群馬出身の望郷男と、群馬県のこと知らない他国者が、勝手に書き込んでいるブログです

2015年 06月 30日 ( 1 )

2015年 06月 30日

群馬県のダム

(445) ・・誰がためにダムはある ・・・・・ 

群馬県は、利根川の最上流に位置する水源県です。
県土の3分の2は森林で、県土のほぼ全域が利根川流域となっています。
 
関東一円、特に首都圏の洪水被害の軽減や、私たちの生活に欠かせない水を確保するために、多くのダムが設置され、重要な役割を果たしています。

また、上毛カルタの読み札に「理想の電化に電源群馬」とあるように、昭和初期からダムの水を利用した水力発電が行われており、エネルギーの供給に貢献しています。

a0290852_2056544.jpg上毛かるた 


理想の電化に電源群馬



電源群馬
水の豊かな川に恵まれた群馬県が、工業電力源や家庭電化にも農業電化にも果す役割は大きく、その電力は遠く京浜地方へ供給される。

a0290852_21325735.jpg公営電気事業の発電所数・年間可能発電電力は群馬県が日本一だそうです。最近は、民間のメガソーラー事業誘致も活発で自然エネルギーの活用充実に期待が持てます。
画像は富岡しイナバメガソーラー



「すごい迫力」下久保ダム4門放流 → 下久保ダム

a0290852_7365114.jpg群馬県藤岡市と埼玉県にまたがる下久保ダムで28日、常用、非常用の四つの放流ゲートを使った「4門放流」が5年ぶりに行われました。
高さ約100メートルのゲートから水が流れ落ちる迫力の光景に、多くの見学者が見入った。

ゲートが開かれ、ごう音や水しぶきとともに大量の水が放流されると、見学者らは大興奮。

                                    上毛新聞から


他国者

群馬県にはダムがたくさんあると聞いたけれど・・

こんなにたくさんあるのですね → 群馬県のダム

最大のダムは言うまでもなく まだ未完成ですが八ッ場ダムです。

ちがうかな? あってる?おらぁ知らねぇ

群馬男

この話は、俺がまだ中学生のころのことで仲のいい友達と自分たちの将来の進路(進学先)を話し合った時の友達の話である。
二人とも、今で言う偏差値は同じくらいで、高崎商業でも高﨑工業でも(電気科、機械科以外)充分行けると担任の先生から言われていた。

「俺は工業の電気通信科」に行きてぇけどな」とおれ
友達は「俺もそうだい、本当は電気科ぃ行きてぇけどそこは先生が無理だっつうから・・・・。だけどなぁ、おれんちじゃぁうち中で、工業なんかよせっつうんだ」
「なんでだぁ?」
「うん、こらぁなぁ、よそで言んじゃねぇどって口止めされてるんだけどさぁ、誰にも言うなよ」っつって友達は話し始めたんだ。御本人はもう他界しているから話題にしてもいいだろう。

こんな話だった。
うちの兄貴がなぁ、就職できなくってふらふらしてたら、親戚の人が就職の話しぃ持ってきてくれたんだと。
それが山ん中のダムの工事現場の監督なんだと。
それでも家でぶらぶらしてるんよりいいだんべぇっつうんで行くことにしたんだと。
それが、あの水上っつう温泉があるだんべぇ?、あそこからずぅっと奥の藤原ダムっつうとこなんだと。
それでも行ったんだと。
上越線の湯檜曽っつう駅から現場までは、雪んなかぁ歩いて行ったんだと。半日かかったつわぃ。

一応工事用に自動車が通る道は作られていたんだけど、そんなとこ通ったらとんでもねぇ遠回りんなっちゃうんで、近道の山越えの道ぃ通ったんだっつうけど、でっかいリュックサックをしょって雪のうんと積もった山ぁいくつか越えてやっと現場に着いたんだと。

飯場にいた人はみんな一癖も二癖もあるようなオッかねぇ人ばっかだったんだと。
ビックリしてると、その中のいくらか優しげな人が言ったんだと。
ここじゃぁ絶対喧嘩なんかするな、ここのやつらは、命なんかなんとも思っていねぇ奴ばっかりだから気をつけな。
その人は続けた、
こないだも大喧嘩があってそのあと二人ばっか姿が見えねぇんだ。
ありゃぁたぶん、ダムのコンクリん中に流し込まれちゃったんだんべぇともう。真面目な顔でそう言うんだそうだ。
だから、どんなに夜中だって雪が降ってたって、おい、シンマイあれもって来いっていわれりゃぁ逆らうこたぁできねぇ。
三日ばっか我慢してたんだけど、
あぁ、こんなとこにいたら殺されて、ダムのコンクリートに流し込まれちゃう。

そう思って荷物をまとめて、夜中に飛び出して、明るくなるんを雪ん中で待っていて、また山ぁ越えて逃げてきたんだそうだ。

だから工業高校なんかだめだ。商業の方が潰しが効くから商業にしろてうちじゅうから言われるんでそうするしかねぇんだ」
友達は顔を赤くして、目を真っ赤にしながら一気にしゃべった。

a0290852_21213586.jpgいまじゃぁダムサイトまで綺麗な舗装道路が通じて、観光地化されていて、ダムカードなんか発行しているような山奥のダムも、建設するときはこんな思いで作られたのだ。a0290852_21533773.png


あのころのダム建設現場はこの歌みてぇな甘いもんじゃァなかったんだんべぇなぁ。


戦前から、この藤原ダムの計画はあったようだ、最初は50mくれぇのダムの計画だったみてぇだけど、戦後下流の首都圏で台風被害があったり、水不足、電力不足もあり計画が練りなおされて、急ピッチで建設されるようになったんだそうだ。
このダムが利根川流域に建設された8基のダムのうちでは一番早くに建設された。

参考資料

a0290852_22471911.jpg




[PR]
by gunmaotoko | 2015-06-30 21:31 | Trackback | Comments(2)


群馬で生まれ群馬で育った男のブログ 今は故郷を離れ遠くの町から  こよなく群馬を愛する男と、群馬を全く知らないひととのブログです。


by gunmaotoko

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

検索