安中市教委によると、指定外のスギと合わせ、数十本の枝が折れて落下した。
「古木なので大雪に弱かったのだろう」としている。

a0290852_748308.jpg


a0290852_754218.gifこの杉並木は・・・・

江戸時代、街道には一里ごとに一理塚が築かれ、通行する人を風や日差しから守るために並木が植えられました。
中山道の杉並木である安中原市の杉並木がいつ植樹されたかには、3つの説があります。

①慶長(けいちょう)9年(1604)説で、この頃各街道の改修が命じられました。
②元和(げんな)元年(1615)説で、高別当の人が杉の苗を植えているところに中山道を旅をしてきた人が大坂落城を知らせたということです。
③第6代安中藩主板倉重形(いたくらしげかた、藩主在位天和元(1681)年~貞享3(1686)年)が植えさせたという説で、これは第15代安中藩主板倉勝明が大坂勤番に赴く時の紀行である『西行紀行』の中に杉並木について「余(よ=私、ここでは勝明のこと)の祖先の倍樹するところなり。ー中略ー今に至る百年余」と書いてあるからてす。実際のところ、今まで落雷等で枯死したものを伐採したところ、杉の年数はさまざまであり、枯れたものがあった場合は地元の人が苗を植えたと推測されます。

並木の杉の数は天保15年(1844)には732本、昭和7年(1932)には321本で、昭和8年に国指定天然記念物に指定されました。現在は十数本に減少しました。

群馬男

その安中の杉並木、昔は国道17号沿いだったんだけど、今は県道沿いにあるんだ。

植え替えたわけじゃぁねんだぜ、国道18号がバイパスができてさ、杉並木があったほうの道路は県道に格下げになったっつうわけだ。

ちょうど1っか月前だけど、おらぁその杉並木の下ぁ通ってきたんだ。
写真だってとってきたでぇ。

安中杉並木
a0290852_21112574.jpg


あんときゃぁ、「国道が向こうへ行ったんで、杉の木も元気になったみてぇだなぁ」と思って見たけど、それでも結構弱くなってる枝もあるんだんべぇなぁ。何しろ古いもんだからなぁ。

もう一枚、反対側から撮った写真の中に、ここの杉の木の輪切りが飾ってあって能書きが書いてある看板が写ってたっけ。
a0290852_21153319.gif


やっぱり自然の力にゃぁ勝てねぇっつうことだ。

くどいようだけど、大雪の降った地方もみなさん、気を付けてくんないのお。

a0290852_21325179.jpg




 
[PR]
by gunmaotoko | 2014-02-19 22:00 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 17日

群馬男の故郷は・・・どうなった?

(195)記録にない豪雪


群馬男の書き込み

17日午前9時30分、
群馬の実家に電話してみたが、90センチくらい積もったそうで、これだけの積雪は還暦の甥も初体験だそうだ。
それでも被害と言えば庭木の枝がいくつか折れたくらいで大した被害はないし、幹線道路以外はほとんど通れない、自分で雪を除いたところだけは道が確保されているくらいだそうだ。

ちょっと離れた国道18号も車の列がつながっているようだとのことでした。

大雪に見舞われた地方の皆さんの中でも普段大雪の降らない地方の皆さんは大雪に慣れていない方も多いと思います。
どうか屋外の行動には十分ご注意ください。


記録的な大雪 新聞配達できず


雪のため新聞の配達ができない地域が出ています。
新聞社ではネットで誰でも見られる新聞をアップしました。

【おわび】各地で配達不能、配達が遅れています

2014年2月17日(月) PM 06:00

歴史的な豪雪のため、16日の新聞が多くの地域で配達できなかったり、大幅に遅れました。ご迷惑を掛けたことをおわびします。17日も道路の状況などにより配達できなかったり、遅れる場合があります。ご了承ください。             上毛新聞

a0290852_2215911.gif

a0290852_2221881.gif


新聞が配達された地区の画像 群馬在住の方のネットから借りました。

a0290852_2218760.jpg


群馬男

せめてもの気休めに、雪を綺麗と思える画像を掲載します。
これは16日に静岡市清水区の、三保の松原で撮影したものです。左は三保海岸と三保の松原です。
a0290852_100924.jpg


なおこの富士山の画像はここでもご覧いただけます。



[PR]
by gunmaotoko | 2014-02-17 22:00 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 17日

歴史的な大雪 群馬

(194)記録的な大雪

明治29年以降の118年間で最も多くなり、記録的な大雪となりました。
前橋73センチ……歴史的な大雪に

関東甲信地方で14日夜明け前から降り出した雪は次第に降り方が強まり、14日夜遅くから15日未明頃をピークにして、降り積もりました。

「歴史的」と言っても良いほどの記録的な大雪になった

駐車した車が雪に埋もれてしまい、雪かきをする人、前橋市

a0290852_0531038.jpg


雪で車内閉じ込め相次ぐ…群馬、中之条町 男性2人が死亡
商店街アーケード崩落、ケガ人なし 高崎市

a0290852_1143109.jpga0290852_11431987.jpg

携帯各社、大雪の影響で通信障害が発生
東京電力群馬支店によると、15日午後3時現在、
県内12市町村で6642軒が停電となっている
中央道から出られない SAでもう一晩車中泊も
15日未明から全線で運休が続いたJR高崎線では、帰宅手段のない乗客が車内で過ごした。
豪雪で自衛隊に災害派遣要請 4人を救助  高崎
交通事故365件 9割がスリップ事故

<大雪>週末の足混乱 倒木のJR高崎線5900人が車中泊

a0290852_142554.gif


富岡製糸場の乾燥場が半壊 

a0290852_11254686.jpg隣接する東繭倉庫の屋根からの落雪を受ける、倒壊した乾燥場


 → ニュース

【速報】安中市に災害救助法適用  内閣府

更新日時:2014年2月16日(日) PM 11:00
内閣府は16日、群馬県の申請に基づき、14日以降の大雪で被害を受けた安中市について災害救助法を適用すると発表した。

群馬男

おれも群馬県で70cmを超える雪がふるなんつうこたぁ聞いたことがねぇやいなぁ。

こないだっつったって先月だけど、ぐんまぃけぇった(帰った)とき、同級生の女の子だったオバさんたちと話したけど、彼女らは
「昔はずいぶん雪が降ったけど、この頃は雪があんまり降らなくなったんね、ずいぶん振ったって10センチくらいきしゃ(くらいしか)降らなくなっちゃったんね」っつうことだった。

俺は子供のころに40cmっつう記憶があるけど、今度の70cmっつうなぁびっくりだいなぁ。

a0290852_22284524.jpg
ちょっと雪が降る地方だと屋根に雪止めっつうのが付いているんだ。
だけどあんまり大雪だっつうと雪がその上を乗り越えてでっけぇ塊りが落ちてくるんだ。
二階の屋根から落ちてくるあのでっけぇ塊の下敷きんなったら、あぶねぇやいなぁ。

昔は雪が降ると綺麗な妙義山が見えたんだ。
a0290852_22215398.jpg


だけどこの風景はいまじゃぁどんなに雪が降ったって見るこたぁ出来ねぇ風景になっちゃったんだ。

特に雪が降らねぇ静岡市に住んでいると、雪も懐かしい思い出の一ページんなるんだいなぁ・・・・。
[PR]
by gunmaotoko | 2014-02-17 07:00 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 15日

矢木沢ダム

(193)厳冬 水がめ包む  みなかみ・矢木沢ダム


寒そう!



水資源機構沼田総合管理所は、群馬県みなかみ町藤原の矢木沢ダム(奥利根湖)を報道関係者に公開した。貯水率33%と、利水のため水位が下がった湖面は雪に覆われ、利根川最上流部の冬の厳しさをうかがわせる。

雪崩の危険などから、ダムにつながる管理用道路は11月下旬から5月ごろまで一般の通行を禁止しているが、ダムへの理解を深めてもらおうと機構が公開しました。
冬の静けさに包まれたダムは例年、雪解けとともに水位が回復。5月中旬には満水となるのです。

矢木沢ダムは、利根川本川の最上流部に建設された多目的ダムで、堤頂高131mのアーチ式コンクリートダムです。
a0290852_21312162.jpg


今の八木沢ダム2014/2/10

a0290852_21282961.jpg

満水時の八木沢ダム

a0290852_21265685.jpg

ダム近くには奥利根湖の季節感豊かな風景を堪能することができるネイチャービュー矢木沢があります。
冬季はお休みです。

群馬男

群馬男として面目ねぇけど、おらぁ、八木沢ダムっつう名前は知ってるけど、それ以上のこたぁ何にもしらねぇんだ、もちろん行った事なんかねぇやぃ。
だけどブログの管理人としては「おらぁ知りません、さようなら」っつう訳にゃぁいかねえやいのぉ。
そこで俺なりに、老体に鞭打って調べてみたんだ。

まぁ、読んでみてくんなぃ。

そもそもこの八木沢ダムっつうなぁ、戦前1939年に群馬県が県営発電事業として計画したんが初めだったようだ。その後、水も電気も必要になって、国がやることになったけど、戦争でその計画はとん挫しちゃったんだ。
それから戦後んなって、またこの計画が持ち上がった時、水が欲しい群馬県と東京都がばっちらげぇの分捕り合戦で、話が収まらなくなっちまって困っていたとき、建設省が出てきて、
「まぁまて、喧嘩したって水の量は増えやぁしねぇ、それじゃぁこうするべぇ、もうちっと下流にもう一個ダムをこしゃうから、その両方の水を分け合って仲良くやれやぁ。それじゃぁ、この下の方に下久保ダムを作るべぇ。いっしょに作りゃぁ喧嘩にもなんねぇだんべぇ」

建設省のお偉方が上州弁を使うわけないから、標準語に直しときます。

「みなさんお待ちなさい、ここで言い争っても水量は限られているんです。それではこうしましょう、この下流にもうひとつダムを建設しましょう、その両方の水量をうまく分け合って使うようにしてください。この下流の下久保に同時建設で作ります」。

これで群馬も東京も納得したんだっつう話だ。こうして着工したんが1959年のことだった。

このころは東京の水不足が深刻な問題になっていた。俺もその不足した水ぅ飲んでいたんだ。そのころ。

こんな話がある。

1964年の東京オリンピックの施設の整備状況の視察に来られた昭和天皇が、陛下をご案内していた当時の河野オリンピック担当大臣に「工事のほうは進んでいるようですけど、水はだいじょうぶなのかね?」と質問されたという。
大臣は「はい、〇〇川からの水をXX川に通すバイパスの水路が出来上がりましたので、大丈夫です」と答えて陛下も「あ、そう、それじゃぁいいね」と安心されたという。

この話はまだ八木沢ダムが工事中だったころの話だ。

そして、1957年にヤギサワダムが完成した。

このダムは「非越流式」っつって、ダムの水が満水になった時に放水するための水門がダム本体についていねぇんだ、だから綺麗なアーチ形をしている。
この形式のダムを作るためにやぁ、両側の山が強固な岩盤でできていねぇと、水圧でダムが両側に伸びて真ん中が決壊しちゃうんだそうだ。
a0290852_11554179.jpg
満水んときに水ぅ逃がす水路は、別ンとこにロックフィル式っつって、石を積んでできたダムがもう一つあってそこにから流れ出すようになってるようだ。
ただ面白れぇことに、普通は洪水放水路っつうけど、「ここじゃぁ揚水発電しているくれぇだから洪水なんかねぇ」っつうことでこの水路は余水放水路っつうらしい。
ジャンプ台を水が流れてくる見てぇだ。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今は水量がだいぶ少なくなってるようだけど、ヤギサワダムのあたりじゃぁ積雪が159cmあるっつうから、春んなりゃぁ水量は増えるだんべぇ。

今年は群馬も雪がうんと降ってるようだけど、群馬に住んでるみんな、気を付けてくんないのぉ。

俺の住んでる静岡はこんだもゆきはひとっつぶも降らなかったぃ。富士山の近くの方じゃぁ結構降ったんみちょうだけどのぉ。

        いいんかわりいんかしんねぇけどなぁ。

この八木沢ダムに見学に行かれた方の報告が、ちょっと古いですかここにとても詳しく載っています。おらぁこの記事に吸い込まれちゃったぃ。

他国者

丁寧な説明 良くわかります。
ばっちらげぇこしゃうの言葉わかりません


a0290852_123548.jpg上州弁講座

答えは・・・・【クリック】
[PR]
by gunmaotoko | 2014-02-15 11:00 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 13日

昔の電力事情

(192)理想の電化に電源群馬 「上毛かるたより」



a0290852_7281728.jpg理想の電化に 電源群馬

上毛カルタの「理想の電化に電源群馬」という文句は今ではピンとこないかもしれません。
これは昭和20年代、水力発電が電力供給の70%以上をしめていたころのお話だからです。
現在は原子力と火力が主流になり、群馬は電力輸入県になってしまいました。

水力発電所。
皆さんこの写真どんなふうに見えますか?。これは水力発電所の圧力送水管の上の方から撮った写真です、発電機は、向こう側下の方の建物の中にあります。
a0290852_2055432.jpg

電気が日本に入ってきたのは明治の中頃。群馬県では明治22年に桐生にあった織物工場で自家発電により電灯をつけたのが最初です。
一般の家庭に電灯がついたのは明治26年前橋市の総社にあった小さな水力発電所の発電によるものでした。この後県内各地に小さな発電所が作られました。何しろ群馬県は山がちな地域で急流には事欠かなかったので小さな水車を掛ける場所はたくさんあったのです。



他国者

失礼ですよね
このような質問
群馬男の家に電気がついたのはいつ頃

大いなる田舎 グンマーというイメージがぬぐえない。

群馬男

言いたかぁねぇけど、確かに群馬は田舎だったよ。今だって田舎っつえる(田舎と言える)とこはいくらでもある。そらぁ静岡にだって、「ど田舎」はある。
東京だって、おれが何年か前に行った奥多摩町なんつうとこは熊が出る、イノシシが道端ぁ掘ってるなんつうとこだったからな。

俺の実家に電気が来たんは昭和になってからだっつう話だった。
俺のおっかさんが、大正の終わりに嫁にきてっからだって言ってたから、昭和になってからだんべぇと思う。

a0290852_11214859.png
だから俺の叔父さんたちは学校に行く前にランプのホヤを息を吹きかけながら磨くんが仕事だったって聞いたことがあったいなぁ。

ところで、こんなこたぁ俺が今更書かねぇったって(書かなくっても)みんな解りきってることだけぇが、今から3年前までは、電気エネルギーの花形は原子力だったわけだ、しかしあの震災以来、一転して、昔の通りの水力と火力の出番が来てしまった。んだ。

だけど、火力は排出する炭酸ガスの問題があるし、水力は降る雨が自然任せだから、どうしても原子力に頼りてぇんだんべぇと思うけど、あの福島の惨事を見たら、なかなかうんたぁいえねぇやいなぁ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昔、戦後の話だけどこんなことがあった。

そのころは田舎の村にゃぁ100ボルトの電気しか来ていなかった。

だけどうちの集落にはみんなで共同で買った、籾摺り機(収穫したコメからもみがらを取り除く機械」が一台あって、それは大きなモーターで回した。電源は200ボルトが必要だった。
a0290852_2104642.jpg

そこで、農家は共同作業で各家を回って籾摺りをした、その作業の時間中は集落の中の電線には200ボルトの電流を流したのだった。
朝作業の前にまずチリンチリンとベルを鳴らして集落を一回りする。
そうするとどの家も電燈は消し、ラジオも切った。
そして飯を食う間も惜しんで、作業をする。
a0290852_20594647.jpg

作業が終わると、電気を100ボルトに切り替えてからまたチリンチリンと回る。
ベルが鳴れば電燈も付けられるしラジオも聴ける。

有る時、何処かのうちで、ちょっと作業が長引いたことがあった。
もう時間も過ぎてるし、ベルが鳴ったけど聞けぇなかっただんべぇと勝手に判断して電燈をつけた。
パッと光って、あとは電球の中のタングステンが解けてしまった。
ラジオをつけて見なくってよかった。
しばらくして、チリンチリンと回ってきた。

そんな不自由な電力事情の時代もあった。

だからもっとみんなでその気になって節電にこころがけりゃぁ、電力事情もちったぁ変わって来るだんべぇと俺は思うけどなぁ。



八ッ場ダムダム 今は・・・



[PR]
by gunmaotoko | 2014-02-13 21:01 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 11日

早春に咲く・マンサクの花

(191)春の先駆けマンサクノ花


春に先駆けて咲く花と言えば白よりも赤よりも黄色の花が多い。
まず知られているのが菜の花、そして土の中からフクジュソウ、タンポポ、レンギョウ、蝋梅、忘れてならないのがマンサクの花です。

いま、群馬県邑楽町中野の群馬県緑化センター付属見本園でマンサクの花が先日の大雪にもめげず見ごろを迎えています。

黄色がかった小さな花は訪れた人の眼を引き付けています。

マンサクという名前の由来は、豊年満作から来ているという説もありますが、春を前に他の植物たちに先がけて「まず咲く」というところからきていると言われています・

先日の雪の日の映像です


花は3月上旬まで楽しめる。問い合わせは同センター(電話0276・88・7188)へどうぞ

群馬男

早春にほかの植物に先駆けて「まず咲く」からマンサクになったっつう話だけど。

まんさくのやつ、その名前の由来を堅持するために。まだ去年の枯れた葉っぱが落ちねぇうちから蕾ぃ出して、花ぁ咲かせたがるんだいなぁ。

蕾がこうだんべぇ。まだ葉っぱがあらぃ
a0290852_182532100.jpg


それで、咲くときゃぁ、ちょうど「鉋っくず」みてぇな咲き方ぁするんだ。まだ葉っぱがくっついてるんだぜぇ、写真にゃぁ写ってねぇけど。
a0290852_1827526.jpg


そんで、咲いてもこんな具合さ。まだ葉っぱぁくっつけてらぁやぁ
a0290852_18294221.jpg


動画ぁみて思いついたけど、まんさくっつやぁ、水原秋桜子の俳句にこんなんがあったっけなぁ
a0290852_18334898.jpg


まんさくっつうなぁどうしてあんなふうに花弁がちぢれてるんかなぁ?。
さびいからだんべぇか?
a0290852_18322561.jpg


他国者

まんさくの花


a0290852_0302591.jpg.朝の連続ドラマ
昭和56年度前期[第27作]. 56年4月6日~56年10月3日出生に秘密を持つ少女の葛藤と希望. 秋田県・横手に育った祐子(中村明美・写真)

覚えていません
インパクトのない朝ドラ?

まんさくの花

a0290852_0411596.jpg「純米吟醸 まんさくの花」――秋田県の酒です。

ネットから・・・・
穏やかな甘味と酸味がスルリと口内を滑り、
これまた穏やかな旨味が柔らかく広がります。
後口には若干の刺激感とわずかな渋味。
良い味わいです。

???どんな味?

あれ~~まんさくって花だったの?


群馬男

こんな まんさくの花もありか~~~
   ・・・・おれ、マジ飲んでみてぇ。・・・・・・・・



[PR]
by gunmaotoko | 2014-02-11 23:00 | 特色 | Trackback | Comments(0)


群馬で生まれ群馬で育った男のブログ 今は故郷を離れ遠くの町から  こよなく群馬を愛する男と、群馬を全く知らないひととのブログです。


by gunmaotoko

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

検索