群馬出身の望郷男と、群馬県のこと知らない他国者が、勝手に書き込んでいるブログです

<   2013年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2013年 02月 28日

2013年2月投稿記録

2013年2月 投稿記録

この図表からはページにリンクしていません
a0290852_2148264.jpg

[PR]
by gunmaotoko | 2013-02-28 23:59 | Trackback | Comments(0)
2013年 02月 27日

群馬の特産品 梅干し

   (41)  群馬の梅干しは日本一 

群馬県は日本でも有数の梅の産地。
でもよく知られているのは和歌山県です。特に南高梅は有名です。

しか~~~~し 群馬県も負けていません。

群馬県は全国第2位の梅の生産地で、梅の栽培面積は、県内の果樹面積の約40%を占めている。
梅林の名所である高崎市榛名地区、箕郷地区、安中市を中心に生産されている。
旬は6月で、「白加賀」「梅郷」「南高」「織姫」など多くの品種を栽培。
d0138650_14515689.jpg中でも県内で生産される梅の約60%を占める「白加賀」は、群馬の生梅として、「青梅」のブランドイメージを確立した立て役者。
大粒で形が良く、果肉は厚く滑らかで、梅酒・梅ジュース・梅干しなど加工品にも

白加賀梅とは

白加賀梅で作った梅干の特徴は、南高梅とは異なり、皮が厚く、果肉が硬めで、種も相対的に大きいと言われていますが、この特徴が逆にオールドファンから「本来の梅干」として好まれているようです。
値段的にも白加賀梅を使った梅干は南高梅の梅干に比べて半値程度とされていますが、リーズナブルな高級梅干として多くの消費者から親しまれているのも事実です。

a0290852_1558405.jpga0290852_15585795.jpg梅酒としては・・・

サントリー
札幌ビール

d0138650_15154953.gif和歌山に負けるな群馬の梅干し

群馬県のゆるキャラはぐんまちゃん。

群馬男

たまげたなぁ
ぐんまちゃんつうユルキャラもこないだ初めて知ったけど、この小梅ちゃんも知らなかった。
そればっかりじゃぁねぇ、群馬が梅の産地だつうこともちっとも知らなかった。

そういわれてみりゃぁ、おれが東京へ出てくるころ実家じゃァ雑木林を開墾して梅林にするっつって、どっかからでっけぇトラクターを呼んできていくんちもかけて山の上の雑木林を開墾してたっけ。
やっぱりあのころ、もう群馬は梅の産地だったんだいなぁ。
その梅林はどうなったんだんべぇ?。
今は山の上も変わっちゃったつうからどうなったかわかんねぇ。しばらく行ってねぇし。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

d0138650_1312970.gif梅の産地 群馬県安中市のマスコットキャラクター『こうめちゃん』。頭部は関東三大梅林の一つに数えられる市内の「秋間梅林」の青梅で梅の花の花飾りを着け、着物の帯には安中市発祥「温泉マーク」入り。安中市をPRします!

梅の産地ならこのゆるキャラが
一番 群馬らしい!

群馬県はこれから梅の花が咲き誇る

ぐんまの梅林 にぎやかになるでしょう → こちら

群馬男

そうだ何年かめぇに秋間の叔母さんちぃ行ったとき、そん時はまだ叔母さんも元気だったんで、山の上のちっちぇえ家で、お土産だの、梅干しなんか売っていて、おれなんかが8人も行ったもんだから、叔母さん喜んで商売物の梅干しょをうんとくれたっけなぁ。
だけど群馬の梅はしょっぱくっておれにゃぁあわねぇ。
ぶちゃぁるんももってぇねえから、幾年もかけてちっとっつ食って、終わっちゃった。
血圧が気になるんであんまりしょっぺぇもんは俺の体によくねぇんだぃのぉ。

おれはやっぱり、群馬を知らねぇ群馬男なんだつうことだな・・・・・・・・・・。

他国者
質問~~です

ぶちゃぁるんももってぇねえから、幾年もかけてちっとっつ食って、終わっちゃった。

ところで ぶちゃぁるんももってぇねえからまったくわかりません。

この外国語【笑】 翻訳してください。

群馬男の回答
「ぶちゃぁる」とは捨てることを言います。「ぶちゃっちゃう」とは捨ててしまうの意味です。
「幾年」とは複数年の意味です。
だから、捨ててしまうのももったいないから何年もかけて少しずつ食べてもう終ってしまった。となります。

今は群馬へ行ったってこんな「正調群馬弁」にはなかなか出会うことがありません。実家の兄貴は気を許す人にはこんな調子でしゃべりますよ。

あはは・・、こんな言葉を知ってるなんて、おれはやっぱり群馬男だ!!。

こんな言葉べえ使ってると、でぇじな静岡弁忘れっちゃうかもしんねぇな。
[PR]
by gunmaotoko | 2013-02-27 21:07 | Trackback | Comments(8)
2013年 02月 23日

ぐんま三大梅林

   (40)  群馬が誇る梅林は梅の大産地 


「ぐんま三大梅林」秋間梅林、榛名梅林、箕郷梅林がいよいよオープン!

2月23日から、「ぐんま三大梅林」と周辺観光スポットを巡ると抽選で宿泊券など素敵な賞品が当たるスタンプラリーを実施します。

a0290852_23574850.jpg東日本一の梅の郷、

安中市の秋間梅林

高崎市の榛名梅林

箕郷梅林

その壮大なスケールから
「ぐんま三大梅林」として有名です。



群馬県は古くから梅の産地。
全国第2位、東日本では第1位の規模を誇る梅林が
広がっています。
a0290852_0103442.jpgその中でも、群馬県西部、西上州には県内の梅の
生産量の8割を占める
産地です。
「秋間梅林」「榛名梅林」「箕郷梅林」
個々の梅林は違った魅力にあふれており、
それぞれの梅林ならではの美しさや楽しみ方を
満喫できる花の園です。

3か所の梅林をめぐるには → 梅林コース

a0290852_0295235.jpg
最後は
磯部温泉でポカポカ
一足早い春の訪れを感じる梅の郷にぜひお出かけください
他国者のほうがよく知ってる


群馬男
おれ、群馬男の肩書をはく奪されそうだ!!。

a0290852_1121785.jpgじつはこの秋間梅林の真ん中に実の叔母さんが住んでいた。
実家からはそんなに遠くないのに、そこへ行ったことがなかった。別に叔母さんと中が悪かったわけではないのだが・・・。

この叔母さんは俺の父親の妹で、たぶん1920年ころの生まれだと思う。

秋間梅林のほぼ中央部の小高いところに家があって、旦那を失くして一人暮らしをしていたが、高齢のため今は息子のところで暮らしているようだ。

2007年3月に、「実家の墓参りと、秋間の叔母さんに会いに行くべぇや」と私が声をかけて、静岡、東京、埼玉、地元群馬に散らばった兄弟、義兄弟たち総勢8人が賛同して行ってきた。(これでも半分以下の人数だ)
じつはその時が秋間梅林は初めての訪問だったのだ。

その時の梅林 (2007-03-11撮影)
a0290852_9483934.jpg


スタンプラリーとかってのも今日から始まるようだから、近くに住んでおられる方は一見の価値ありです。

秋間梅林は、もともとは梅の花を見せるための梅林ではなく、農家が梅を収穫するための梅林です。
だから梅園などとは言わず、梅畑の意味の梅林なんです。

今日は標準語で書いたもんで肩が凝った(笑)。
[PR]
by gunmaotoko | 2013-02-23 00:00 | Trackback | Comments(6)
2013年 02月 22日

ぐんまちゃん誕生日

番外編 

a0290852_23391429.png 2月22日は、ぐんまちゃんの誕生日。

ぐんまちゃんは、現在7歳。誕生日が来ると、8歳? 
いえいえ、7歳のままです。ぐんまちゃんは永遠の7歳なのです。


群馬男

俺さぁ、このブログ始めるまでは、このユルキャラがあることすら
知らなかった。
それでも群馬男だよ!。

a0290852_19403150.jpg


ぐんまちゃんのブログ →こちら  
[PR]
by gunmaotoko | 2013-02-22 00:00 | Trackback | Comments(4)
2013年 02月 20日

榛名山

   (39)  故郷の山 榛名山 


群馬県にゃぁ上毛三山(じょうもうさんざん)つうんがあってな、国定忠治の赤城山、俺んちからちけぇ妙義山ともう一つが榛名山だぃ。

おらんか小学校のこらぁ(ころは)運動会っつうと、赤城団、榛名団、妙義団に分かれて戦ったもんだ。
赤城団は赤いハチマキ、榛名は白か黄色、妙義は青だった。

そん中の、榛名山のことを、今日は書くべぇと思うんだけぇが、読んでくれるかい?。

他国者
椎名湖 どこにあるって!?

しらないべぇ~~


あぁ、ここにあったぁ!!。(喜)
群馬県高崎市榛名湖町



群馬男
違う!!ちがう!!しいなこじゃねぇ!榛名湖(はるなこ)だ!!。言葉づかいも違う!!。
しらないべぇなんちゅぅ言葉あねぇ!。それを言うんだら、知らねぇだんべぇだ。
こらぁその人がしらないと思われるときにときに使う言葉で、知らないであろうと想像するときも、相手に知らないでしょうと問う時も使う言葉です。
使用例・・・「あの人は榛名湖がどこにあるんだか知らねぇだんべぇと思って、おれが心配してたなんつうこたぁ知らねえだんべぇ」翻訳すると「あのひとは榛名湖がどこにあるのか知らないだろうと心配していたことは知らないでしょうね」となります。
過去形にすると「知らなかったんべぇのぉ」となります。

すんな偉らげなことをゆったって俺もあの山にゃぁ3回ぐれぇしか行ったこたぁねぇんだけどな。

昔やぁ、あの辺は北群馬郡何とか町つっていくつもの町だの村だのに分かれていたんだけぇが、いまじゃ大部分が高崎市んなっちまったみちょうだいな。今の様子はあんまり知らねぇけど。
そうそう、福田元総理の出たとこだ。

榛名山の頂上にゃぁ榛名湖っつうカルデラ湖があってな。大昔やぁ丸い湖だったようだけど、その隅っこのほうで噴火があって、今はきれいな榛名富士ができてるんだ。うんと昔のことだでぇ。
そのまわりにゃぁ外輪山が並んでいて、昔教わったけどみんな忘れた。

あんまり風のねぇ日なんか、その湖に榛名富士が写ってな、逆さ富士になるんだ。
a0290852_22115796.jpg


ところでこの歌しってるだんべぇ?。古い歌だけど有名な歌だから。

そう、湖畔の宿


この歌ぁ作ったんはこの榛名湖をモデルにしたんだそうだ。
この山の北東の中腹にゃぁ、有名な伊香保温泉があるんだ。

おれ、あんまりくわしくしらねぇんにこんなこと書いて、ぼろ出すといけねえから、エピソードでも書くか。

ありゃぁ俺が中学2年時だった。
あの榛名湖畔に県の高原体育学校っつうんがあってな、中学二年の夏に学校で二泊三日で連れてってもらったんだ。いまでもあるんみてぇだな。
おれんちのあたりゃぁ海はねぇし、湖だってねぇ。だから榛名湖みちょうなでっけぇ湖はあんとき初めて見たんだ。

カッターの漕ぎ方ぁおさぁったり、カッターで競争したり楽しかったぁ。

ところが三日目の朝だ、起きてみんなで布団畳んでたんだ。
そん時、同級生の一人が
「おーい、ちょっとちょっと」ってよばるんだ。
行ってみると「この毛布さわってみてみろ」ってゆうんで触ってみると、濡れてるんだ。
「これ、ねしょんべんじゃねぇか」って言うんだけど、「だけど、おれなんか中学2年だど、まだネションベンなんかするかぁ?」
「「だって臭い嗅いでみろよ」
「あぁやっぱり臭せぇ、こりゃ本物だ」
「どうしる、先生にゆうか?」
「よせよせ、そんなことして大騒ぎんなって、だれだかわかったら、そいつがかわいそうだ。」
「このまんま、ほかのと一緒に畳んでおきゃぁわかんねぇだんべぇ」

ということで、みんなで口をつぐんで、そのまま置いてきたんだけど。

その日の晩もほかの学校の生徒が来て泊まったんべぇと思うけど、この毛布が当たった奴は気の毒だと、今でも思い出すんだ。

だけど中学二年でねしょんべんするかなぁ。

あぁ、榛名山も行ってみてぇなぁ。
こんだ群馬いいったらいってみるかな・・・。

榛名はあんまり行ったことがねぇもんで写真がねぇんだ。なんだか寂しいブログんなったなぁ。
[PR]
by gunmaotoko | 2013-02-20 22:07 | Trackback | Comments(4)
2013年 02月 14日

高崎の観音様

 (38) 高崎の観音様(高崎白衣大観音)


やっぱり群馬県と言ったら、この観音様を紹介しなくっては始まらない。

今は新幹線ですぅーっと行っちゃうから気が付かない人も多いけど、昔は、東京のほうからは、上野発の電車で群馬県に入って、しばらくすると本庄を過ぎて倉賀野あたりまで来ると遠くの方の山の上に観音様が見えてくる。

200mほどの山の上に、身の丈50m近い鉄筋コンクリートの観音像が高崎市街地のほうを向いて立っている。

これが、高崎白衣大観音 市民は高崎の観音様と呼んでいる。

昭和11年にこの地の建築会社井上工業(現存しない)の創立者が建てたもので、のちに高崎市に寄贈された。
a0290852_2283424.jpg


・・・・・・・・・

観音様と言えば、思いだすことがある

私の通った高校の当時の校長は生徒の気持ちのわかる人で生徒に人気があった。
毎年四月の桜が満開になるころに、一日授業をつぶして「新入生歓迎・観音山花見大会」を行った。
入学式から数日後のことだった。

その日は授業の用意は必要なく、カバンも弁当も持たずに登校して、校庭に全員集合して、並んで出発する。

私の学校は当時はJR北高崎の駅にほど近い、高崎市台町にあった。
そこから観音山の頂上まで全員が歩いた。
全校生徒900人がぞろぞろと歩いていった、何キロあったか知らないが結構遠かった。
そして観音様までつくと、担任の先生が出席をとって、解散だ。
あとは三々五々帰るだけ。

さくらの花は咲いているから花見はできるが、それ以上の楽しみは何にもなかったが、一日休みになったことだけがうれしかった。

私が初めて観音様を見たのは小学校4年生の時だった。
学校の遠足で、その時初めて汽車に乗ったのだった。
そのころの観音様は、汚れて黒ずんでいた記憶がある。
今はその名の通り真っ白だ。
a0290852_2226494.jpg


観音像の内部は螺旋階段で9層になっていて、幾体かの仏像が祀ってある、ところどころに小さな窓があって、外の風景を見ることができる。観音様のおへそのあたりの窓が一番大きい。

一見の価値ありと言ったところだ。

他国者

子供の頃 遠かったと思った場所も大人になると こんなに近かったのだということがある。
今回の群馬男の記憶は学校のあった場所が台町 今は警察署がある場所です。
ここから高崎白衣大観音までは 4.32km 高校生なら徒歩で1時間

a0290852_235829100.jpg


群馬男が遠かったという記憶は????
今の滝に行くバイタリティーからみるとお茶のこさいさいの距離
体力・気力はのちにつけられたものなのだろうか?

その日は観音様まで行って現地解散

高校生のわんぱく坊主?
まともに家に帰ったとは思えません。

[PR]
by gunmaotoko | 2013-02-14 00:00 | Trackback | Comments(5)
2013年 02月 12日

上毛かるた

(37)  鶴舞う形の群馬県


a0290852_14574956.jpg群馬県には上毛かるたというローカルかるたがある。
群馬県の地名をもりこんだ句を使用するのだが、
私は知らない。・・・・群馬県民はみんな知っている。
知らなかった → 上毛かるた

「上毛かるた」のスゴサはここにある...
「上毛かるた」は児童福祉法第八条の文化財として推薦されていることもあり、群馬県の人たちは『上毛かるた』を 子供のころ、学校や地域の子供会・育成会などで習い・練習するようだ。
年明けには、かるた大会(『上毛かるた』)が地域で行われ勝ち抜くと、県大会に参加できます。

あるサイトで読んだ・・・・・

馬県出身者はみんな『上毛かるた』を暗記している。
なんのために暗記しているのかって?
それは群馬県の人は合図代りに使うからです。群馬県民の証として必要なもの。
例えば時代劇などで、忍者が合図に ”山と言えば川” と答えるように群馬県では「ね」と言えば 「ねぎとこんにゃく下仁田名産」ろかえってくる。
答えられなければ群馬県出身と言うのはちょっと怪しい かも?
こんな話 本当だろうか?

a0290852_14541991.jpg上毛かるたの 「つ」は「つる舞う形の 群馬県」

上毛かるたにも公式のルールがあるそうです。
子供のかるた遊びではないようです。、a0290852_15144432.jpg
他国者から見ると
群馬県の鶴はかなりデブ 
メタボの鶴のように思う。
           
他国者



群馬男

それじゃぁ俺はことによると群馬で育ったんじゃねぇかもしんねぇなぁ!!。

上毛かるたっつうんがあるっつうこたぁ知ってたけど、中身までは知らなかったなぁ。
学校だっておれなんかんときゃぁ上毛かるたのことなんかおせえなかったぜ。

群馬男だっツウことがウソだなんていわれるといけねぇから、今っからおべぇるかな。
だけどいまっからじゃぁあたまにへぇんねぇだんべぇなぁ。

おれのこどものころにゃぁ、うちに「いろはかるた」があったしトランプもやった。
兄弟で炬燵に当たりながらやったトランプは楽しかったなぁ。
そんなんもお正月だけだった。

・・・・・・・・望郷・・・・・・・・・・

いい歳してふるさとの昔を懐かしむ群馬男が一人いた。



そうか~ 納得 知らない訳だ・・・・!

「上毛かるた」は昭和22(1947)年、戦後の日本を担う子どもたちが、郷土群馬を知り、愛するようになることを願って作られました。かるたを通じて、群馬の名所、名産や人物がわかるようになっています。
[PR]
by gunmaotoko | 2013-02-12 00:00 | Trackback | Comments(2)
2013年 02月 07日

ぐんまちゃん

(36)  群馬県のマスコット「ぐんまちゃん」


群馬県のマスコット「ぐんまちゃん」は、県の広報誌や広報番組にさまざまな姿に変身して登場。群馬県民なら誰もが知っている人気№1キャラクターです。現在は、群馬の魅力をPRするため、全国に出張しています

a0290852_733286.jpg 

群馬ちゃんは毎日 活躍しています。

→ ブログ

誕生日は2月22日 



♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:♪

ぐんまちゃんは 芸能活動も頑張っています。

a0290852_7195677.jpg群馬の歌といえば・・
ち~と 古いな かなり古い!



群馬男

「いやぁー、おれは今でも時々歌うよ」

 男心に男がほーれぇてー 息が溶け合う赤ぁーぁ城やぁぁまー・・・・・・・

赤城山っつうなぁこんな山だい。群馬でも北のほうでさびぃとこだい。
a0290852_9261568.jpg

まだ学校ぃ行ってるころに一ぺん行ったことがあるけど、でけぇ沼があって、あたぁつまんねぇとこだった。
あの山の中腹に昔国定忠治が隠れてたっつう洞穴があって、その奥の方に滝があるっつうんで、去年六月に同窓会で群馬ぃ行ったとき行ってんべぇと思ったけぇが、いぐんに東京で時間食っちゃったもんでそけぇ行ぐ時間が無くなっちゃって、諦めたんさ。
そのうち行ってんべぇと思ってるんだけど、いつんなるかわかんねぇ。なんしろとえぇからなぁ。

俺がちっちぇぇ頃におばあさんから聞いたんだけぇが、赤城山えいぐときゃ蟹ぃくっちゃいけねぇってゆわれたなぁ。
弁当に蟹なんかえれていぐと、人より先に弁当が行っちゃって、沼に落ちちゃうとか、カニの匂いがすると沼に引っ張り込まれるとかゆってたなぁ。

なんでもその昔お殿様の腰元が赤城山の沼に身を投げて死んだんだそうだ。
その腰元が蟹に姿ぁけぇて今でも住んでいるんだとか。

だけどこの伝説はインターネットで探しても出て来ねえから、誰かの作り話なんだんべぇって思うけどな。
[PR]
by gunmaotoko | 2013-02-07 00:00 | Trackback | Comments(2)


群馬で生まれ群馬で育った男のブログ 今は故郷を離れ遠くの町から  こよなく群馬を愛する男と、群馬を全く知らないひととのブログです。


by gunmaotoko

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

検索