群馬出身の望郷男と、群馬県のこと知らない他国者が、勝手に書き込んでいるブログです

<   2013年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2013年 07月 31日

7月投稿記録

7月投稿記録

このずひょうからはリンクできません
a0290852_13503675.jpg




[PR]
by gunmaotoko | 2013-07-31 23:59 | Trackback | Comments(0)
2013年 07月 30日

100回記念、雷と空っ風

(100) 100回記念 雷と空っ風 


群馬男から

100回記念御挨拶!! (ここは標準語で失礼します)

ブログのタイトルの中の投稿番号を見ると、なんと99になっていました。
これでは次は100じゃないか。

実はこのブログをこんなふうに、二人で勝手に書き込むなんて言う形で始めるとき、「こんなやり方見たことねぇけんど100回くれぇまで続けられるんだんべぇか?」 なんて心配しながら始めましたが、、知らぬ間に100回を迎えることになりました。

ご覧くださる皆様は、ログインはできませんが、実はログインしてトップページで、訪問者のデータを見ますと最初は7~10くらい、ところが次第に増えて、最近では60とか80と言う日もあります。
それだけ多くの方々がこのブログをご覧くださっているわけです。

この数字に励まされて、私ども顔も知らない二人は一生懸命頑張っております。
これからも宜しくお引き立てくださいますようお願い申し上げます。 
なおこのブログに対する、ご意見やご希望などありましたら、どうぞご遠慮なくコメント欄にお書き込みくださいますようお願い申し上げます。

    
他国者から

このブログの群馬男とワンクリックで偶然に出会い
a0290852_227660.jpg群馬ってどんなところ・・・?と言う単純な疑問から始まったこのブログです。

最初のページは群馬県はどこにあるの → ここです 

このブログで他国者の私は群馬大使ができるほど群馬のことがわかるようになりました。自負ですが・・・

他国者から見ると群馬出身の人は本当に群馬を愛し自分の故郷を大切にする人が多いのだということが初めてわかりました。
これからもがんばって書きますのでよろしくお願い申し上げます。

二人とも・・・・キリツ・・・読者の皆様にチュウモク!・・・レイ!・・・…着席!!。

★ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ★

今回は、100回を記念して、群馬の名物 「雷と空っ風」にまつわるエピソードをいくつか書いてみます。
これは私自身の体験や、目撃したことを思い出して書きます。

群馬男

夏の群馬っつうと、なんてったって雷、夕立だんべぇなぁ。
あのこらぁ(あのころは)夏は天気がいいと必ずお昼過ぎ早い日は昼飯ぃ食ってるころからゴロゴロはじまるんだぃ。

入道雲と妹

俺がまだ中学生のころの夏のことだったぃ。夏休みは8月25日までで26日から新学期だ。
新学期のある日。
学校が早く終わった日だった。
空模様が妖しいんで、俺もいせぇで(急いで)けぇって(帰って)きてみると、5歳違いの妹が母親んとこで泣きじゃくっていた。
「〇〇子どうしたんだ、誰かにおこんじょされたんかぁ?」

妹は何も言わなかったが、母の説明では
「学校からけぇる途中で、あんまりでっかい入道雲が出て、追っかけてくるような気がして、とんできたんだけんど、めためた追っかけてくるんでおっかなくなって泣いたんだと」
母の言葉は、ここで翻訳しておこう。
「下校途中あまりにも大きな入道雲がでて、追いかけてくるような気がしたので走ってきたんだけどどんどん追いかけてくるので怖くなって泣いたんだって」と、このように母は申しておりました。

a0290852_2240443.jpg

夏のお天気のいい時の入道雲はこんな色にみえて、もくもく膨らんでいるのが肉眼でもわかって、小さい子供には怖く感じた。

その日は間もなくでっけぇ雷が鳴って、すげぇ夕立んなったっけ。
だから妹におせぇてやったんだぃ
「〇〇子、おめぇがおっかながった入道雲が、今このでっけぇ雨ぇ降らしてるんだど」
妹は何のことかわかんねぇできょとんとしてたけんど、雷は慣れているようで別に怖がる様子なんかなかったんをおべぇている。。



夕立

ひとつ困ることがあったぃのぉ。

田植えのめぇに収穫した麦がまだ乾燥しねぇまんましままってあったんだぃ。
それを晴れた日に庭に干すんだぃ。
どんなふうに干すかっつうと、「ねこ」(猫じゃぁねぇでぇ、アクセントもちがうんだぃ。が高くなる
梅とおんなじアクセントだぃ)
ねこっつなぁ180cm×270cmくれぇの藁で編んだでっけぇむしろだい。
地べたに麦藁ぁ薄く敷いてその上ぃねこを広げてその上に麦ぃ広げて干すんだい。
そんなんを20枚も庭に拡げて干すんだ。

夏の群馬じゃぁいい天気の日は午後は必ずというくれぇ夕立があった。

それを干してる時に
夕立が来ると大騒ぎだぃ。
みんなして、ねこの二つの隅を持って干してある麦ぃ真ん中に寄せて、反対側もおんなじようにして、ねこを穀物の上に折ってかさねてかぶせる。細長くなった両側をふたぁりで(二人で)、ハンモックみちょうにもって軒下まで運ぶんだい。
重さだって半端じゃねぇ。
あんまり急なときは、近所の人も来て手伝ってくれることもあった。

雨が降らねぇったって、夕方んなりゃぁしまうんだけどな、そうして朝また出して広げるんだい。
それを毎日手伝わされたら、体だって丈夫んならいのぉ。
a0290852_913865.jpg

こんな稲妻の時は地上には雷は落ちていない。

せっかく急いで片づけたら,
雨は大して降らなかったなんつうこともあったけど、そんな日は「天の神様がそうしたんだ」として、もう一度拡げるこたぁしなかったぃ。


ひとやすみ

群馬県は「夏の雷日本一の県」かと思ったら、なんと驚くことに隣の栃木県が日本一で、群馬県は2位だそうだ。
なんだか残念だ。
そんなことで争ったってしょうがねぇけんどなぁ。
俺の実家の母家(おもや)のすぐ近くの杉の木に雷が落ちた話っつうはなしは、こないだ(このあいだ)UPしたからおべぇている人も多いだんべぇと思うけぇが、その話はこのページだぃ。

ここで、上毛三山を紹介しよう。
妙義山は近くてよくめぇた(見えた)山だけど、赤城も榛名も、向こう山の近くぃ行きゃぁ遠くの方によく見えた山だぃ。

妙義山 ががたる岩を連なりて 虚空にそばたつ妙義山
a0290852_19581711.jpg


榛名山 山の寂しい湖に ひとり来たのも悲しい心
a0290852_2011719.jpg


赤城山 赤城山から風が吹きだして、風にちょうちょが飛ばされた
a0290852_2025645.jpg


こうやって見るっつうとどの山もみんな俺のふるさとのやまやまだぃ。ふるさとの山は有難きかな。


雷除けのお豆

節分の豆まきは固い豆をほうろくでよく煎る。
そして神棚から初めて家の内外あらゆるところに大声で「オニワーソト、フクワーウチ」と唱えながら蒔くんだい。
豆は途中でたんなく(足りなく)なったりすると縁起がわりい(悪い)から、うんと煎るんだぃ。
うちで取れた豆だからうんとある。

そうして、ひととおり撒き終えると、残った豆はでっけぇお茶筒ぃ入れて、神棚に供えとくんだい。

そして、夏んなって、ひでぇ雷が来そうな時にそれを開けて中の豆をそれぞれ歳の数だけ食うんだ。

そん時のおまじない「トークノクワバラ、トークノクワバラ」と唱えながらポリポリ食うんだ

こらぁ、「うちぃ落ちねぇで、遠くの方の桑原ぃ落ちてくれ」っつう雷様に対するおまじないだぃ。

素直な雷様がいて、本当に遠くの桑原ぃ雷が落ちたことがあった。その跡を見たことがあるけど、てぇらな(たいらな)桑原ぃ、直径3mくれぇでまんなかぁ1mくれぇふけぇ(深い)穴が開いてまぁりの(周囲の)桑の木は黒く焦げていたっけ。

そいでその歳の数だけもらった豆だけど、
歯の丈夫な若い者はポリポリ食うけど、私と仲良しだったひいおばあさん(曾祖母)は歯があんまり残っていなかったようで
「おらぁ80個ももらっったってとっても食えねぇから、にし(おまえ)がかぁり(代わり)に食え」と言って私にくれた。
おれだって、そのこらぁ学齢前の4~5歳だったからそうは食えねぇやぃ、そうすると、まわりにいた者が手ぇ出して食って助けてくれた。
曾祖母とのことは不思議なくらいよく覚えている。


 空っ風

小学校に上がったかどうかくれぇの時のことだった。
七歳違いの兄貴が、ざると鎌と「突き鍬」を持って、「やめーもをほりぃいく(山芋を掘りにいく)」と言うので、「俺も行く」っつってついて行ったことがあった、冬のさびーい日だった。

俺をそだてた・・・・ウサギ追いし彼の山・・・向こう山。
a0290852_9293650.jpg

今はガードレールがある県道迄は、うちから200mくれぇあるかな、
その県道ぃ出たときすげぇ空っ風が吹いてきたんだ、田圃より2mくれぇたけぇ(高い)県道だから風当たりが、が強くって息ができねぇんだ。

おらぁ泣きだした。兄貴は振り返って「どうしたんだ!」俺は必至で兄貴に訴えた「こんなつえぇ風じゃぁ、おらぁ息ができねぇや、しんじゃわぁ(死んじゃう)」
兄貴は
「ばかぁ、風の方を向くから苦しいんだ、風の反対を向け!」強風の中で大声で教えてくれた。
そして兄貴は
「ダメだおめぇはうちぃけぇれ(おまえはうちにかえりな)」って言いながら家の近くまで送ってきて、また一人で山にむかっていったっけ。
これが浅間おろしっつう空っ風だ。
浅間山
a0290852_19481336.jpg






他国者

故郷 群馬のことがヒシヒシ感じる群馬男の書き込み。
他国者には理解できない 望郷を持ち続ける群馬男の心のふるさと
それは 群馬なのです。
遠くの町に住み 今だに群馬に行ったことのない他国者には群馬は遠い国ですが・・・・・
このブログを通して知った群馬は、遠くても近い群馬県になりました。
いつの日か群馬を訪問できる日を夢見て・・・
遠い国の他国者です。
ブログは居住地間の距離をなしますね。

★ *****************************************(追記) ★

a0290852_1481622.gif
このブログはある意味で群馬男の自分史でもあるのではないでしょうか。
長~い 生き様の歴史のようにも思えます。

                      他国者より

皆さま、長々とご覧いただき有難うございました。          群馬男

上州弁 なんだんべぇ講座 No.5
[PR]
by gunmaotoko | 2013-07-30 00:00 | Trackback | Comments(0)
2013年 07月 26日

樫ぐね(かしぐね)

(99)風よけの垣根 樫ぐね(かしぐね)

他国者

特に群馬県と言うことではないですが、群馬県の方には「樫ぐね」と言うものがある。
群馬男は知ってるかなぁ。
これも知らないなんてことになると、群馬男の称号は剥奪・・・・・・。
また落ち込むといけないから脅かすのはやめましょう。

他国者がネットから得た知識ですが・・・

樫ぐねとは・・・
冬の強い季節風(からっ風)から屋敷の中の建物を守るための「屋敷林」の一種で、屋敷の北と西の両側に設けられた 樫(カシ)の木によるる生垣のことです。
a0290852_0235030.jpg

昔の人の知恵で、母屋の屋根の高さに合わせてあり、屋根瓦を飛ばされない為の工夫なのです。

こんな立派な「かしぐね」を持つ家もある(前橋市ホームページ)
下が土壁漆喰塗り、でその上は樫ぐねになっている。
a0290852_1433417.jpg

屋敷林と言えば、富山県砺波平野の散居村の屋敷林は、中学のころに社会科で習ったけど、この樫ぐねは、あれよりももっと暴風効果を狙った巨大な生け垣なんです。

参考資料 砺波平野の散居村
a0290852_21153123.jpg


きっと群馬男は見たことはあると思うけど・・・・・・

群馬男

わぁぁ、樫ぐねかぁ、懐かしい言葉がでてきたなぁ。

見たことがあるかなんつう話じゃぁねぇでぇ、何を隠そう、おらぁ18歳まで「樫ぐね」に守られて育ってきたようなもんなんだぃ。
俺の実家は集落の一番西のはずれにあって、その西は畑と桑ばら(桑畑)だった。
だから、「浅間おろし」の風当たりはものすごかった。

だから、俺んちの北側は竹藪、西側は30mくれぇの長さでクランク型に樫ぐねがあったんだぃ。
かなり古い樫ぐねだったから、樫の木の太さも半端じゃなかったぃ。
根元の直径は20~30cmくれぇあったなぁ。

おらぁ初めは、樫くねっつんは、冬のからっかぜからうちを守るためのもんだから、こらぁ冬が旬の話だんべぇと思ったけんど、よーくかんげぇて(考えて)みると、空っ風だけじゃぁなく台風の風だって防いでいるんだいのぉ、だからこの話題はオールシーズンつうことだったんだい。

ところで樫ぐねっつうんは写真で見るようにでっけぇもんだけんど、その樫ぐねの「くね」の部分のはなにかっつうと、こらぁ、普通は柵とか垣根とかゆうけど、うちのほうじゃぁくねっつった。
そのくねを樫の木で作ったから樫ぐねなんだぃ。

また俺の下手な絵だけんどいわゆる「くね」っつうのはこんなもんだぃ。
a0290852_19592080.jpg


この柱(杭)と竹を縛り付けるときの結び方を「垣根結び」っつうんだい。
おらぁ小せぇ時におじいさんにおさぁった(教わった)から知ってるぜ。

とにかくここで樫ぐねの話がでるたぁ思わなかった。なんだかうれしいような懐かしさで、つい下手な絵まで描いちゃったぃ。

そうそう、うちにゃぁ、おじいさんの代に建てた土蔵と、もっと古い土蔵とふたつあったんだけんど、その古い方の土蔵の屋根の太い骨組みと、すぐ横の太い樫の木が、太い針金で結んであったんだぃ。

有る時おらぁおじいさんにきいたんだ
「おじいさん、この蔵の屋根はどうして樫の木とつないであるん?」

おじいさんは笑いながら
「別に屋根が逃げていくから繋いであるんじゃぁねぇんだ、蔵っつうなぁなぁ、うちと屋根がくっついていねぇで、載っけてあるだけなんだ、。だから風に飛ばされねぇ様に繋いであるんだ」

おらぁ「ふぅーん」と答えたが、そん時は意味が解んなかった。今は解る。

土蔵の屋根が飛ばされるくらいに、浅間おろしは強い空っ風なんだ。
その強い浅間おろしから家を守る樫ぐねはつよいものなんだ。

そしてその浅間おろしに絶えながら育った俺は・・・・・・えっへん。それ以上言わせるない。

  
他国者

a0290852_0145727.jpgかしぐね:冬の強い季節風(からっ風)を防ぐため、屋敷の北と西の両側に設けられた カシの木によ. る生垣のこと

群馬男の台風を防ぐという話ですが・・・
台風の風は南東からの風が強い 北からの風は聞いたことがないのですが・・・・


群馬男

そういわれてみりゃぁ確かにそうだいのぉ。
こりゃぁ俺の考え違い、ゴメン・・ペコリ。素直な群馬男
a0290852_13371566.jpg


他国者

こんなに高い 垣根?植木?
ビックリです。
[PR]
by gunmaotoko | 2013-07-26 00:00 | Trackback | Comments(0)
2013年 07月 25日

群馬のこんにゃく

(98)こんにゃくとTPP 

日本政府が23日環太平洋連携協定(TPP)交渉会合に初参加したという。

群馬のこんにゃく農家が悲鳴!

群馬のこんにゃく農家の方が「TPPに入っちゃうと、こんにゃくが日本のものじゃなくなっちゃう気がします」などと話した。群馬県はこんにゃく芋の国内生産の9割を占めているが、国産のこんにゃくの値段は1キロ・2120円。海外産は完全がかからない場合1キロ・917円と、国内産のこんにゃくは値段で太刀打ちできなくなってしまう。

a0290852_6214983.jpg蒟蒻と TPP

TPPと言われても????

今、日本のコンニャク芋生産者のことが気になっています。何故かといえば、農産物の関税率が引き下げられれば‥・・・

「そうだね、コンニャクには1706%もの関税率がかかっているのだから」

でも、実は、それは必ずしも正しくはないのです。何故
1700%という数値だけが一人歩きしていますね。こんにゃく「いも」を丸ごと輸入ならそうですが、実際は「粉末」で輸入しているので事実上の関税はその1/5程度です。

コンニャクを食用にしている国は? 日本、中国、ミャンマー、韓国という国らしいそうで‥つまり、アメリカなどはコンニャクを生産していないので、コンニャクについて煩く言われることがないということでしょうか?

群馬男

ちょっとまったぁ~~!!
昔、蒟蒻ぅ作ってた百姓の倅として、見過ごすことが出来ねぇ、ことだから、割り込むでぇ。

蒟蒻は芋になるまで3年かかるって世間じゃ言われてるけんど、それだけ聞くと、蒟蒻の子芋を植えて3年待ちゃぁ(待てば)でっけぇ蒟蒻玉んなるみちょうだけんど、そんなわけにゃぁいかねぇんだ。
ただ植えっぱなしじゃぁねぇんだぃ。

蒟蒻は、小さな小芋を春に植え付けて、秋んなって、霜が降りるめぇに丁寧に掘りり上げるんだ、それも、鍬の先でちょっとでも傷ぅつけたら、その小芋はもうだめ、その傷から腐っちゃうんだ。
掘り上げた芋はそぉっと傷つけねぇ様にしみねぇ(凍らせねぇ)ようにして家ん中で冬を越して、春にまた植え付けて、秋にまた掘り上げて家ん中で冬ぅ越して、春にまた植え付けるんだい。そうして秋になってよく育った奴だけを収穫してやっと出荷するっつうわけで、そのあいだに異常気象でとんでもねぇ時に霜でも降りたら、全滅っつうことだってあるんだい。

百姓の人達ゃぁこんな苦労して、こんにゃく芋を作ってるっつうことを、知っておいてもらいてぇんだぃ。

だから、蒟蒻は栄養がねぇなんつう言葉で簡単に片づけねぇで、体にいい食品なんだでぇ。

昔っから「こんにゃくは〇〇の砂払い」なんて言われて、からだん中を綺麗にしてくれるんだぃ。
a0290852_21284088.jpg





国内で一番コンニャク芋を栽培している地域は?

これはよく知られているとおり、全国の約9割が群馬県で作られているのだ、とか。

「そうそう、思い出した。歴代総理を数多く輩出している県だ!」
群馬県から福田赳夫、中曽根康弘、小渕恵三、福田康夫の各元首相を輩出している。

で、農家の方は言うのです。コンニャク芋に1706%の関税がかかっているなんて昔の話だ・・・と。
「昔の話?」
何でも1980年代には、そういうこともあったが、今はそんなことはなく、場合によっては、国内のコンニャク芋の方が、海外の芋よりも安くなる場合のあるのだ、とか。
「どうしてそんなことになるの?」

参考資料から

なんでも、コンニャク芋は、価格に応じて関税がかかるのではなく、輸入する重量に応じて関税がかかり‥そして、税率が2段階に分かれている。
第一次税率(267トン以内)は40%、第二次税率は、2796円/kgがかかっており、要するに、通常問題にする第二次税率は、そもそも1706%という数値が決められているのではなく、ある時点の海外のコンニャク芋の価格(/kg)に対し、2796円が何パーセントになるかという、逆算で出てくるものだからというのです。

ということで、海外のコンニャク芋が高くなればなるほど、コンニャク芋の関税率は低くなるということであり、1706%もの高い関税をかけてコンニャク農家を保護するのは如何なものか、という論調は正確を欠いたものだというのです。

説明聞いても わからないこんにゃくとTPPです。

一息ついて~~

a0290852_11472235.jpgさすが 群馬

群馬の名産こんにゃくについてとことん学べるのが、ヨコオデイリーフーズ運営のこんにゃく博物館。

博物館では → イベントあり



群馬男

俺にゆわせりゃぁ(言わせれば)、仮に自分の懐だけをかんげぇりゃぁ、TPPに加盟して関税撤廃して工業製品の輸出を増やして景気ぃよくすりゃぁ、国家財政が潤う、そうすりゃあ、年金生活者も恩恵にあずかることもできるだんべぇから、いいことばっかみちょうだけんど。

・・・だけんどだ!。

それによってまず農業が衰退する、国土は荒れ放題になる。食品は輸入した方が安いなんつって、何がへぇってるかわかんねぇ様なものを、食わされたら国民はどうなるんだ。
こりゃぁ、蒟蒻農家だけの問題じゃァねぇと思うんだい。

大きな企業に農業をやらせればいいと言ったって、中山間地で、大企業が百姓をやると思うかぃ?。
国家を、国土を、国民を滅ぼすことになりかねないTPPにはどうしても賛成できねぇんだ。


このブログには、政治、思想、宗教のことは書かないつもりでしたが、このことだけは書かせてもらいました。
お読みになって、ご意見などありましたら、、真面目にお受けいたします。コメント欄にどうぞ。

書いてるといらいらしてくるからもうやめる。

他国者

いいではないですか。
群馬男の故郷の特産品のこんにゃくの死活問題です。
蒟蒻だけの問題じゃァねぇんだでぇ
他国者

a0290852_10412949.gif参考まで・・・ 【クリック】

上州弁 なんだんべぇ講座 No.6
[PR]
by gunmaotoko | 2013-07-25 00:00 | Trackback | Comments(0)
2013年 07月 22日

ギンヒカリ

(97)群馬の最高級ニジマス『ギンヒカリ』 

群馬の最高級ニジマスギンヒカリ
平成14年に特許庁から正式に『ギンヒカリ』が商標として認められ
その姿が銀色に光り輝いていることから『ギンヒカリ』と命名されました。
身は赤く肉質はきめ細かく滑らかで引き締まっています。
タンパク質が多くて脂質が少なくEPAやDHAの含有率が高い特徴があります。

シルクのような滑らかな舌触りと上品な味わい。
輸入サーモンとは全然違う高級感あふれる美味しさです。

“ギンヒカリ”とは、群馬うまれ群馬育ちの高級ニジマスのこと。赤城山麓、勝保沢に湧き出る水で育てられている稀少品で、県外にはほぼ出回らない。

a0290852_22493270.jpgニジマスの銀色に光り輝く体表から、この名がつけられた。肉質がきめ細かく滑らかで、しっかりと引き締まっており、サーモンのような色の身をしている。低脂肪で高タンパク、EPAやDHAを多く含んでいるといわれ、刺身や天ぷら、マリネ、スモークなど、生でも加熱しても臭みがなく、とろけるような舌触りを味わえる。

ぐんまちゃんが「ギンヒカリ宣伝担当理事」に就任

群馬県の最高級ニジマス「ギンヒカリ」や県産養殖マス類のイメージアップとブランド力餭の強化を図るため、ぐんまちゃんは群馬県養鱒漁業協同組合の「ギンヒカリ宣伝担当理事」に就任することになったんだ。

→ 群馬県ニュース 7月9日

a0290852_5461835.jpgぐんまちゃん ああ~忙しい

群馬県 → HP

a0290852_22481813.jpga0290852_22491068.jpg


ちなみに、ギンヒカリの価格はニジマスの2~3倍。
生産地の群馬県といえども、スーパーや小売店といった一般向けの流通経路は一切なし。県内の温泉地を中心に、ごく限られた場所でしか食べることのできない高級魚見たいです。
ニジマス版「鮭児(けいじ)」「時鮭(ときしらず)」とも称されるギンヒカリは、群馬県民でさえ頻繁に口にすることのできない貴重な魚。

ぜひともその味を確かめてみたい。

a0290852_11462989.jpg宣伝部長 !
みなさんへの広報活動頑張って!

特になにも知らない群馬男には・・・・
おらぁ絹ぅ食ったことがねぇもんで、シルクの舌触りっつうんが解かんねぇんだいのぉ

群馬男

おらぁ、群馬男の名称を返上するか、そのめぇに剥奪されるかもしんねぇなぁ(ションボリ)。

それにしても、この話もおらぁちっとも知らなかったぃ。
もちろん俺が群馬にいなくなってからこんな上等な魚が誕生したんだんべぇなぁ。
もしもこの魚が静岡まで出回っていたとしても、俺のめのめぇにゃぁ現れねぇだんべぇし、俺の口ぃなんかへぇらねぇだんべぇから、おれにゃぁ縁のねぇ話かもしんねぇなぁ。

実はこねぇだ(このあいだ)の記事の尾瀬の近くの滝ぃ行きてぇと思ったんだけんど、よく調べてみたら、あの三条の滝っつうんは、すげぇ山ん中でどっちから行ってもうんと歩かなけりゃなんねぇんなんで、おらぁあきらめたんだぃ。
そのかわりに、赤城山ぃ行くべぇと思って今計画してるとこなんだけんど、どっかでお目にかかれるかなぁ。

だけど、お目にかかってもそんなたけぇもんじゃぁ、くちにゃぁへぇらねぇだんべぇなぁ。

まぁあんまり期待しねぇでいくべぇ。せめて見るだけぐれぇにして・・・・

他国者

a0290852_7274674.jpg赤城山 あの国定忠治の話の山?

群馬男

赤城山ったらここしかねぇだんべぇ、
男心に男が惚れて、息が溶け合う赤城山・・・・あれさ。

この名せりふ 「赤城の山も今宵限り、生まれ故郷の国定の村や、縄張りを捨て、国(故郷)を捨て、可愛い子分のてめえ達とも 別れ別れになるかどでだ」。

その忠治が隠れてたっつう洞窟の近くに滝があるんだぃ。

赤城の山も今宵かぎり~♪♪

いってみてぇな 赤城山!群馬男連れてってやるべぇか。だけんどおめぇんちはいったいどこなんだぃ?。
あんまり遠くじゃぁ、赤城山ぃ着かねぇうちに脚も財布もくたびれちゃうでぇ(笑)。
それにこの滝だけじゃねぇでぇ、ほかに山ん中の滝を10くれぇ予定しているんだぃ。一泊でな。

a0290852_222036100.jpg





上州弁 なんだんべぇ講座
[PR]
by gunmaotoko | 2013-07-22 00:00 | Trackback | Comments(0)
2013年 07月 20日

尾瀬国立公園

(96) 湿原夏色 尾瀬でニッコウキスゲ見頃 

尾瀬国立公園でニッコウキスゲが見頃を迎え、湿原を黄色く染める夏の主役に、大勢のハイカーが足を止めて見入っている。



尾瀬の自然のようすを毎日紹介! by 尾瀬保護財団

尾瀬の最新情報 → すいすい尾瀬なび

a0290852_234222.jpg尾瀬花図巻 → 四季の花

群馬県側の尾瀬への交通案内。
一番簡単で分かりやすいアクセス方法 

→ 尾瀬戸倉から


他国者

穴があったら入りたい
尾瀬 群馬県にあったんですね
あまりにも有名な場所なのに知らなかった~~~

群馬男

ついに出たか!!。
尾瀬・・・・、夏が来れば思い出すんだいのぉ。

おらぁ、一度行ってみてぇと思って、思い始めてからもう半世紀近くんなるかなぁ。まだいけねぇんだぃ。

日光キスゲぇ?、うん、あれが咲いてる時だったらなおいいんだけんどさ、咲いてなくってもいいんだぃ。あの木道、どこまでも続いている木道を歩いてみてぇ。
あの風景もいい。写真とか映像でしか見たこたぁねぇんだけんど、いいとこだんべぇと思うでぇ。

今までは、ひとりでいったってつまんねぇだんべぇと思って、なかなか腰が上がんなかったんだけんど、地図を見りゃぁ、あの近くに滝がたんとあらぃ。
これだったら、一人でもいいや。
あぁぁ行きてぇなぁ。・・・・もう尻のへんがむずむずしてきた・・・痔じゃぁねぇんだでぇ、尾瀬と滝っつったらもう一泊だって二泊だっていいやぃ。
こらぁ、具体的にかんげぇてみなくっちゃぁ

今の季節は、あすこも有名なとこだから、ねっけぇせねぇ様な人ごみだんべぇから、このシーズンのおしまい際に行きゃぁいいかもしんねぇなぁ。

あぁぁ、寝てる子を起こされたっつうか、よく気づかせてくれたっつうか、このブログでこんなに心をいごかされた(動かされた)こたぁ始めてだぃ。

誰か、いい情報を持ってる人がいたらおせぇて(教えて)くんなぃ。
いつごろだったらすいてるとか、どこの滝がいいとか、あすこはやめたほうがいいとか、すんなことを何でもいいから。
あぁ、だめだ、滝って聞くとおらぁ人が変わっちゃうんみちょうだい。

他国者

まずかったかな 寝た子を起こした。

三条の滝は尾瀬を源流とし、尾瀬ヶ原から流れ落ちる只見川の上流にある滝。
素晴らしいみたいですよ



群馬男
俺にこんなもん見せるっつうこたぁ、毒ぅ飲ませるようなもんだでぇ。
今夜ぁ眠れなくなりそうだぃ、あしたぁ寝不足で眼が真っ赤んなってるかもしんねぇでぇ(大笑)。

上州弁 なんだんべぇ講座 No.4
[PR]
by gunmaotoko | 2013-07-20 00:00 | Trackback | Comments(0)
2013年 07月 18日

渋川へそ祭り

(95) 渋川へそ祭り 

「日本のまんなかのまち」(群馬県渋川市) 東経 139°00′北緯36°29′に位置する渋川市は、日本列島のほぼ中央に位置しているということで、独断で、1983年に「日本のまんなか緑の渋川」をキャッチフレーズに決定し、また、翌84年には、「日本のまんなかへそのまち」を全国に向けて宣言しています。

a0290852_0435390.jpg地図で見ると群馬県は本州のほぼ真ん中にあるんだいのぉ・。

その群馬県のほぼ真ん中にあるんがが渋川市なんだぃ。…っつうことは渋川市は日本のほぼ真ん中にあるっつうことになるんだ。

「どこどこの真ん中にあるからどこどこの臍だ」なんつってあっちこっちで臍の祭りをやっているけんど、これだけ地理的な条件がいいなぁ珍しい。

この条件をほぉっておくてはねぇと、渋川市でも「へそまつり」っつうのをやってるようだ。はぁ30回んなるそうだぃ。

a0290852_0144442.jpg


おおざっぱにゆうとこんなことらしいやぃ。

今年は第30回渋川へそ祭り
〇開催日:2013年7月27日(土曜日)開催

〇開催時間:午前10時~午後8時

〇開催場所:新町五差路付近(渋川市渋川1904~1906番地付近)

〇メーンイベントの「踊りパレード」のほか、「路上パフォーマンス」、「ちびっこへそ踊りパレード」を開催。

〇パレードは午後5時半から


渋川市寄居町には、坂上田村麻呂が東征の帰途に「日本の臍石(へそいし)」と定めたと伝えられる「臍石」がある

a0290852_2052183.jpg


臍踊りっつうか腹踊りっつうか、これのパレードだっつうで。
見てぇ様な見たくねぇ様な、複雑な気分だい。

腹踊りっつやぁ、俺もわけぇ頃、会社の慰安旅行の時の余興でやったことがあったぃ。
俺のはらおどりは、結構評判がよかったんだぜ。

色のしれぇ腹に胸毛んところを眉毛にして顔を書くってぇと、そのこらぁ、ウエストのくびれがしっかりしてたから、「細面(ほそおもて)色白の娘の顔」ができあがったんだぃ。

写真が一枚ぐれぇねぇかと思って探したんだけんどめっかんなかったぃ。

他国者

見たかったな~

想像で我慢します。


群馬男
想像力の乏しい人はこまるなぁ。
「色白の細面の娘」だっつうんに、こんな娘があるかぃ!。
しょうがねぇ見せてやるか!。
a0290852_18385928.jpg


他国者

こんなイメージ?



[PR]
by gunmaotoko | 2013-07-18 00:00 | Trackback | Comments(0)
2013年 07月 16日

群馬県 難読地名

(94) 群馬の難読地名・・


a0290852_21283588.jpg


今日は群馬県のちっと読みずれぇ(よみずらい)地名をおべぇてもらう(おぼえてもらう)べぇと思うんだけんど。

こんなん解るかなぁ 主に県の西の方からえらんだんだけぇが。

①群馬県碓氷郡九十九村小日向(今は合併してこの地名はねぇけんど)
②群馬県碓氷郡松井田町行田(これも合併して今は変わってるけんど)
③群馬県甘楽郡下仁田町南蛇井
④群馬県吾妻郡嬬恋村
⑤群馬県吾妻郡六合村
⑥群馬県甘楽郡南牧村六車

これらの地名が読めますか?

説明するべぇ

① 今は合併して安中市んなっちゃってるけんど前にゃぁこんな住所だったぃ。
  読み方は、群馬県うすいぐん つくもむら おびなた  です

② 群馬県うすいぐん まついだまち おくなだ

③ 群馬県かんらぐん しもにたまち なんじゃい
  しもにたまちっつやぁ、下仁田ネギの産地、
  「殿様」っつう品種は最高だぃ。それにこんにゃくも
   
a0290852_219193.jpg


④ 群馬県あがつまぐん つまごいむら
  ここは高原野菜特にキャベツの大産地だ
  浅間山もこの村にあるんだぃ
  
a0290852_2112493.jpg


⑤ 群馬県あがつまぐん くにむら
  なんで六合と書いてくにと読むかと言うと、、国とは天と地と東西南北の
  六つの方向を合わせて国という、っつうなんだかわかんねぇ様な大昔の人が  言った言葉から来てるんだそうだぃ

⑥ 群馬県かんらぐん なんもくむら むくるま
  行ったこたぁねぇけんど山ん中の村だ。

こんなこたぁ知らなくったって群馬で暮らすことだってできるんだいのぉ。

だけんどそれぇ言っちゃぁおしめぇだいのぉ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おぉ、そうそう、これを一つ

a0290852_2121678.jpg


他国者

読めない地名ってありますよ。
私の本籍地 昔は 〇〇県〇〇郡大字〇〇字〇〇19番地でした。
今は〇〇市〇〇町19番地
でも昔と同じ田舎 まったく変わっていません。

群馬男
昔と変わってない田舎なんてそうやたらねぇでぇ、羨ましいぐれぇだぃのぉ。
だけんど、ケチつけるわけじゃァねぇけんど、この古い地名の、郡の下に町村名はなかったかい?。
......旭町 忘れた~~~! 他国者

他国者

おまけ・・・
群馬県にある珍地名 鼻毛石という地名がある。 どうして?その名がついたかというと・・・

昔赤城山が噴火した時に、二つ穴の開いた岩が落ちてきたそうです。 で、その岩穴に コケ?だか草?だか生えたらしく【笑】それが鼻毛に見えるために鼻毛石と名がつき 地名にもなったらしい。
今もその岩捜すとあるみたいですよ。
本当だろうか?冗談でしょう。

その地名のいわれの鼻石と鼻毛神社があるのですa0290852_541409.jpg


群馬男
忠治温泉と不動の滝ぃ行く途中だから、こんだ赤城山ぃ行ったら寄ってみるべぇ、おもしろげだ。


[PR]
by gunmaotoko | 2013-07-16 00:01 | Trackback | Comments(0)
2013年 07月 14日

浅間山

(93) 浅間山もふるさとの山さ・・・


富士山が山梨県と静岡県にまたがってるように浅間山は群馬県と長野県にまたがっているんだ。
細けぇことを言うようだけんど、浅間山の噴火口は群馬県にあるんだぃ。
それで、調べてみたら、2568mの頂上も群馬県側にあることになってるんだ。
a0290852_1756517.jpg

「だからなんだ!」っていわれりゃぁ・・・・「べつに・・・」だけど。

そうだそんなことより、おらぁ浅間山に登って頂上の噴火口を覗き込んだことがあるんだ。
それが書きたかったんだぃ。

この間,古い写真を整理してぇたら、こんな写真が出てきたんだぃ。
a0290852_16412227.jpg

俺が昔友達とふたぁりで浅間山登山をしたときの写真だぃ。向かって左が俺だぃ。

それももうずいぶん前のことで、まだ浅間山がおとなしくしているころのことだから、噴火口まで上がって、火口の中ぁ覗き込んだことがある。

あのころは,うるせぇ規制もなかった、火口の縁から2mくれぇのところにロープが一本張ってるだけで、ロープをくぐれば火口を覗き込むこともできた。
俺はそれをやってきた。

行った年ははっきりしねぇんだけど、まだすぐ上のねぇちゃんが嫁に行く前だし、俺がと東京にいたころだから、1962年ころじゃねぇかと思うんだけど、はっきりわかんねぇんだぃ。。

あのこらぁまだ実家に電電公社の電話ぁ引いてなかったんで、手紙ぃ書いたんだぃ。
a0290852_5291683.jpgねぇちゃんにさ。
「〇月〇日XX時ZZ分発の下り列車で小諸まで行って
そこから浅間山ぃ登るから、にぎり飯の弁当を二人分作って、
駅まで持ってきてくんない」、

ねぇちゃんからはすぐに返事が来た
「それじゃぁ汽車のどこらへんに載ってるかわかんないし、渡せないと困まるから前から三輛目の前の方のデッキに来なさい、ほかの車輛に乗っていても駅に着くときだけ三両めにのデッキに必ず来るように」
田舎のねぇちゃんだけど、汽車で通学してぇたことがあるから、それくれぇのこたぁ心得ていて、弟に指図してくれた。

俺は上野駅で汽車に乗る時から、3両目に乗った、始発だからどこにでも座れたんだ。
前の日にに買っといたお菓子のお土産ぇもって、仲の良かったT君と二人で 汽車に乗り込んだ。

このころ信越線は単線で、上りの汽車が来るのを俺たちの汽車は駅で待つことんなる。
ねぇちゃんはホームで待っていてくれた、おにぎりとおかずをふろしきに包んで、「この風呂敷は返さなくってもいいからね」って言って弁当を渡してくれた。

俺は「有難う、これみんなで食って」と言って土産のお菓子を渡した。
二言三言話しているうちにのぼりの汽車が来た。

「それじゃ気を付けて行ってきな。あぶねぇことするんじゃねぇよ」
「うん、有難う、みんなによろしくなぁ」
間もなく汽車は発車した。

a0290852_17365282.jpg

そうして小諸駅からバスに乗って浅間山の麓まで行ったんだけぇが、どのあたりまでバスが行ってたか 定かでなく、俺たちがどこでバスぅ降りたかもおべぇていねぇ。
何しろ半世紀近くもめぇのことなんだから。

バスを降りて二人で山路ぃあるいてくたびれたんで一休みしたのが、この写真のトーミの頭のあたりで、そこでねぇちゃんの作ってくれた弁当を食ってまたエッチラ オッチら登って噴火口まで行ったんだぃ

噴火口をのぞっこんだけどうんと深いとこに、平に固まった溶岩が見えて、ちょうど火口に蓋ぁしたみちょうで、ところどころから煙が見えていた、その表面はかてぇんか(硬いのか)やらっけぇんか(やわらかいのか)うんとふけぇ(深い)とこなんでわかんなかったぃ。ちょうど、お料理ん時の「落し蓋」の感じだなと思ったんをおべぇている。

それからしばらくは浅間山も静かだったけんど1972年に大噴火をして、それっからは、しばらくは登山禁止んなってたようだったけんど、今はだいぶ規制が緩くなってきたようだいなぁ。
でもまだ火口から500mくれぇしか近かづけねぇようだい。

他国者

浅間山と言うと・・・思い出すのはあさま山荘事件
1972年2月19日から2月28日にかけて、長野県北佐久郡軽井沢町にある河合楽器の保養所「浅間山荘」において連合赤軍が人質をとって立てこもった事件です。

浅間山が群馬県の山だったとは・・・知りませんでした。

19世紀の初頭に美人画でならした浮世絵師渓斎英泉が歌川広重とともに書いた木曽街道六十九次から「支蘇路ノ驛 浦和宿 浅間山遠望」
a0290852_8262994.jpg


群馬男
以前は実家の近くの畑の隅のところどころに2mくれぇの砂山があった。
畑仕事について行った子供の絶好の遊び場だった。
有る時父親に
「なんで畑ン中に山があるん?」と聞いてみた。
父は
「こらぁな、むかーし、あの浅間の山が噴火した時、風呂で使う軽石みちょうな石ころがうんと飛んできたんだ。
そんなもんの上じゃな米も麦も育たねぇから、むかしの人はそれを集めて山にしたんだ。
どっかぃぶちゃありゃぁいいんだけんど、ぶちゃぁるとこがねぇ人は、こうやって畑の隅に積んどいたんだ」と教えてくれたっけ。

浅間山っつう山は富士山と比べると山体の線が軟らかい感じで、女性的な感じを請けるんは俺だけだんべぇか。

a0290852_17242395.jpg



今日も上州弁なんだんべぇ講座やってるどぁ

****************
[PR]
by gunmaotoko | 2013-07-14 00:00 | 望郷 | Trackback | Comments(0)
2013年 07月 12日

なぜ群馬は暑い

(92) 暑さは日本一・・・・・

a0290852_21223397.jpg


なんなの コノ暑さはっ !

7月12日 朝、記事追加
今朝のテレビは昨日の暑さぁつたえていたでぇ。特に群馬ぁ暑かったんだぃのぉ。







群馬男の本心は
内心は、滝が恋しいけんど、こんな暑いときに一人で行って、山ん中で熱中症で倒れでもしたら、もちゃぁずけ(とっても手のかかる大変なこと)だし、いい年して人みじめ(みっともないこと)だから、自制している群馬男なんだぃ。



たまんねぇだんべぇ
日本列島は11日午後も厳しい暑さが続き、群馬県館林市で気温39・5度を記録するなど、関東甲信から九州にかけての140地点で35度以上の猛暑日となった。39・5度は今年の全国最高気温で、猛暑日の地点も最多。熱中症とみられる症状で病院に運ばれる児童、生徒らが相次いだ。

割り込み群馬男
12日の朝テレビぃ見てたんだけど、あっちこっちのTV局であっつかったアッツカッタ(暑かった)って言っていたいのぉ。
a0290852_8411071.jpg


そんで、まだこの後もあっついんだってさ!!やれやれ。
a0290852_843301.jpg


全国観測値ランキング(7月11日)
a0290852_20552441.gif
気象庁   

気象庁によると、連日の猛暑で夜間も気温が下がりにくく、夜が明けると晴れた地点では日照で気温が再び上昇。内陸部は比較的涼しい海風が入りにくいのも影響した。

埼玉北部や群馬県が何故暑いかといえば、北側からはフェーン現象による熱い空気が、南側からも東京湾から内陸を渡って暖められた熱い空気が、それぞれやってきて、さらに関東平野の周りは山だからやってきた空気の逃げ場がなく、溜まるせいだと言われてます。


群馬男

あ~困った・こまったぁ~・コマッタナァ~・・・・。

あんまりあっつい(暑い)んで、群馬男の俺の頭ん中がちっと変になっちゃったみちょう(みたい)なんだぃ。
他国者がタイムリーな、あっつっくるしい(暑苦しい)話題ぃ持ってきてくれたんだけんど、群馬男のコメントが俺の頭からでてきねぇ(来ない)んだぃ。

やっぱりこの暑さのせぇで(せいで)脳みそが腐っちゃったんだんべぇなぁ。
だから今日は勘弁してくんなやぁ(ください)。

代わりに、下手な歌ぁ一首
a0290852_924180.jpg





今日も上州弁なんだんべぇ講座やってるどぉ

上州弁 なんだんべぇ講座 NO.2
[PR]
by gunmaotoko | 2013-07-12 00:00 | Trackback | Comments(0)


群馬で生まれ群馬で育った男のブログ 今は故郷を離れ遠くの町から  こよなく群馬を愛する男と、群馬を全く知らないひととのブログです。


by gunmaotoko

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

検索