群馬出身の望郷男と、群馬県のこと知らない他国者が、勝手に書き込んでいるブログです

<   2013年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2013年 11月 30日

11月投稿記録

11月投稿記録

この図表からはリンクできません。
a0290852_17181647.jpg




[PR]
by gunmaotoko | 2013-11-30 23:59 | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 29日

空っ風と火の用心

(155)空っ風と火の用心

この時期になると、拍子木を打ち鳴らして「火の用心、火の用心」
なつかしい光景です。

これから寒くなるので火の元に注意してください・・・・・ぐんまちゃんより



群馬男

これからの季節は、西群馬じゃぁ火事が一番おっかねぇ。
火事があの空っ風にあおられたら、木造の家なんかひとったまりもねぇ。
だけど俺の子供のころの田舎の火事は、季節がいつであっても、、一度火事になったら、もう燃え尽きるまで待つしかなかった。それ以外の火事に対する対抗手段は、家財を持ち出して灰になるのを防ぐくれぇだった。


エピソード 1 窒息

a0290852_20291353.jpg

これが俺の話に時どき出てくる向山(むこうやま)

この話は火事とは直接関係ねぇけど、このくれぇつぇぇ風が吹くっつうことで書いてみた。

前にこのブログに書いたことがあるけど、俺がまだ小学校ぃ上がる前のことだだった、七つ違いの兄貴が突き鍬とめけぇを持ってどっかに行くんで「どこぃいくん?(どこへいくの?)」て聞いたら、「向山ぃやめぇもを掘りぃいくんだ(向山へ山芋を掘りにいくんだ)」つうんで俺もついて行った。

a0290852_20301964.jpg

風が強く寒かったけど、そんなんは慣れてる。
兄貴にくっついて行ったが、この写真のガードレールの県道(当時はガードレールはなかった)に出たとたん、ぐぉーーっつう風が吹いてきた、風ぇ遮るものはなんにもねぇ、吹きっさらしの上に田圃より1mくれぇ高いからその風当たりはものすげぇ。

俺は風上の方を向いたら う、う、う、う、、やっとの思いで泣きだした。
息ができなかったから泣くにも泣けなかったんだ。
俺が急に泣きだしたもんで、兄貴はびっくりして振り向いた。「どうしたんだ!」
「風が強くって息ができねぇやー~」
兄貴は
「ばかやろぅ、風の方を向くから息が出来ねぇんだ、反対ぃ向け!!。・・・ダメだ!、おめぇうちいけぇれ」って言いながら俺の手ぇ引いてうちの近くまで連れてきて、また一人で山ぃ行ったことがあったっけ。
a0290852_20311754.png


エピソード 2 同級生焼死

冬はこんな風が吹くから、もしも火事になったら手押しの竜吐水(りゅうどすい=消火用手押しポンプ=下の画像)くれぇじゃぁ何のたしにもならねぇ。
全部燃え尽きて消えるんを待つだけだ。
俺のねぇちゃんは、火事をすごく心配して、夜寝る前にへっつい(かまど)の灰に手を当てて、火の気がねぇことを確認しねぇうちは寝なかった。

俺が小学校のころに同級生の家が火事になり、その同級生は焼け死んじゃった。
夜中だったんで発見が遅かったっつう話だった。俺の兄貴は見に行ったっつうけど、本当は燃えねぇ筈の土蔵の窓から火を噴いていたって言っていた。
そのうちもやっぱり家は丸焼けになって残ったんはトタン板だけになっちゃった。


エピソード3 類焼除け

夏はそんな風は吹かねぇもんで、気を抜いたんか、俺が小学校のころの夏に、同じ集落の家が火事んなって丸焼けんなった。
そん時のことだけど俺も野次馬の一人としてその火事ぃ見に行ったんだ。
そんとき、その燃えてるうちの隣の家の屋根の上に子供が二人いた。
なんだか、屋根のてっぺんで何かでっかい風呂敷みてぇなものを広げて両はしをもって一生懸命振ってるんだ。
助けを求めてる様子でもねぇし何してるんだんべぇと思いながら見てきた。

うちぃけぇって来て母親にそのことを話すと
「そりゃぁ、自分ちに火が燃え移らねぇ様におまじないだ、あの布はそのうちのおっかさんの今まで締めていたふんどし(腰巻)だ」と教えてくれた。
そのうちのおっかさんが今まで締めていた腰巻を外して、屋根の上で振ると類焼除けになるんだそうだ、なるほどその家は類焼を免れたようだった。
これはご利益か。
ちなみにそのころの田舎のおっかさんたちはみんな、パンツだのズロースなんてものには縁がなかった。
腰巻外したおっかさん、夏でよかったのぉ。


エピソード 4 竜吐水

a0290852_20321196.jpg
俺が小学校のころのことだけど、俺んちの前の県道を登って行った先の集落で火事があった。
ずいぶん離れた集落だけど、おらぁ野次馬として見に行った。
かやぶき屋根の家がすごい炎を上げて燃えていた。
そのころ消防自動車なんかない。あったとしたって燃料がねぇから役にたたなかったんだんべぇ。

そこで、写真のような竜吐水っつうポンプが活躍?していた。
そん時の様子ははっきり覚えている。
屋外の井戸のすぐ近くにその竜吐水を持って行って、手押しポンプで交代で汲み上げた井戸水を大きな桶にためて、それを竜吐水で吸い上げてホースで放水するんだけど、大人が四人がかりでシーソーのように汗だくで押しても、水に圧力が出ないので、水が火のとこまで届かねぇんだ。
放水の係りの人は放水口を指で押さえて圧力がかかるのを待って放水していたが、文字通り焼け石に水で何の役にも立たなかったようだ。
結局あの家も全部灰になった。
この竜吐水だって、いつ作られてもんかわかんねぇ。たぶん江戸時代にでも作られたもんだったんだんべぇ。

多国者

このような歌 知っていますか?

初音ミクに歌ってもらった → ♪♪ 火の用心のうた ♪♪

************************************* 余談 

初音ミク 知っているよね → しらない?

群馬男

この歌ぁ知らなかったけど、初音ミクだったらよっく知ってる。
おらぁ初音ミクの隠れファンみてぇなもんだからなぁ。
このページの下の方を見てくんなこのCGおらぁもう何回もみているでぇ。



[PR]
by gunmaotoko | 2013-11-29 20:00 | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 27日

上州名物空っ風と自転車通学

(154)空っ風の中を自転車で走るのは地獄


a0290852_04212.jpg上毛かるた

「雷と空風義理人情」


多国者

群馬県で高校生になると駅から徒歩圏内にある高校に通うことができる生徒は少ない
バイク禁止なら当然自転車通学が多いらしい。

想像を絶する空っ風らしいが・・・・
寒いのは当たり前 
畑から舞い上げられた砂ほこりで目や口の中が砂まみれになる。

・・・など 群馬の空風の説明
そんなにすごいの? 通学地獄だって!
体験してみたいものです。

a0290852_045891.gif


群馬男

体験してみてぇだってぇ??。
あんなもなぁ体験しなくっても過ごせる人は無理に体験するもんじゃァねぇでぇ。


俺は汽車で通学してたんで自転車通学はしたこたぁねぇけど、俺の高校にも広い自転車置き場があった。
自転車で通ってたやつは大変だったようだ。

あの空っ風ん中を追い風で走るときゃぁちっとブレーキぃくんねぇとあぶねぇくれぇに楽だったけど、問題は向かい風だぃ。


昔の自転車は変速機なんかぁなかったから、ペダルなんか踏んだって自転車は動きゃぁしねぇ。その上、道がでこぼこ道だったりしたら、その凸凹を避けるべぇと思ってちょっと横に動いたら横風で自転車ごとひっくりけぇっちゃう。
しょうがねぇから自転車ぁ押して、顔は下ぁ向いて頭で風ぇ受けて歩いていくんだ、正面を向いたら、うっかりすると窒息しちゃう(ちっと大げさかな)。

自転車で通う女子高生も結構いたけど、そのころは冬は女子高生もみんな学校の指定の(制服)ズボンをはいていた。
スカートなんかじゃぁフィギヤースケートみてぇになっちゃうし風邪ぇひかぁぃ。

俺のねぇちゃんだって汽車通学だったけど、冬んなると紺色の長ズボンをはいていたなぁ。
a0290852_052278.pngだけど今考えると不思議に思うけど、畑の真ん中の道を走っていても歩いていても、風が強い割には砂埃は立たなかったような気がするなぁ。なんでかなぁ??。

あれはきっと畑の表面の舞い上がるべき土は舞い上がってしまって、あとは雨で表面が固まっていたか残雪の下になっていたか、表面が凍っていたか、そんな理由で、畑の土が落ち着いていたんだんべぇと思うけど、土埃はそれほどひどく無かったようだ。
それより学校の校庭の方がひどかった。学校の風下の家は布団も外に干せねぇくれぇひどかったと思うでぇ。

まぁとにかくあんな体験は無理にしたがらねぇ方がいい。
それに、実家の甥っ子も話じゃぁ昔みてぇな強い風は吹かねぇ様な気がするし、雪だってあのころみてぇに積もらなくなったよ」とのことだ。

天気予報の解説画面で、「日本海に大陸からの寒気の吹きだしによる雲がこんなに見られます」
なんつう解説のときが、空っ風がつえぇときだ。

あのころの天気予報は、晴れとか雨とか、曇りくれぇしか言わなかったから、いつ空っ風が吹くかもわかんなかった。だから、いつ風が吹いてみいいように準備して出かけたようだった。

今考えると、おらぁ汽車で行く学校ぃ行ってよかったなぁと思う。お蔭であの自転車通学の大変な思いを体験しなくって済んだ。
俺の弟も妹ももうちっと近い学校だったんで。3年間自転車で、空っ風と戦ったんだ。



[PR]
by gunmaotoko | 2013-11-27 00:00 | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 25日

ゆるキャラグランプリ

(153)頑張ったね ぐんまちゃん 努力賞

ゆるキャラの人気ナンバーワンを決める「ゆるキャラグランプリ2013」が24日、埼玉県羽生市で開かれ、栃木県佐野市の「さのまる」が120万4255票を獲得して1位に輝いた。
 1580体を対象としたインターネットによる投票総数は1743万533票で、2位に浜松市の「出世大名 家康くん」、3位に群馬県の「ぐんまちゃん」。

a0290852_1347292.jpg

ゆるキャラグランプリで優勝した「さのまる」(中央)、2位の「出世大名家康くん」(左)、3位の「ぐんまちゃん」

ユルキャラグランプリ→ FNSニュース

群馬男

このブログで取り上げるまでは、俺はぐんまちゃんのことは知らなかった。
それより、このゆるキャラ全体にもあんまり興味がなかったんでぃなぁ。
だけど、このブログでぐんまちゃんを取り上げてから、ゆるキャラにも興味をもったし、特に、故郷代表のぐんまちゃんには興味があって、応援したくなってきた。

このまえ赤城山ぃ行ったときカワップチの看板にぐんまちゃんがかいてあったときゃぁなんだか知ってる人の写真を見たようなきばしたぃなぁ。

ゆるキャラグランプリの発表がたしか11月下旬だったと記憶してたんで、気ぃ付けていたんだ。俺も何回か投票したでぇ。
そうしたら3位に入ったっつうんで、おらぁ嬉しかったでぇ。

余談だけど、あの船橋のフナッシーっつうんは動きすぎて可愛くねぇけどつい見たくなるんだぃなぁ。あれの中身は女性なんだって知っていたかい?。
なんだか自分で勝手に作って、市役所に行ったんだけど、いろんな部署をたらいまわしにされて、相手にしてもらえなかったっつう話だ。だから、今でも市からは未公認なんだそうだ。それにしても身が軽い、軽すぎて飽きる。

やっぱ、ぐんまちゃんが一番いい。可愛い。
群馬の皆さ~ん、おめでとうございま~す!!。

a0290852_13491396.jpg多国者

ぐんまちゃんの気持代弁




[PR]
by gunmaotoko | 2013-11-25 00:00 | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 24日

群馬県の昔話

(152)群馬県の昔 鬼と山芋

a0290852_647937.jpg
群馬県の昔話
昔から語り継がれてきたお話です。

鬼と山芋・・・・・

むかしむかし
あるところに鬼が住んでいて、時々里へ降りては悪さをしていました。
ある日、里へ降りてきた鬼が、明かりのついた家をのぞいてみると、ちょうど晩飯時でした。
見ると、すり鉢でなにかをすっています。
良く見ると、それは鬼の角でした。
しばらくすると、人間はすってとろとろになった鬼の角を飯にかけて食い始めました。
「やや、あの人間は鬼から角を奪い、さらにそれを食ってしまうのか」
鬼は恐ろしくなって山へ逃げかえり、それから里へ降りてくることはなくなりました。
里の人間が食べていたのは山芋(長芋)で、それがちょうど鬼の角に見えたのだ、ということです。
  
さ~~ 始まり 始まり・・・・

【クリック】 → 鬼と山芋

◆こぼれ話◆
似たような話が全国にありそうだが、上に紹介したのは群馬県吾妻郡六合村(くにむら=現在は合併して中之条町)のお話。六合村では長芋をすったものにみそ汁をまぜたものをよく食べるそうです。

六合村ではこの出来事がきっかけで、5月5日は午前中だけ仕事をするというのだが、本当だろうか?
理由はよくわからない。農作業が忙しくなる時期なので、なにか理由をつけて仕事をしていた名残かも知れない。

群馬男

またもや、寝てる子を起こしてしまったようだ。
何を隠そう俺はとろろが大好きだ。今でも時々作るがこのところ作っていない。

あぁ、食いてぇ。もうがまんできねぇ!!、今日つくるべぇ。
おらぁ、外で何かくうべぇっつうときゃぁ、その店のメニューにありさえすりゃぁ時やぁとろろ化日本蕎麦ぁ注文する。

とろろにする山芋はいろいろあって、上記の言い伝えに出てくる長いもはとろろにしてもあんまりうまくねぇ。
やっぱりなんつったって山で掘った自然薯が一番だ。
火山灰土のような粗い砂地でそだったたものはごつごつしていて、こしらえるのに手間がかかるけど、これがうんめぇんだ。。
これは農作物として作った自然薯だ、やっぱり粘りが少し弱いようで、天然のものには勝てねぇ。
a0290852_3403763.jpg


おれぁ倅に一つだけ遺言をしてある。

「俺が死んだら棺ん中に立派な山芋を半分入れといてくれ、そしてその残りはおめぇたちが食ってくれ、
家族で、うめぇとろろで舌鼓を打ちてぇんだ」
このブログぃ出てくる群馬おとこっつうなぁこんな一面を持った奴なんだぃ。

六合村(くにむら)言い伝えは初めて聞いたけど。こぼれ話の、5月5日に休むっつうことは、、俺の実家あたりじゃぁ、蚕の掃き立てでその前も準備も含めて忙しい時期だったけど、六合村は俺んちから北西に40km近く離れた山間地だから、桑の葉っぱの成長が遅くって、いく日か遅れて、蚕の掃き立てぇやるんだんべぇ。
だからその前にひとやすみしとくんじゃぁねぇかなと、俺なりに考げぇるけどなぁ。

あぁ…とろろが食いてぇ。

a0290852_4321999.jpg


解説
以前のブログにも書いたことがあるけでお、「掃き立て」つうなぁ、蚕の種(低温保存していた蚕の蛾の卵)に適当な温度を与えて、卵からかえらせることで、そのころには桑の若い葉っぱが出ていなくてはならない。だから寒冷地では、その掃き立て作業は遅くなる。

→ 掃き立て


[PR]
by gunmaotoko | 2013-11-24 00:01 | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 22日

ネット 漫画 

(151)ネットまんが「お前はまだグンマを知らない」

a0290852_065115.jpg

聞きかじりの話ですが・・・・知っていますか?
「グンマー」などの愛称で呼ばれ、いじられキャラとして お馴染みになってきた群馬県。
そんな群馬Web漫画  新潮社のWebマンガサイト「くらげバンチ」に掲載されている。

物語の説明・・・
チバ県からグンマ県に引っ越すこととなった主人公がネットでグンマを調べて
みると、そこには恐るべき内容ばかり。「地球上唯一残された秘境」
一体グンマとはどんな地なのか? ・・・・

「お前はまだグンマを知らない」

第1話

第2話

第3話

第4話

第5話

無料 ネット漫画だって!
評価はどうあれ まず一見

群馬男
どうやら俺のパソコンは下らねぇことに使うと調子が狂うようにセーフティーネットがかけられているようだ。

この下らねぇ漫画の第一話だけ見たらパソコンがおかしくなってしまって、しかたねぇ一度ページを閉めて開きなおしたんだ。
そのくれぇ下らねぇ漫画だ。

わけぇ奴らはこんな漫画ぁ見るために高い銭ぃだして、携帯だのスマホだのを買ってるんだんべぇなぁ。
そう思うとこの日本の将来はどうなっちゃうんだんべぇかって心配になる?。

そんなことに銭ぃ遣うんだったら、GPSナビゲーターでも買って山奥のまだ一握りの人しか行ったことのねぇ様な滝ぃでも行って、身を清めてくりゃぁいいと思うな。
俺がGPSぅ買ったからこんな例を書いたけど、要するに銭と時間の使い道を考えろっつうわけだ。


  ・・・・・…ところで、この漫画の結末はどうなるんかな?って気になったもんで、第五話だけ内緒で見てみたら、途中の経緯は読まねぇからわかんねぇけど、群馬勢は頑張ってるみてぇなんでホッとしたぃ。

まっ、 とにかく時間がもってぇねぇからって(もったいないからと言って)スマホを見ながら歩いたり自転車に乗ったりするんはよすべぇやぃ(やめましょう)あぶねぇし、目ぇ悪くするでぇ。

そのうち日本人はみんなめぇ悪くして、ちっちぇぇスマホなんかじゃ字が読めなくなって、A4くれぇのパソコン持って歩きながらそれぇ見るようになっちゃうかもしんねぇぞ。

そうなりゃぁ、昔はどこの学校にもあった二宮金次郎の銅像みてぇなすがたんなるだんべぇ。

手本は 二宮金次郎
a0290852_945388.jpga0290852_12581032.jpg


あぁ、そうか、今気が付いた、あのスマホを見ながら歩いてる姿は、ありゃぁ2~3代前のじいさんばあさんが子供のころに教え込まれた、二宮金次郎の精神が今頃実を結んだっつう事なんかぁ。

こんな歌ぁ歌わされたようだな。あのころは・・・。

  二宮金次郎      文部省唱歌

一 柴刈り繩なひ草鞋(わらぢ)をつくり、
    親の手を助(す)け弟(おとと)を世話し、
  兄弟仲よく孝行つくす、
    手本は二宮金次郎。

二 骨身を惜(をし)まず仕事をはげみ、
    夜なべ済まして手習(てならひ)読書、
  せはしい中にも撓(たゆ)まず学ぶ、
    手本は二宮金次郎。

三 家業大事に費(つひえ)をはぶき、
    少しの物をも粗末にせずに、
  遂には身を立て人をもすくふ、
    手本は二宮金次郎。

『尋常小学唱歌(ニ)』明治44年6月

国者

素晴らしい昔人間です。
今の若い子はこのようなものがすんなり受けれることができるのですね

群馬男も他国者も じじ~ばば~だ!






               
            
[PR]
by gunmaotoko | 2013-11-22 00:00 | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 20日

妙義神社

(150)絢爛な彫刻に紅葉の彩り 富岡・妙義神社


a0290852_1652689.jpg妙義山の主峰「白雲山」の中腹にある富岡市妙義町の妙義神社で紅葉が見頃を迎えた。豪華絢爛(けんらん)な彫刻で知られる国重文の本社や朱色の総門をモミジが彩り、登山客や参拝客が境内の散策を楽しんでいる。
富岡市観光課によると、妙義山「大」の字付近も8割以上色づき、例年通りなら今月下旬まで紅葉が続く見込みという。
                 群馬のニュースから



故郷 群馬の妙義神社 → 懐かしい訪問記

妙義神社 紅葉情報 → とみおか浪漫紀行 群馬県富岡市観光情報

群馬男
おらぁ妙義神社は何回か行ったことがあるけど、秋の紅葉のころに行ったことはねぇんだぃ。
だから妙義山の紅葉の実物は見たことはねぇけど、春に行った時に紅葉の木がうんとあったから、これが紅葉したら綺麗だんべぇなぁって一緒に行った兄弟と話したっけ。俺の弟は行ったことがあるんみてぇで、綺麗だって言ってたっけ。

俺がまだ学生だった頃、家を手伝ってた姉ちゃんたちは秋の稲刈りから麦蒔きまで終わると、妙義ぃ紅葉を見にいくんを楽しみにしてたっけなぁ。a0290852_0231249.jpg

おらぁそのこらぁ紅葉なんか興味がなかった。ただ山の葉っぱが黄色くなったり赤くなったりしたんは覚えているけど、紅葉を見て楽しむなんつうこたぁ社会人になってからだったなぁ。

今は紅葉にも興味はあるでぇ。でも、こないだも滝ぃ見ぃ行って、山ん中を歩いたけど、静岡近辺じゃぁちぃーっと早いみてぇだぃ。

今は、今月末に岐阜県の養老の滝ぃ行くんを楽しみにしてるんだ。あそこだら滝も紅葉も見られるからな。
あすこぃ行って来たらこのブログぃその様子を載せるか・・・・群馬じゃなくったっていやいなぁ。

なんだか今日の群馬男のコメントは味も素っ気もねぇ様なものになっちゃったなぁ。

他国者

養老の滝 岐阜県ですよね
親孝行の息子の話があるようです
行ったことがないのでわかりませんが・・・・
紅葉情報は → こちら

a0290852_945794.gif


a0290852_9175523.jpg



[PR]
by gunmaotoko | 2013-11-20 00:01 | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 14日

碓氷湖

(149)深まる秋 鮮烈に  赤やオレンジに染まる安中・碓氷湖




安中市松井田町坂本の碓氷湖で、モミジなどの木々が鮮やかな赤やオレンジに色づき、散策に訪れる観光客を楽しませている。

 碓氷湖は、坂本ダム建設とともにできた人工湖。遊歩道には碓氷第三橋梁(通称・めがね橋)を模した「夢のせ橋」が架かる。

訪れた人たちは深まる秋を感じながら、晩秋の日差しに照らされた紅葉をカメラに収めていた。見頃は17日ごろまで

群馬のニュースから


a0290852_2173439.jpg碓氷湖/夢のせ橋
ネットで検索してみました。

遊歩道になっているのですね 
お借りしました

シーダーのお遊び備忘録


秋は終わり もう 冬・・・?・・

ゲレンデもうすぐ…  片品・丸沼で人工降雪作業
片品村の丸沼高原スキー場で、11月23日の営業開始に向けてゲレンデづくりが本格化している。冬型の気圧配置による積雪に加え、強い冷え込みで人工降雪の作業も順調だ。

 強い寒気が上空に流れ込んだ11日から、人工降雪機を稼働した。気温が氷点下3度を下回ると霧状に吹き上げた水が雪のようになるといい、例年より5日ほど早く準備を始めた。
 県内スキー場は、11月23日オープンの丸沼と鹿沢スノーエリア(嬬恋村)を皮切りに、12月下旬にかけて順次営業を始める。




群馬の天気  寒くなるかな~~~  

→ 明日は・・・
[PR]
by gunmaotoko | 2013-11-14 00:00 | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 13日

赤城山

(148)赤城山検定で赤城山の知識を試しませんか

a0290852_2155479.jpg
上毛かるたに詠まれ、「日本百名山」にもなっている赤城山の自然や歴史を知ってもらおうとNPO法人赤城自然塾(天田晴之助理事長)が企画した。赤城自然塾の小林善紀事務局長は、「赤城山の新たな魅力を発見して、多くの人に広めるきっかけにしてもらいたい」と期待する。


赤城山は群馬県を代表する山の一つであり、首都圏に位置し、富士山に次いで裾野が長く、深田久弥の百名山の一つに数えられています。この赤城山の自然環境を守り、正しく理解し、語り、その魅力を伝えられる人材を発掘すべく、赤城山通度を認定していくことを目的に、本検定を実施します。

検定問題は、養成講座の講師や修了者などが600問ほど作って持ち寄った。自然塾のホームページには例題として、赤城山の標高とされる1828メートルは地蔵岳、黒檜山、長七郎山、荒山のどれか―などが掲載されている。受検者には1時間で50問の4択問題を解いてもらう。

a0290852_21561321.gifすその(裾野)は長し赤城山


なだらかに伸びる裾野をたたえた優美な姿にうっとり

山頂付近には大沼・小沼という湖があり、
最近はぐるナイの恒例ワカザギ釣りで有名。

”あかぎさん”ではなく、”あかぎやま”って言う
他県の方はどーでもよいことかも知れませんが、
群馬県民のこだわりポイントなのですね。

群馬男

この9月に赤城山ぃ行ったけど、俺の見るとこは普通の人と違うとこだから、赤城山検定何つったって知らねぇことばっかだぃ。
だから今そんな試験受けたら落第間違いなしだんべぇなぁ。
やっぱり群馬男の名前は剥奪されるか、返上を迫られるかっつうことんなるかなぁ(しょんぼり)

おらぁ子供のころから、赤城はアカギヤマ、榛名と妙義はハルナサン、ミョウギサンってよんでたいなぁ。
浅間もヤマだったなぁ。
そもそも、ヤマとサンはどうゆうふうに使い分けるかっつうと、昔から信仰の山とされていた山はサンで呼んでそれ以外はヤマって言ったようだ。
だけどそれも厳密ではなくって、地元の人が違う呼び方ぁすればそうなっちゃうらしい。
そのほかに岳っつう字ぃ書いて谷川岳とか八ヶ岳なんつうけどそれも特別な決まりはねぇみてぇだ。
この岳(だけ)は高い山に付けたかっこいい呼び方で信仰の対象であるなしは関係ないようだ。

ところで
大坂に天保山(てんぽうざん=海抜4.5m)つう山がある。
この山は信仰の対象じゃァねぇようだけど地元の人がそう呼ぶんで国土地理院はその名前で地図に載せているようだ。日本で一番低い山だそうだ
a0290852_21564216.jpg


こだわりのポイントっつやぁ、今俺が済んでる静岡を流れる川だけど、おらぁよくこんな言い方ぁするんだ。

静岡県にゃぁでっけぇ川が東から、
狩野川、富士川、安倍川、大井川、天竜川って5本あるんだけどそのうちの富士川と安倍川は川が濁らねぇんだ。
どんなに大雨が降っても濁流になっても濁らねぇ、なんつうと、こいつ何ぃゆってるんだ、濁る流れって書いて濁流だんべぇ、なんて言われそうだけど、そうじゃねぇんだ。
富士川と安倍川は「フジカワ」「アベカワ」ってカワの読み方が濁らねぇんだ。

だから安倍川のことを「アベガワ」なんつう奴は「こいつはよそ者だな」ってすぐわかるんだ。

物の本によるとどっちでもいいように書いてある本もあるけど、これも地元のこだわりっつやつだんべぇなぁ。

他国者

a0290852_2157482.jpg多国者には赤城山と言ったら 
国定忠治しかうかばない。
だから、
私は検定は受けられません。

赤城山検定 詳細は → 前橋市HP

群馬男
俺も検定はうけられそうもなぇなぁ。だいいち、試験って聞いただけで頭が痛くなって震えが来るからダメだぃ。



[PR]
by gunmaotoko | 2013-11-13 00:00 | Trackback | Comments(1)
2013年 11月 11日

2014年は午年

(147)  群馬のアイドル ぐんまちゃんは馬

年賀状用にウマと「はい!ポーズ」 

渋川市金井の伊香保グリーン牧場で9日から、来年の干支(えと)のウマと一緒に写真が撮れるコーナーが設けられ、新年の年賀状用の写真を撮影する人たちでにぎわっています。
撮影コーナーではポニーと馬車がお出迎え。来場者はウマにまたがってポーズを決めたり、餌をあげたりしながら、お気に入りの一枚を撮影していた。

撮影は無料で、ウマに乗ったり、餌をあげる場合は有料。撮影コーナーは来月23日までの土日祝日に、第1駐車場に設けられる。

問い合わせは同牧場(☎0279・24・5335)へ。  群馬のニュースから



知っていますか? ぐんまちゃんは馬なのです。
ぐんまちゃんの初代の画像。昔はこんなイラストだったんです。今と全然違のです。



a0290852_2034362.jpga0290852_20354418.jpgゆうまちゃんと言う名前
ぐんまちゃんのほうが
かわいい!


2014年用年賀状 

a0290852_6575456.jpga0290852_6582638.jpg

a0290852_6585282.jpga0290852_6591029.jpg
群馬男

そうかぁ、来年は午年かぁ。

ついこないだ巳年の年賀状をもらったような気がするけど、もう年賀状の心配をしなくっちゃぁなんねぇ時期んなるんだなぁ。
はぇぇなぁ。

ところで今じゃぁ馬も珍しい動物ってぇ時代になったんだなぁ。

実家じゃぁ馬ぁ飼っていた。
勿論農耕馬(田畑を耕したり、車を引かせたりする馬)だ。
a0290852_2243560.jpg


おらぁ中学んときは、毎日学校からけぇって来ると、馬のカイバ切りが仕事だった。
馬が一日に食うだけのカイバぁ切るんだ。

馬があのでけぇカイバ桶で朝と晩で二回食うから結構な量になる。
藁を一掴みずつ持って3cmくらぇの長さに切るんだ。
こんな押し切りぃつかってな
a0290852_21493688.jpg

俺んちの馬小屋は、ちょうど6畳間くれぇの馬の居住スペースに、その半分くれぇのカイバぁ切るスペースがあった。
その間は馬栓棒(ませんぼう)2本で仕切られていたから、馬は首い伸ばせば俺の尻をなめられるくれぇの距離だった。
a0290852_2201457.jpg
そこで馬に尻を向ける格好で切るんだ。

有る時、俺が一生懸命カイバぁ切ってると、馬のやつ俺にかまってもらいたかったようで、俺にちょっかい出したんだ。

普通は馬はこんな時はいきなり歯でかじったりしねぇで、唇でパクパクってやるんだけど、そんときゃぁ、何ぃ間違げぇたか俺のけつぅ噛みゃぁがった。
俺もビックリして いてぇ!!ってでっけぇ声ぇ出したもんだから、馬のやつもビックリして中へ逃げ込んじゃってしばらく顔を出さなかったっけや。

あとでパンツぅ下げてみたら尻っぺたに馬の歯の跡が真っ赤についていたっけ。

その馬も耕運機ぃ買ったらもういらなくなって、売ってしまったんだ。
博労(ばくろう=牛馬を仲買する商人)が来て馬ぁつれてくときゃぁ、ちぃっと寂しい気がしたいなぁ。

馬売れば 馬馬小屋を 振り返り

       何か解るか ひんと一声         よし


他国者
a0290852_7251241.jpg
私は町の子
馬は見たことありますがさわったことはありません。

これで バクリですか?
馬の歯の跡 今もついていますか【笑】



[PR]
by gunmaotoko | 2013-11-11 00:00 | Trackback | Comments(0)


群馬で生まれ群馬で育った男のブログ 今は故郷を離れ遠くの町から  こよなく群馬を愛する男と、群馬を全く知らないひととのブログです。


by gunmaotoko

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

検索